カタカナビジネス英語

カタカナビジネス英語

ビジネスシーンではカタカナ英語が多用される昨今ですが、いまいちピンとこないケースもあります。ここではよく聞くカタカナビジネス用語を英語側から解説した記事を集めました。そのまま使えるものもあれば、和製英語になっているものも見られます。

代表的なカタカナ英語のまとめの記事として『カタカナのビジネス用語は英語として本当に使えるのか?(リンク)』もあるのでご覧ください。

  1. source(ソース)の意味と使い方

    source(ソース)の意味と使い方

    source(ソース)は名詞で「元、源」など、それがどこから来ているのかを意味する単語です。sourceは動詞でも使い方があり「仕入れる」といった意味に…

  2. beginとstartの意味の違い

    beginとstartの意味の違い

    begin(ビギン)とstart(スタート)はどちらも中学校で習う基本単語です。この使い分けについては様々なサイトが意見を書いています。当サイトでもあら…

  3. niche(ニッチ)の意味と使い方

    niche(ニッチ)の意味と使い方

    カタカナで使われるニッチは、英語でもnicheとなり「隙間産業」「特定市場」のように巨大ではあるとはいえないけれど、需要が存在しているものを指します。他…

  4. for saleとon saleの違い

    on saleとfor saleの意味の違い

    on saleは「発売中」の意味で世の中に大量に出回っている製品などが販売されて購入できる状態に使われる表現です。また割引中の意味もあるので文脈によって…

  5. justの意味と使い方

    justの意味と使い方

    justは中学校で習う基本単語であり、カタカナでも「ジャストミート」「1万円ジャスト」などよく聞かれます。英語のjustの意味はわりと幅広いのであらため…

  6. inboundとoutboundの意味

    inbound(インバウンド)とoutbound(アウトバウンド)の意味

    特にinbound(インバウンド)は日本でここ数年の流行り言葉、バズワードになっている感じがします。英語圏では1980年代から使用頻度があがっていますが、昔から…

  7. キャリア(career / carrier)の英語での意味

    キャリア(career / carrier)の英語での意味

    カタカナで「キャリア」といった場合には、英語で職歴・職業を意味するcareerか、もしくは携帯電話のキャリアを変更したのように使うcarrierのどちらかの可能…

  8. コマーシャル

    commercial(コマーシャル)の意味と使い方

    コマーシャルといえばカタカナではテレビ番組の合間に流れる宣伝を思い浮かべますが、英語でもこの意味での使い方は存在しています。しかし「CM」とはあまり言いません。…

  9. 先輩を英語でいう

    先輩を英語でどういうか? senior(シニア)で良いのか?

    ここでは職場・仕事における「先輩」と、学校・部活などにおける「先輩」をどう英語で伝えるのかといった問題を考えています。日本語の「先輩」を英語でいう必要が…

  10. バッティング

    競合・重複するバッティング(butting)の英語での意味

    カタカナで来客やスケジュールなどが重なってしまう「バッティングする」は英語のどの言葉から来ているのか不明な部分があり、おそらくbuttingからだろうと判断でき…

  11. reform(リフォーム)とrenovation(リノベーション)の英語での意味

    家などの改築・改修に対してreform(リフォーム)がよく使われますが、英語では内閣改造や税制改革などに使われる言葉で、カタカナの使い方と違い重苦しい感じがしま…

  12. alertの意味

    alert(アラート)の意味と使い方

    alert(アラート)は「警報を出す、警告する」の意味ですが、もうちょっと軽い感じで「注意を促す」といった意味でも使うことができます。動詞(警報を出す)…

  13. trialの意味

    trial (トライアル)の意味と使い方

    英語でtrial (トライアル)といえばニュースでは裁判用語としての裁判、公判の意味でよく登場します。カタカナのトライアルは試験のようなものを指しますが…

  14. 苦情・不満・クレーム

    complain / complaint(不満・苦情・クレーム)の意味と使い方

    英語で不満、苦情、クレームを言うことは動詞でcomplainがあり、苦情や不満そのものは名詞でcomplaintがあります。カタカナでは「クレームを言う…

  15. must-buy

    マストアイテム・マストバイを英語でどういうか?

    カタカナで何か絶対に必要な品物に対して「マストアイテム」や「マストバイ」といった表現が使われますが少し和製英語になっている部分があります。結論から書けば…




スペシャルカテゴリー







おすすめ記事

  1. cute(キュート)とpretty(プリティ)の違い
  2. Japanese
  3. select
  4. 匂い
  5. 〇〇風

最近の記事

  1. peeve(pet peeve)の意味と使い方
  2. angryとangerの意味の違いと使い方
  3. make itの意味と使い方
  4. shadowの動詞・名詞での意味と使い方
  5. script(スクリプト)の意味と使い方
PAGE TOP