英単語の意味と使い方

  1. pressの意味と使い方、pushとの違い

    pressの意味と使い方、pushとの違い

    press(プレス)を名詞で使った場合には、新聞記者やジャーナリスト、マスコミ関係者を意味することがあります。もう少し意味を広くとって「マスコミからの注目」とい…

  2. ahead of / in front of / beforeの意味と使い方の違い

    「ahead of」「before」「in front of」はどれでも「~の前に、~の先に」といった意味ですが、それぞれ役割やコアとなっているイメージに少し違…

  3. keep an eye on / keep an eye out for / keep one's eyes offの意味と使い方

    keep an eye on / keep an eye out for / keep one…

    このページでは主に「eye(目)」を使った英語表現の中でも「keep」と「eye / eyes」が組み合わさるものを集めて例文付きで解説しています。焦点…

  4. 「get to」の意味と使い方をネイティブに聞いてみた

    「get to」の意味と使い方をネイティブに聞いてみた

    get toは英語のネイティブスピーカーがよく使う表現ですが、いくつかの意味に分類することが可能かもしれません。このページで4つぐらいの意味にわけてみました。…

  5. miracle(ミラクル)の意味と使い方

    miracle(ミラクル)の意味と使い方

    miracle(ミラクル)は日本語でいう「奇跡」の意味で、もともとは宗教色の強い感じの言葉でしたが、現代ではカジュアルな感じで商品などにも広く見られます。…

  6. nod(うなずく・同意・うとうとする)の意味と使い方

    nod(うなずく・同意・うとうとする)の意味と使い方

    nodは首や頭を縦方向に振ることであり「うなずく」といった意味です。そこから名詞ではうなずくことによる「承認・同意」といった意味でも使われます。首を縦に…

  7. eyeを使った英語の表現(例文付き)

    eyeを使った英語の表現(例文付き)

    eyeは「目」のことですが、人間の目は2つあるので両目を指す場合はeyesと複数形になります。動詞で使った場合には単純に「見る」だけではなく「考慮する」といった…

  8. focus(フォーカス)の意味と使い方

    focus(フォーカス)の意味と使い方

    focus(フォーカス)といえばカメラの用語のようにも感じますが、機器としてのカメラが登場するはるか以前から存在している単語です。もともとは数学的な意味…

  9. according toの意味と使い方

    according toの意味と使い方(例文付き)

    ニュースにも頻出の表現according toは大きく2つの意味があります。1つは「~によれば、~によると」といった感じで情報源などを表すための使い方です。…

  10. recover / recoveryの意味と使い方、recuperateとの違い

    recover(リカバー)が動詞で「回復する、復旧する」みたいな意味で、名詞がrecovery(リカバリー)で「回復、復旧」となります。病気からの回復以…

  11. pledgeの意味と使い方

    pledge(誓う)の意味と使い方

    pledgeは「誓う、誓約する」みたいな意味で、promise(約束する)をさらに強力にした、深刻にしたような言葉だと考えてもいいと思います。日常で気軽に使うに…

  12. traditional(伝統的な)とtraditionallyの意味と使い方

    traditional(伝統的な)とtraditionallyの意味と使い方

    traditional(トラディショナル)は「伝統的な」といった意味で、traditional clothing(伝統的な衣装)やtraditional cra…

  13. wake up / awake / awakenの意味の違いと使い方

    wake up / awake / awakenの意味の違いと使い方

    wake upは「起きる、目を覚ます、起こす」といった動作を表す言葉です。awakeは基本的には「起きている、目が覚めている」といった状態を表す形容詞で使われま…

  14. crust / crustyの意味と使い方

    crust / crustyの意味と使い方

    crustは何かの物体の外側にある堅い部分を指す言葉で、フランスパンの外側の堅い部分などをイメージするとわかりやすいかもしれません。しかし地球の地殻や「…

  15. 10段階評価は英語では「on a scale of one to ten」

    10段階評価は英語では「on a scale of one to ten」

    「10段階評価」を英語で表すには「on a scale of one to ten」がよく使われます。10段階で質問されてなくても、10段階評価をしてもかまいま…




カテゴリー

スペシャルカテゴリー







おすすめ記事

  1. 「I’m fine, thank you. And you?」と教科書で本当に習うのか? ネイティブは言わないのか?
  2. cute(キュート)とpretty(プリティ)の違い
  3. Japanese
  4. select
  5. 匂い

最近の記事

  1. emeritus(上皇)とemerita(上皇后)の意味と使い方
  2. wrap(ラップ)の意味と使い方
  3. fiddle(フィドル)の意味と使い方
  4. notice / notify / notificationの意味と使い方
PAGE TOP