Katakana / カタカナビジネス英語

カタカナビジネス英語

ビジネスシーンではカタカナ英語が多用される昨今ですが、いまいちピンとこないケースもあります。ここではよく聞くカタカナビジネス用語を英語側から解説した記事を集めました。そのまま使えるものもあれば、和製英語になっているものも見られます。

代表的なカタカナ英語のまとめの記事として『カタカナのビジネス用語は英語として本当に使えるのか?(リンク)』もあるのでご覧ください。

  1. text(テキスト)

    text(テキスト)の英語での意味は? 

    英語でtextといった場合には基本的には文字・文章のことだと思って間違いありません。しかし動詞でも使うことができ「携帯でテキストメッセージを送る」といった意味で…

  2. コンテンツ

    contentとcontentsの違い、コンテンツの意味は?

    ネット用語で「コンテンツ」「デジタルコンテンツ」という単語が聞かれるようになりましたが、英語では「content」とSの抜けた単数形で書くことが大半です。…

  3. プレミアとプレミアム

    プレミアム(premium)とプレミア(premier)の意味の違いは?

    カタカナでは「プレミア」「プレミアム」といった言葉がありますが、これが英語で何を意味するのかはおそらく「premium」「premier」「premiere」の…

  4. 適切な

    「適切な」のproper / suitable / appropriateの意味の違い

    「proper」「suitable」「appropriate」の3つの単語はどれも「適切な」といった日本語になってしまいます。基本的には同じ意味、近い意味なので…

  5. エクスペリエンス

    experience(エクスペリエンス)の動詞・名詞での意味と使い方

    experienceは名詞で「経験、体験」の意味で登場することが多く、その場合は日本語の感覚とほぼ同じような感じで使えます。まれに動詞で登場することがあ…

  6. slump

    slump(スランプ)の意味と使い方

    slump(スランプ)はカタカナと同じ「不調」の意味が英語にもあるので同じように使えます。同時に英語では何かにもたれかかる、寄りかかるような動作に対して動詞で使…

  7. projection

    project / projectionの意味と使い方

    project(プロジェクト)は「計画」の意味でカタカナでもよく使われていますが、動詞では「投影する」といった意味で使われます。流行っている「プロジェクション・…

  8. joint

    jointとjointlyの意味と使い方

    joint(ジョイント)は名詞では継ぎ目、接合箇所を指す言葉で、人間の関節などを表してよく使われます。何かと何かがつながること、ひっつくことからスラングとしても…

  9. select

    「選ぶ・選択する」のselect / choose / pickの違い

    「選択する、選ぶ」を意味するこの3つの言葉は置き換えて使うこともできますが、それぞれに少し違うニュアンスがあるため状況によってはぴったりくる、こないがあります。…

  10. パックとパッケージ

    pack / packet / package / packaging / packing / pa…

    これらは荷物や箱に入ったものの関連の単語で、それぞれ近いものを指しています。重なり合う部分が大きい同じ意味で使われる言葉もあれば、明確に違うものを指して使われる…

  11. dummy(ダミー)

    dummy(ダミー)の意味と使い方

    dummy(ダミー)は見本や模造品を指すような言葉で、カタカナの「ダミー」とそこまで大きな違いがあるわけではありません。カタカナの使い方でも問題ないと思います。…

  12. screen

    screen / screening(スクリーニング)の意味と使い方

    screenといえば映画のスクリーンや画面を指して使われることが多いですが、これらの意味は技術の発展を考えても比較的新しい意味です。語源は古い英語ではも…

  13. monitor / monitoring

    monitor / monitoring(モニタリング)の意味と使い方

    最近はmonitoring(モニタリング)という言葉を耳にする機会も増えました。人気のテレビ番組の影響もありますが英語では「観察、監視」の意味になります。…

  14. buzz / viral

    buzz(バズ)とviral(バイラル)の意味

    buzz(バズ)とviral(バイラル)はブログをやっていたりネットメディアに関わる人なら耳にする機会も多い言葉です。ここでは英語本来の意味を掘り下げています。…

  15. copy

    copy(コピー)の意味と使い方

    copyはカタカナの「複製する、コピーする」といった意味とほぼ同じですが、名詞で使った場合に本やCDなどの「部、部数、冊数」などを表すことができます。この使い方…




カテゴリー

おすすめ記事

  1. 「stay at home」と「stay home」の違い
  2. 「CAN YOU CELEBRATE?」の英語の問題点を考える
  3. 「I’m fine, thank you. And you?」と教科書で本当に習うのか? ネイティブは言わないのか?
  4. sit inとsit onの違い、椅子に座るはどちらか?
  5. cute(キュート)とpretty(プリティ)の違い

最近の記事

  1. stalk(付きまとう)とstalker(ストーカー)の意味と使い方
  2. snack(スナック・軽食)の英語での意味と使い方
  3. stationeryとstationaryの意味の違い
  4. regular(レギュラー)の意味と使い方
  5. future(未来・フューチャー)の意味と使い方
PAGE TOP