文化と体験

  1. hazing

    hazing(いびり・いじめ)の文化とは?

    hazing(ヘイジング)という言葉が何度かニュースに登場したのでまとめてみます。この言葉が最もメディアに出るときは、メジャーリーグの新人に女装させる「rook…

  2. cultural appropriation

    cultural appropriation(文化の盗用)の意味は?

    cultural appropriationは「文化の盗用」と訳されることが多いですが、意味としては「文化の私物化」ぐらいが近く、勝手に縁もゆかりもない文化を借…

  3. アメリカでの出産体験

    アメリカの出産体験

    アメリカの妊娠検査薬メーカーの「ファーストレスポンス」が発売した妊娠の検査ができるアプリをニュースで取り上げたことがあり、その時にアメリカでの出産体験を書きまし…

  4. peace sign

    裏返しのピースサイン(Vサイン)について

    中指を立てるジャスチャーはアメリカを中心に世界で非常に侮辱的な表現であることは知られています。イギリスで同じぐらいに侮辱的な行為として知られているのが裏…

  5. 炎上

    野球でピッチャーの「炎上」を英語でどういうか?

    野球でピッチャーが特に短いイニングで大量失点することを「田中が2回7失点の大炎上をした」のように「炎上する」と日本語では表現されます。ニュースでダルビッ…

  6. writing

    筆記体(cursive)は必要なのか?

    筆記体は英語では「cursive」または「cursive handwriting」「cursive writing」と呼ばれており、教育における位置づけは各国で…

  7. ドバイ

    ドバイに初めて行く人のためのホテル選び

    2017年11月に特に目的もなくUAEのドバイに行きました。事前に下調べもせず、特にドバイに強く興味を持っていたわけでもありません。「金持ち多いんだろうな~」程…

  8. award

    「アカデミー賞(Academy Award)」と「オスカー(Oscar)」の違い

    毎年、春先に発表されるアカデミー賞は世界的なニュースになります。アカデミー賞の別名がオスカーでありどちらも同じです。「オスカー(像)を手に入れるのは?」…

  9. サンタクロース

    イギリスではサンタクロースをFather Christmasと呼ぶ

    イギリスの伝統ある歴史的な場所を購入・保存する団体のナショナル・トラストが「サンタクロース(Santa Claus)」と呼ぶのはアメリカナイズされすぎで受け入れ…

  10. ソウルフード

    ソウルフード(Soul food)の意味を考える

    最近、大阪ならばたこ焼きやお好み焼きに対して「大阪人のソウルフード」といった表現を見かけるようになりました。しかし、英語でSoul foodといった場合…

  11. 先住民

    先住民を英語でどう表現するべきか?

    先住民をどう呼ぶべきかについては英語圏でも議論があり、結局は受け止められ方の違いといった微妙なラインがあります。正解は出ませんが主にオーストラリア人のソ…

  12. サブタイトル

    subtitle(サブタイトル)の意味は字幕か副題か?

    結論からいえば英語では一般的にsubtitle(サブタイトル)といえば、それは「字幕」を意味していると思っても間違いではありません。メインタイトルの下に…

  13. 国歌斉唱

    国歌斉唱中に胸に手を当てるのはアメリカの習慣

    よく国歌斉唱の際に胸に手を当てている光景(Put your hand over your heart.)を見かけますが、これはアメリカの習慣とされています。 …

  14. prank-call

    イタズラ電話(prank call)をする

    イギリスのユーチューバーが人気歌手アデルの『Hello』を使って、ドミノピザにいたずら電話をする動画をニュースで配信しました。ニュースにするほどの内容で…

  15. ミッションインポッシブル

    「should you choose to accept it」とifの省略

    スパイの活躍を描いたミッション・インポッシブル(Mission:Impossible)シリーズに登場する有名なセリフがあります。Your mission…




おすすめ記事

  1. select
  2. 匂い
  3. 〇〇風
  4. ゆるキャラ
  5. 飲み放題

最近の記事

  1. 世界の終わり
  2. history(ヒストリー)
  3. コンテンツ
  4. プレミアとプレミアム
  5. ノスタルジー
  1. ひさしぶり

    和製英語とカタカナ英語

    ビッグマウス(big-mouth)の意味を英語で考える
  2. up-to

    イディオム・熟語・慣用句

    up to(最大・次第・数字)の意味と使い方
  3. ファミレス

    和製英語とカタカナ英語

    ファミリーレストラン(ファミレス)を英語でどう言うべきか?
  4. leave behind

    英単語の意味と使い方

    leave behindの使い方
  5. インペリアルコンソメ

    商品のネーミング検証

    湖池屋の「インペリアル・コンソメ(imperial consomme)」を考える…
PAGE TOP