printの意味と使い方、print outとの違い

print
 

公開日: 最終更新日:2019.12.7

print(プリント)は動詞では「印刷する」、名詞では「印刷物」を指すのでカタカナの使い方とほぼ同じで特に難しい要素はありません。

print outやprint offでもニュアンスの差があるといった程度で単純にprintで表現してしまっても大きな間違いにはなりません。少しだけニュアンスに違いがあります。

これらもそうしないといけないルールが明確にあるわけではないので、一般的な感覚による習慣的なものです。あわせてimprintとの違いもご紹介しています。

printの意味

動詞・名詞どちらでも、printは普通はインクによるものを指します。

例文

The stamp left a print of a bear on his shirt.

そのスタンプは彼のシャツに熊のプリントを残した。

例文

This machine can print 200 pages a minute.

この機械は1分で200ページをプリントできる。

スタンダードな表現で、何かを紙に印刷することです。以下はどれもOKなので、問題なく使えます。大部数、少部数、その中間の数枚ぐらいすべてに使える表現です。

例文

The publisher printed 3,000 copies of my book.

発行者は私の本を3000部、刷った。

例文

I printed a contract on my computer.

私はパソコンで契約書を印刷した。

例文

She printed several brochures to promote her store.

彼女はお店の販促用の冊子をいくつか印刷した。

たまにprint upも見かけますが、特に意味はないupなので、上の例文にprint upとしてもらっても問題ありません。北米の英語に見られるやり遂げた感を出すようなupの使い方です。

fine print

fine printといえば小さな活字を意味します。そこから契約書などの「ただし書き」を指すことがあります。

例文

Don’t forget to read the fine print before signing a contract.

契約にサインするまえに、ただし書きを読むのを忘れるな。

例文

There was something in the fine print that said no refunds are allowed.

小さな文字で返却不可であるといっている何かがあった。

print out(プリントアウト)との違い

print outはもう少しカジュアルで、業務用の印刷機、印刷会社ではなく、個人のコンピューターなどで印刷する際に使います。このあたりはカタカナの「プリントアウトしておいて」と同じです。

例文

△ The publisher printed out 3,000 copies of my book.

◎ I printed out a contract on my computer.

〇 She printed out several brochures to promote her store.

したがって上の例文では、3000部という家庭用・個人用を超えた範囲で印刷を行う場合にはちょっと合わない感じがします。

「print off」はカジュアルな表現で、大規模印刷でないもの、それで複数枚の印刷に使われることが多いです。3000部ぐらいになると多すぎます。

例文

△ The publisher printed off 3,000 copies of my book.

〇 I printed off a contract on my computer.

◎ She printed off several brochures to promote her store.

印刷の方向についてはportrait(縦方向)とlandscape(横方向)で表現されます。

printとimprintの違い

一方でimprintは圧力による跡、マークなどに使われやすい言葉です。しかし、この使い分けについては厳格ではなく、置き換えても問題ないケースも多いです。

例文

The imprint of a coffee cup could be seen on the paper.

紙の上にコーヒーカップの跡が見えた。

例文

Her shoes imprinted the mud with a Nike logo.

彼女の靴は泥の上にナイキのロゴマークの跡を残した。

printはインクに、imprintは圧力によるものに使われやすいという感じで以下のように置き換えても間違いにはなりません。

例文

The stamp left an imprint of a bear on his shirt.

Her shoes printed the mud with a Nike logo.

(より一般的ではなくなるが間違いではない)

動詞のimprint(比喩的に)

これは「心に~を刻みこむ、強く印象付ける、心に刻みつける」といった使い方ができます。

例文

The students were imprinted with a sense of honesty.

その生徒たちは誠実さを強く刻み込まれた/教えられた。

例文

I can’t watch horror movies, the last one was imprinted in my mind and I couldn’t sleep.

ホラー映画が見れない。最後に見たやつが強く印象に残って、寝れなかった。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. in-case-of

    英単語の意味と使い方

    in case of / in the case ofの違いと使い方

    in case (of)や just in caseは大きな意味として…

  2. apparently / apparentl

    英単語の意味と使い方

    apparent / apparentlyの意味と使い方

    apparentは辞書で調べると「すぐに分かる、明らかな、明白な」と「…

  3. figure

    英単語の意味と使い方

    figure(フィギュア)の意味と使い方

    カタカナでも使われるfigure(フィギュア)は、辞書にもさまざまな意…

  4. crown(王冠・クラウン)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    crown(王冠・クラウン)の意味と使い方

    crownは「クラウン・王冠」のことであり、王様や優勝者などが頭の上に…

  5. シール、ステッカー、ラベルの違い

    英単語の意味と使い方

    シール、ステッカー、ラベルの違い

    シールとステッカーの違いを説明しろと言われてもカタカナだと難しいかもし…

  6. 最近・この頃

    英単語の意味と使い方

    recently, lately, these days, nowadaysの違い

    どれも「最近は、近頃は、この頃は」などの意味ですが少しニュアンスが異な…

私たちのアプリもよろしくお願いします。

新作アプリをリリースしました!

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. 赤ちゃん
  2. 仮予約
  3. capital-letter
  4. ファックについて
  5. 「客・顧客・お客様」を英語でどう言うか?(例文付き)

最近の記事

  1. shoot(シュート)とshot(ショット)の違い
  2. burnout(バーンアウト)の意味と使い方
  3. regardless (of) / irregardlessの意味と使い方
  4. velvet(ベルベット)とvelvetyの意味と使い方
  5. complete(コンプリート)の意味と使い方
  6. cover up(カバーアップ)の意味と使い方
  7. danger / dangerous / endangered / endangerの意味の違いと使い方
  8. pinch(ピンチ・つまむ)の意味と使い方
PAGE TOP