Katakana / カタカナビジネス英語

カタカナビジネス英語

ビジネスシーンではカタカナ英語が多用される昨今ですが、いまいちピンとこないケースもあります。ここではよく聞くカタカナビジネス用語を英語側から解説した記事を集めました。そのまま使えるものもあれば、和製英語になっているものも見られます。

代表的なカタカナ英語のまとめの記事として『カタカナのビジネス用語は英語として本当に使えるのか?(リンク)』もあるのでご覧ください。

  1. franchise(フランチャイズ)の意味と使い方

    franchise(フランチャイズ)の意味と使い方

    franchise(フランチャイズ)といえばコンビニなどの営業権などを使えるビジネス用語としてのフランチャイズがあります。カタカナと同じく英語でもこの使い方はあ…

  2. step up(ステップアップ)の意味と使い方

    step up(ステップアップ)の意味と使い方

    ステップアップ(step up)も少し英語とカタカナで使われ方が違う言葉の1つだといえるかもしれません。「キャリアをステップアップする」のような表現をそのまま英…

  3. pending(ペンディング)とsuspend(サスペンド)の意味の違い

    pending(ペンディング)とsuspend(サスペンド)の意味の違い

    ビジネス用語でもpending(ペンディング)はよく使われ意味としては「保留」になりますが、もう少し意味が広く審査中などの使われ方をします。何かを待っている状態…

  4. contract(契約・医療・小さくなる)の意味と使い方

    contract(契約・医療・小さくなる)の意味と使い方

    contract(コントラクト)といえば真っ先にカタカナでは「契約」の意味が思い浮かびますが、もちろん契約の意味もあります。ほかにも医療用語としての「病…

  5. average(アベレージ・平均)の意味と使い方

    average(アベレージ・平均)の意味と使い方

    average(アベレージ)は考え方として大きくわけると数字、数学的な意味での「平均」と、際立った特徴がない普通であるといった意味での平均にわけて考えることがで…

  6. produce(プロデュース)とproducer(プロデューサー)の意味と使い方

    produce(プロデュース)とproducer(プロデューサー)の意味と使い方

    produce(プロデュース)の意味を考える場合には、音楽業界と映画業界の用語としてのproduce(プロデュース)またはproducer(プロデューサー)は別…

  7. method(メソッド)の意味と使い方

    method(メソッド)の意味と使い方

    カタカナでもよく聞かれるmethod(メソッド)は英語でも似たような意味で、ある程度体系化された「方法、やり方」を意味します。何かを成し遂げるためのやり…

  8. release(リリース)の意味と使い方、launch / roll outとの違い

    release(リリース)の意味と使い方、launch / roll outとの違い

    release(リリース)は新曲の発売時などにカタカナでもよく使われますが、英語では何かを解放すること、何かを放つこと全般に使える表現です。類義語にはl…

  9. consult / consulting / consultation / consultantの意味と使い方

    consult / consulting / consultation / consultantの意…

    カタカナでもビジネス用語として使われるconsult(コンサルト)は英語でも同じような意味がありますが、助言やアドバイスを「与える」「得る」の両方で使うことがで…

  10. key(鍵)の意味と使い方

    key(鍵)の意味と使い方、鍵をかけるは英語でどう言うか?

    keyは家のドアなどにかけられたロックをあけるためのモノであり、無くすと大変なことになります。そこから「重要な」といった形容詞でも使われます。これは「鍵…

  11. pressure(プレッシャー)の意味と使い方

    pressure(プレッシャー)の意味と使い方

    pressure(プレッシャー)は大きくわけると気圧や血圧のように物理的な意味での圧力と、何かを強制させるような雰囲気や精神的な意味でのプレッシャーです。…

  12. source(ソース)の意味と使い方

    source(ソース)の意味と使い方

    source(ソース)は名詞で「元、源」など、それがどこから来ているのかを意味する単語です。sourceは動詞でも使い方があり「仕入れる」といった意味に…

  13. beginとstartの意味の違い

    beginとstartの意味の違い

    begin(ビギン)とstart(スタート)はどちらも中学校で習う基本単語です。この使い分けについては様々なサイトが意見を書いています。当サイトでもあら…

  14. niche(ニッチ)の意味と使い方

    niche(ニッチ)の意味と使い方

    カタカナで使われるニッチは、英語でもnicheとなり「隙間産業」「特定市場」のように巨大ではあるとはいえないけれど、需要が存在しているものを指します。他…

  15. for saleとon saleの違い

    on saleとfor saleの意味の違い

    on saleは「発売中」の意味で世の中に大量に出回っている製品などが販売されて購入できる状態に使われる表現です。また割引中の意味もあるので文脈によって…




カテゴリー

スペシャルカテゴリー







おすすめ記事

  1. 「I’m fine, thank you. And you?」と教科書で本当に習うのか? ネイティブは言わないのか?
  2. cute(キュート)とpretty(プリティ)の違い
  3. Japanese
  4. select
  5. 匂い

最近の記事

  1. otherwiseの意味と使い方
  2. faith / faithfulの意味と使い方
  3. singular(単数形)とplural(複数形)の使い方
  4. blackout(ブラックアウト・停電)の意味と使い方
  5. union(ユニオン)とunity(ユニティー)の意味の違い
PAGE TOP