contract(契約・医療・小さくなる)の意味と使い方

contract(契約・医療・小さくなる)の意味と使い方

contract(コントラクト)といえば真っ先にカタカナでは「契約」の意味が思い浮かびますが、もちろん契約の意味もあります。

ほかにも医療用語としての「病気になる」や、物事が「小さくなる」「短縮」といった使い方も存在しています。大きくこの「契約」「病気になる」「小さくなる」の3つに分類可能です。

語源は1つなのでイメージで知っておけば、いろんな意味が登場しますが理解しやすいかもしれません。使い方を例文にまとめています。

契約する、契約

契約する、契約

語源は1つなので元は同じイメージで基本的な理解としては「con」がtogetherの意味で「一緒に」です。

tractは「引っ張る」のような意味で、tractor(トラクター)のような牽引、引っ張る目的の自動車にその意味が見られます。

何かを引っ張って一緒になるイメージから縮小する、小さくなる意味や、お互いに一緒になる契約といった使い方がされています。

動詞でそのままcontractを使うと「人を雇う」と読まれるケースが多いです。

例文

We contracted him to landscape the front yard.

私たちは彼を前庭を造園するために雇った。

もし企業と企業のような契約となれば名詞で使うのがいいかもしれません。

例文

Nintendo made a contract with the toy company.

任天堂はおもちゃ会社と契約した。

例文

We sued him for violating our contract.

私たちは彼を契約違反で訴えた。

もちろん名詞でそのまま「契約」となります。ただし、名詞と動詞ではアクセントの位置が異なります。

contract【kəntrǽkt】動詞
contract【kɑ́ntrækt】名詞

例文

I made a rough draft of the contract for you to check.

あなたがチェックするためにラフな契約の下書きをつくった。

例文

If a mistake is made on a contract, both people need to initial the correction.

もし契約書に間違いがあれば、両者は訂正にイニシャルを書く必要があります。

小さくなる、小さくする

小さくなる

contractを動詞で使った場合は「小さくする」または「小さくなる」です。

例文

The material contracted as the temperature changed.

その素材は温度の変化と共に小さくなった。

例文

People are worried that the economy is contracting.

人々は経済が縮小しているのを心配している。

contraction(縮小、短縮)

この小さくなる、小さくするを名詞にしたのがcontractionで「縮小、短縮」の意味です。

例文

“Don’t” is a contraction of “do not.”

「Don’t」は「do not」の短縮だ。

例文

The contraction happened too fast and the glass broke.

縮小しすぎてガラスが割れた。

何か気温などの変化でガラスがきゅっとなって割れたという意味です。

病気になる

病気になる

病気にかかるといった使い方もあります。

ただし、これも「引き寄せる、引っ張る」のイメージがベースなのでウイルスのようなキャッチしてしまう病気に用いられます。

風邪は問題ありませんが、癌などに用いるのは珍しいです。しかし海外の文法サイトでは癌にも使えるとは書いていました。

例文

She contracted HIV from a dirty needle.

彼女は汚れた針でHIVに感染した。

例文

He contracted malaria in the jungle.

彼はジャングルでマラリアに感染した。

同じくこれも名詞でcontractionになり「病気にかかること」です。先に紹介した収縮、短縮と同じスペルです。

例文

There are many ways to prevent the contraction of HIV.

HIVにかかるのを防ぐ多くの方法がある。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. juice

    英単語の意味と使い方

    和製英語の検証「ジュース(juice)」

    カタカナ語で定着してしまって誤解を生みやすい言葉に「ジュース/juic…

  2. クレバーとスマート

    英単語の意味と使い方

    clever(クレバー)とsmart(スマート)の違い

    clever(クレバー)とsmart(スマート)はどちらも「頭が良い」…

  3. join(ジョイン)

    英単語の意味と使い方

    joinとjoin inの違い、「ジョインする」の意味

    joinとjoin inの違いは、joinが人の集団、チーム、グループ…

  4. later onとlaterの違い

    英単語の意味と使い方

    later onとlaterの違い

    later onとlaterはどちらも同じ意味で「あとで、のちに」です…

  5. smell

    英単語の意味と使い方

    smell / sniff / sniffleの違い

    sniffとsmellはどちらも意味は「におう、においを嗅ぐ」になりま…

  6. abroad / foreign

    英単語の意味と使い方

    abroad / overseas / foreign / internationalの違い

    どれも「海外に、外国に」といった意味ですが、特にabroad / ov…

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. 影響を与える
  2. ミッションインポッシブル
  3. present
  4. 保証する
  5. capital-letter




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. imposeの意味と使い方
  2. frenzyの意味と使い方
  3. ピーマン / パプリカ / 唐辛子 / ペッパー・胡椒を英語でどう言うか?
  4. otherwiseの意味と使い方
  5. faith / faithfulの意味と使い方
  6. singular(単数形)とplural(複数形)の使い方
  7. blackout(ブラックアウト・停電)の意味と使い方
  8. union(ユニオン)とunity(ユニティー)の意味の違い




PAGE TOP