英単語の意味と使い方

  1. emeritus(上皇)とemerita(上皇后)の意味と使い方

    emeritus(上皇)とemerita(上皇后)の意味と使い方

    emeritusは第一線、現役を退きまだ影響力を残すような地位の高い男性に対する敬称です。女性版にあたるのがemeritaとなります。そんなに多く使われ…

  2. wrap(ラップ)の意味と使い方

    wrap(ラップ)の意味と使い方

    wrap(ラップ)に関連する日本人に馴染みがある言葉といえば、ギフトなどの「ラッピング」、あるいは食べ物の残りを包む「サランラップ」のような使い方かもしれません…

  3. fiddle(フィドル)の意味と使い方

    fiddle(フィドル)の意味と使い方

    fiddle(フィドル)とは元は楽器としてのフィドルであり、基本的にはバイオリンと同一の楽器、同じ構造の楽器を指す言葉です。バイオリンのほうがフォーマルな感じが…

  4. notice / notify / notificationの意味と使い方

    notice / notify / notificationの意味と使い方

    noticeは動詞で「気が付く」の意味で広く使われますが、名詞では「通知、告知、注意」といった意味で張り紙なども含めて見かけることができます。また通知書・通告書…

  5. instrument / instrumentalの意味と使い方

    instrument / instrumentalの意味と使い方

    instrument(インストルメント)といえば、主に「楽器」あるいは「器具・機器」などを指して使われる言葉です。instrumentだけでギターやピアノのよう…

  6. gather(集める・集まる)の意味と使い方

    gather(集まる・集める)の意味と使い方

    gatherは「集まる」と「(何かを)集める」の両方に使うことができる言葉で、人間以外も含めて広い範囲で使うことができます。gather aroundで「~のま…

  7. class(クラス)の意味と使い方

    class(クラス)の意味と使い方

    すでにカタカナで定着しているclass(クラス)は、英語でもほぼカタカナと同じような意味で使うことができます。大きくわけると「授業」「学校などの組」「レベル・階…

  8. sneak / sneakyの意味と使い方

    sneak / sneakyの意味と使い方

    sneakは「こそこそ動く、こっそりする」や何かのモノを「こっそり持ちこむ、持ち出す」といった意味で使われます。名詞ではそのまま「信頼できないこそこそした人」と…

  9. as well asの意味と使い方

    as well asの意味と使い方

    as well asは大きく分ければ2つの意味・使い方に分類できます。1つは「AもBも、AおよびB」で意味としては「and」に近い使い方です。ただし「a…

  10. pass onの意味と使い方

    pass onの意味と使い方

    pass onは「渡す、伝達する」といった意味もありますが、具体的な手渡しの動作よりも、次世代への継承のようなニュアンスで使われることも多い表現です。ま…

  11. detail(詳細・細部)の意味と使い方

    detail(詳細・細部)の意味と使い方

    detailは名詞では「詳細、細部」で、動詞でも使うことができ「詳細に述べる」といった意味になります。動詞と名詞で発音は同じです。形容詞はdetaile…

  12. disclose / disclosureの意味と使い方

    disclose / disclosureの意味と使い方

    意味としてはclose(閉じている、閉まっている)の反対にあたる言葉なので「公開する、開示する、暴く」といった意味になります。その名詞がdisclosureで「…

  13. obstruct / obstructionの意味と使い方

    obstruct / obstructionの意味と使い方

    obstructは「妨害する、妨げる」といった意味でblockを少し堅い感じにした言葉だといえます。日常生活ではblockで表現できることも多いです。物理的な妨…

  14. breweryの意味と使い方

    brewery(ブルワリー)の意味と使い方

    brewery(ブルワリー)は一般的にビールを造る場所のことを指します。ビール醸造所と考えてもいいと思います。そこから生産の工程が似ている日本酒の酒蔵なども「S…

  15. as ofの意味と使い方

    as ofの意味と使い方

    as ofは大きくわけると2つの訳があり「~以降は、~以後は」と「~現在、~の時点で」です。しかし、本質的には同じ意味だと考えることができます。ある地点…




カテゴリー

スペシャルカテゴリー







おすすめ記事

  1. 「I’m fine, thank you. And you?」と教科書で本当に習うのか? ネイティブは言わないのか?
  2. cute(キュート)とpretty(プリティ)の違い
  3. Japanese
  4. select
  5. 匂い

最近の記事

  1. fiscal / financial / financeの意味と使い方
  2. adhere / adhesiveの意味と使い方
  3. come throughの意味と使い方
  4. hospital(ホスピタル)とclinic(クリニック)の違い
  5. stigma(スティグマ・烙印・汚名)の意味と使い方
PAGE TOP