Ads / 販促・宣伝広告

  1. union(ユニオン)とunity(ユニティー)の意味の違い

    unity(ユニティ)とunion(ユニオン)の意味の違い

    unity(ユニティ)とunion(ユニオン)はどちらも「団結・結束」のような意味で、意味が重なりあう部分もあるため、混同しやすい言葉だといえます。un…

  2. franchise(フランチャイズ)の意味と使い方

    franchise(フランチャイズ)の意味と使い方

    franchise(フランチャイズ)といえばコンビニなどの営業権などを使えるビジネス用語としてのフランチャイズがあります。カタカナと同じく英語でもこの使い方はあ…

  3. campaign(キャンペーン)の意味と使い方

    campaign(キャンペーン)の意味と使い方

    campaign(キャンペーン)は企業・会社の販促活動のほかにも英語では「選挙活動・社会運動」や「軍事作戦・軍事行動」の意味でもよく登場します。これらに…

  4. novelty(ノベルティ)とnovelの意味と使い方

    novelty(ノベルティ)とnovelの意味と使い方

    カタカナで「ノベルティ」といえば、企業がくれるボールペンなどの販促品、粗品のようなものを指します。英語では新規性や目新しいものといった使い方をされます。…

  5. net(ネット)とgross(グロス)の意味と使い方

    gross(グロス)とnet(ネット)の意味と使い方

    net(ネット)もgross(グロス)もビジネス関係でよく聞かれるカタカナ英語になっています。最近の流行りのカタカナ英語というよりはもう少し古くから普通に使われ…

  6. produce(プロデュース)とproducer(プロデューサー)の意味と使い方

    produce(プロデュース)とproducer(プロデューサー)の意味と使い方

    produce(プロデュース)の意味を考える場合には、音楽業界と映画業界の用語としてのproduce(プロデュース)またはproducer(プロデューサー)は別…

  7. consult / consulting / consultation / consultantの意味と使い方

    consult / consulting / consultation / consultantの意…

    カタカナでもビジネス用語として使われるconsult(コンサルト)は英語でも同じような意味がありますが、助言やアドバイスを「与える」「得る」の両方で使うことがで…

  8. niche(ニッチ)の意味と使い方

    niche(ニッチ)の意味と使い方

    カタカナで使われるニッチは、英語でもnicheとなり「隙間産業」「特定市場」のように巨大ではあるとはいえないけれど、需要が存在しているものを指します。他…

  9. コマーシャル

    commercial(コマーシャル)の意味と使い方

    コマーシャルといえばカタカナではテレビ番組の合間に流れる宣伝を思い浮かべますが、英語でもこの意味での使い方は存在しています。しかし「CM」とはあまり言いません。…

  10. promote

    promote(プロモート) / promotion(プロモーション)の意味と使い方

    promotion(プロモーション)はカタカナでは製品・商品の宣伝や販売促進活動を指して使われます。英語でもこの使い方は存在していますがもう少し意味が広くなり「…

  11. バーゲンの意味

    bargain(バーゲン)の英語での意味と使い方

    カタカナでもおなじみのbargain(バーゲン)は英語でも「安売り品」としての意味はあります。それ以外にも動詞で「値段を交渉で決める」「交渉する」や、名…

  12. print

    printの意味と使い方、print outとの違い

    print(プリント)は動詞では「印刷する」、名詞では「印刷物」を指すのでカタカナの使い方とほぼ同じで特に難しい要素はありません。print outやp…

  13. joint

    jointとjointlyの意味と使い方

    joint(ジョイント)は名詞では継ぎ目、接合箇所を指す言葉で、人間の関節などを表してよく使われます。何かと何かがつながること、ひっつくことからスラングとしても…

  14. i’m lovin’ it

    マクドナルドの「i’m lovin’ it」の文法は正しいか?

    2003年頃に世界中のマクドナルドで「i'm lovin' it」がスローガンとして使われました。文字を正しく書くと「I'm loving it」ぐらいになりま…

  15. copy

    copy(コピー)の意味と使い方

    copyはカタカナの「複製する、コピーする」といった意味とほぼ同じですが、名詞で使った場合に本やCDなどの「部、部数、冊数」などを表すことができます。この使い方…




カテゴリー

スペシャルカテゴリー







おすすめ記事

  1. 「I’m fine, thank you. And you?」と教科書で本当に習うのか? ネイティブは言わないのか?
  2. cute(キュート)とpretty(プリティ)の違い
  3. Japanese
  4. select
  5. 匂い

最近の記事

  1. instrument / instrumentalの意味と使い方
  2. gather(集める・集まる)の意味と使い方
  3. class(クラス)の意味と使い方
  4. sneak / sneakyの意味と使い方
  5. as well asの意味と使い方
PAGE TOP