Katakana / カタカナビジネス英語

カタカナビジネス英語

ビジネスシーンではカタカナ英語が多用される昨今ですが、いまいちピンとこないケースもあります。ここではよく聞くカタカナビジネス用語を英語側から解説した記事を集めました。そのまま使えるものもあれば、和製英語になっているものも見られます。

代表的なカタカナ英語のまとめの記事として『カタカナのビジネス用語は英語として本当に使えるのか?(リンク)』もあるのでご覧ください。

  1. プラクティス

    practice(習慣・開業・練習)の意味と使い方

    practice(プラクティス)は動詞で「練習する、訓練する」、名詞では「練習、訓練」などの意味で広く知られる基本単語です。しかし、ニュースに限らず会話…

  2. goods(グッズ) / merchandise(マーチャンダイズ) / product(プロダクト)の違い

    goods(グッズ) / merchandise(マーチャンダイズ) / product(プロダクト…

    くまモンやハローキティーの「グッズ(goods)」を集めている人も多いと思いますが、このグッズの使い方が英語と日本語で少し感覚が違います。日常会話ではs…

  3. fee / price / charge / admission / fare / rateなど英語の料金の違い

    fee / price / charge / admission / fare / rateなど英語…

    料金もその性質や形態によって表現・単語が異なります。ここでは「fee」「fare」「admission」「charge」「price」「rate」を取り上げて違…

  4. holiday

    「休み・休暇」のday off / holiday / vacationの違い

    休み・休暇を表すカタカナでもおなじみのホリディ(holiday)が具体的にどのような日を指しているのかは国によって微妙に違います。日本語の国が定めた「祝…

  5. オルタナティブ(alternative)の英語での意味と使い方

    オルタナティブ(alternative)の英語での意味と使い方

    「alternative(オルタナティブ)」はカタカナでも聞かれるようになりましたが「代替案」といった訳があてられることが多いです。ほかにも「二者択一の…

  6. claimの意味と使い方

    claim(クレーム・主張)の英語での意味と使い方

    英単語にclaim(クレーム)がありますが、基本的には「主張する」「要求する」といった意味なので、カタカナで使われている「苦情」であるとは限りません。も…

  7. challenge(チャレンジ・挑戦する)の意味と使い方

    challenge(チャレンジ・挑戦する)の意味と使い方

    チャレンジ(challenge)はすでにカタカナになっていますが、特に動詞での使い方を日本語訳をベースに考えるとちょっと変になります。例えば「ヨガにチャレンジす…

  8. 仕事を辞める(quit / resign / retire)の英語表現

    仕事を辞める(quit / resign / retire)の英語表現

    仕事を辞める表現は日本語の「辞める、退職する、辞職する、バックレる」がニュアンスが違うように、英語でもそれぞれ言葉を使い分けてもいいかもしれません。一般…




カテゴリー

スペシャルカテゴリー







おすすめ記事

  1. delay / late / slowの意味と使い方の違い
  2. 「I’m fine, thank you. And you?」と教科書で本当に習うのか? ネイティブは言わないのか?
  3. cute(キュート)とpretty(プリティ)の違い
  4. Japanese
  5. select

最近の記事

  1. brute / brutal / brutalityの意味と使い方
  2. limit(リミット)とlimited(リミテッド)の意味と使い方
  3. structure / restructureの意味と使い方
  4. again / once again / once more / one more timeの意味と使い方の違い
PAGE TOP