Technology / 機械・設備・技術

  1. stream(ストリーム)とstreaming(ストリーミング)の意味と使い方

    stream(ストリーム)とstreaming(ストリーミング)の意味と使い方

    stream(ストリーム)はもともとは「小川、水路」や、水が流れている様子を表す言葉です。「主流」を表すmainstream(メインストリーム)といった意味にも…

  2. shelter(シェルター)の意味と使い方

    shelter(シェルター)の意味と使い方

    shelter(シェルター)はカタカナでイメージする防空壕、核シェルターのようなものから、アニマルシェルターのような保護施設まで幅広く指せる言葉です。身を守るよ…

  3. compromise(妥協・譲歩)の意味と使い方

    compromise(妥協・譲歩)の意味と使い方

    compromiseは「妥協する、譲歩する」のほかにも、「信用・評判などを落とす」「名誉・経歴・体面などを傷つける」や、サイバーセキュリティー関係では「弱くなる…

  4. クラウド(crowd / cloud)の意味の違い

    crowdが「群衆・人込み」の意味で、クラウドファンディングやクラウドソーシングのような言葉に使われています。一方のcloudは空に浮かぶ「雲」の意味であり、こ…

  5. bug(バグ)の意味と使い方

    bug(バグ)の意味と使い方

    bug(バグ)はもともとは「虫」といった意味であり、虫のイメージから「イライラさせる」「隠しマイク」といったスラング的な使い方につながっています。虫とし…

  6. trigger(トリガー)の意味と使い方

    trigger(トリガー)の意味と使い方

    trigger(トリガー)は「引き金」の意味ですが、引っ張ると何かが起こることから「きっかけ、要因」といった意味でも用いられる言葉です。動詞では何かを引…

  7. steer(操縦・操作する)の意味と使い方

    steer(操縦・操作する)の意味と使い方

    steerは「操作する、操縦する、操る」といった意味で機械に限らずさまざまなものを操作することを意味します。またそこから人を誘導する、導くといった意味でも用いら…

  8. virtual(バーチャル)の意味と使い方

    virtual(バーチャル)の意味と使い方

    virtual(バーチャル)はよく「仮想の」あるいはそのまま「バーチャルの」と訳され、実際に現実世界には存在していないけれど、仮想空間に存在しているようなものを…

  9. 英語としての「airdrop(エアドロップ)」の意味と使い方

    英語としての「airdrop(エアドロップ)」の意味と使い方

    airdropは英語で使うと、食料や援助物資などを空から落とす行為で動詞で「空中投下する」あるいは名詞で「空中投下」として使われます。iPadやiPho…

  10. instrument / instrumentalの意味と使い方

    instrument / instrumentalの意味と使い方

    instrument(インストルメント)といえば、主に「楽器」あるいは「器具・機器」などを指して使われる言葉です。instrumentだけでギターやピアノのよう…

  11. pressの意味と使い方、pushとの違い

    pressの意味と使い方、pushとの違い

    press(プレス)を名詞で使った場合には、新聞記者やジャーナリスト、マスコミ関係者を意味することがあります。もう少し意味を広くとって「マスコミからの注目」とい…

  12. display(ディスプレイ)の意味と使い方

    display(ディスプレイ)の意味と使い方

    ディスプレイとカタカナで言った場合には2つぐらいのものが思い浮かぶかもしれません。1つはパソコンの画面、モニターとしてのディスプレイであり、もう1つは店頭ディス…

  13. material(マテリアル)の意味と使い方

    material(マテリアル)の意味と使い方

    material(マテリアル)は日本語でいう「材料・素材」と考えても良いのですが、場合によっては料理の素材には「ingredient」など、より適切な言葉があり…

  14. high-end(ハイエンド)とlow-end(ローエンド)の意味と使い方

    high-end(ハイエンド)は値段が高いもの、高級品を指して使われる言葉で、反対はlow-end(ローエンド)で低価格を意味します。その中間はmid-rang…

  15. operate / operation / operatorの意味と使い方

    operate / operation / operatorの意味と使い方

    名詞のoperation(オペレーション)や動詞のoperate(オペレート)はカタカナでも広く使われていますが、「運転する、操作する、経営する、運行する」など…




カテゴリー

おすすめ記事

  1. 「CAN YOU CELEBRATE?」の英語の問題点を考える
  2. 「I’m fine, thank you. And you?」と教科書で本当に習うのか? ネイティブは言わないのか?
  3. sit inとsit onの違い、椅子に座るはどちらか?
  4. cute(キュート)とpretty(プリティ)の違い
  5. Japanese

最近の記事

  1. 「stay at home」と「stay home」の違い
  2. background (バックグラウンド)の意味と使い方
  3. riddle(なぞなぞ・謎)の意味と使い方
  4. population / populateの意味と使い方
PAGE TOP