practice(習慣・開業・練習)の意味と使い方

プラクティス

practice(プラクティス)は動詞で「練習する、訓練する」、名詞では「練習、訓練」などの意味で広く知られる基本単語です。

しかし、ニュースに限らず会話表現でも他の意味で登場する機会もけっこうあります。今回も例文を交えながらpracticeのさまざまな使い方をご紹介していきます。

知っていればそれまでの話なのですが、知らないと「なんの意味なんだろうか?」と混乱するぐらいの意味の違いがあるようには思います。

カタカナでも最近は聞かないこともないかなといった程度には知られている言葉です。

練習する

最も広く使われている意味が「練習する」です。特に難しいこともありませんが、動詞と名詞のどちらでも使えます。

I practice guitar.
私はギターを練習している。

I have soccer practice tonight.
今夜、サッカーの練習がある。

ごく普通の使い方なので、日本語の感覚ともそこまで大きく離れていない感じはしますね。

(医療機関などを)開業する

ニュースでそれなりの頻度で「開業する」の意味でも登場しています。

特に医師に対して使われることが多い言葉でpracticeだけで「医師や弁護士などが開業・営業する」の意味があります。医者以外にも弁護士などの専門職に対して使う言葉です。

弁護士などの専門職が運営する事務所、仕事そのものを名詞でpracticeといったり、動詞で医者・弁護士・会計士の「開業している・営業している」という意味にもなります。

I took over my father’s law practice when he retired.
父親が引退した時に、彼の法律事務所を引き継いだ。

After getting my medical license I set up a practice in the countryside.
医師免許を取得した後で、田舎に病院をつくった。

特に医師(歯医者、小さな病院)に対して使われることが多い言葉であって飲食店などには使いません。

クイズ:どういう意味のpractice?

以下のような文章があると注意が必要です。これがちょっとしたひっかけ問題になっています。

① I practice medicine.
(どういう意味でしょうか?)

I practice guitar.の表現だとギター練習中で、そんなに上手くはないんだろうとなと感じます。しかし、医療に関する表現になるとまったく意味が異なります。

答えとしては「私は医者として活動している=私は医者です」となります。

①の文章は2つひっかけ要素があり、1つはpracticeが「開業している、営業している」という意味で使われている点です。

さらに何を開業しているのか? という部分でmedicineは「薬」の意味もありますが、ここでは「医学、医術、内科学」の意味です。弁護士などではなく「医療」に関わっていることがわかります。

このことから、この人は「私は医者である」といっていることになります。

街の開業医なのか、大きな病院に務める勤務医なのかは、①の文章だけではわかりませんが、現役の医者であることはわかります。

①は何も知らずに読むと「薬を練習している」となって「薬学部の学生や薬剤師を目指している人なのかな?」と勘違いしそうになるので気をつけてください。

あるニュースに「his dental practice」といった表現があったのですが、ここからわかるのはこの人が歯科医しかもhis(彼の)と書いているので、務めていたわけではなく自分で経営する歯医者の開業医(町の歯医者さん)のようなものであったことが読み取れます。

習慣・慣行・慣例

また「練習、開業」のほかにも日常的な行為・活動の意味を表す「習慣」などの意味でも使われる言葉です。

It is my practice to put ketchup on eggs.
たまごの上にケチャップをかけるのが僕の習慣なんだ。

上のような使い方もできますが、フォーマルな表現でよくビジネス状況などに用いられるので商習慣などと訳してもいいかもしれません。

Our company’s practice of donating to charities started ten years ago.
私達の会社のチャリティーへの寄付を行う習慣は10年前に始まった。

The CEO started several new practices to improve profits.
CEOは収益改善のために新しい習慣をスタートさせた。

習慣などを表す他の表現は以下の記事にもまとめています。

この記事では個人の癖や、文化全体の習慣などを詳しく解説しています。

(宗教的なルールを)順守する、守る

ニュースには一度だけ「(宗教的なしきたりなどを)順守する、守る」の意味で登場しました。

信仰すると考えても問題ないと思いますが、日々その教えを守っているようなことを指します。習慣にしていると考えても近いかもしれません。

There are thousands of practicing Hindus in the worlds.
世界には多くのヒンドゥの教えを守る人々がいる。

I am a Christian but I don’t practice.
私はクリスチャンだけど、教えを守ってない。

上の場合はクリスチャンだけど、別に教会などにはいっていないよ、ぐらいの意味です。

他にもpracticeに関連するpracticalやpracticallyについては以下の記事にまとめています。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. in-case-of

    英単語の意味と使い方

    in case of / in the case ofの違いと使い方

    in case (of)や just in caseは大きな意味として…

  2. deem

    英単語の意味と使い方

    deemとconsiderの違い

    deemは「~と考える、~と見なす、~と判断する」を意味する言葉で、ま…

  3. 強制

    英単語の意味と使い方

    強制を意味する「mandatory」と「compulsory」の違い

    これはどちらも「強制的な、強制された、必須の」といった意味ですが少しニ…

  4. colleague / coworker

    英単語の意味と使い方

    「同僚」「仕事仲間」のcolleagueとco-workerの違い

    同僚、職場仲間、仕事仲間などを表す2つの言葉の違いについては、日本語で…

  5. arm

    和製英語とカタカナ英語

    arm(腕・武器)の意味と使い方

    arm(アーム)といえば真っ先に人間などの「腕(うで)」が思い浮かびま…

  6. 羽

    イディオム・熟語・慣用句

    knock me over with a featherの意味

    『マッドマックス怒りのデスロード』が国際映画批評家連盟の年間グランプリ…

おすすめ記事

  1. ifと仮定法
  2. 影響を与える
  3. カタカナ都市名
  4. manager
  5. カタカナ




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. outlaw(アウトロー)の意味と使い方
  2. dining(ダイニング)とdineの意味と使い方
  3. tailorの意味と使い方、オーダーメイドとの違い
  4. demonstration(デモンストレーション)の意味と使い方
  5. live(ライブ:形容詞)の意味と使い方
  6. volunteerの意味と使い方、ボランティアは無償なのか?
  7. life(ライフ)の意味と使い方
  8. seed(シード・種)とseedyの意味と使い方




  1. オープン

    英文法とライティング

    openとopenedの意味の違いを考える
  2. タッチ

    英単語の意味と使い方

    touch(触る、感動させる)の意味と使い方
  3. by accident / by chance

    英単語の意味と使い方

    by accident / by chance / accidentally /…
  4. edtech

    日本(Japan)

    2017年EdTech (エドテック)の展望~本当に来るの?~
  5. qualify

    英単語の意味と使い方

    qualifyとcertifyの違いと使い方について
PAGE TOP