英単語の意味と使い方

  1. leak(リーク・漏れる・漏洩)の意味と使い方

    leak(リーク・漏れる・漏洩)の意味と使い方

    leak(リーク)もカタカナでけっこう使われますが何かが「漏れる」を表します。日本語の漏れると同じで液体、気体のほかにも情報もリークの対象です。名詞は2…

  2. scan(スキャン)の意味と使い方

    scan(スキャン)の意味と使い方

    scan(スキャン)はカタカナにもなっていますが、センサーを使って何かをデジタルデータへと移行することで、動詞で「スキャンする、取り込む」を意味します。…

  3. alarm(アラーム)の意味と使い方

    alarm(アラーム)の意味と使い方

    alarm(アラーム)はそのままカタカナになっている音がジリジリとなる警報・防犯の装置または、その装置から出る音のことを指します。そこからイメージを膨ら…

  4. create / generate / makeの意味の違い

    create / generate / makeの意味の違い

    makeは日本語の「つくる」と似ており、発電からお菓子作り、新しい法律までかなり広い意味での「つくる」を言い表せてしまいます。状況によって、より適切な言…

  5. franchise(フランチャイズ)の意味と使い方

    franchise(フランチャイズ)の意味と使い方

    franchise(フランチャイズ)といえばコンビニなどの営業権などを使えるビジネス用語としてのフランチャイズがあります。カタカナと同じく英語でもこの使い方はあ…

  6. 心温まるの英語は「heartwarming」「heartful」「heartfelt」のどれなのか?

    心温まるの英語は「heartwarming」「heartful」「heartfelt」のどれなのか?…

    結論から書けば「心温まる」は英語では「heartwarming(ハートウォーミング)」だと考えられます。見ていて優しい感情になれるような物語・ニュースなどを描写…

  7. compoundの意味と使い方

    compoundの意味と使い方

    compoundとは名詞で使った場合には化学系の2つ以上のものが結びついた「化合物」みたいな意味で使われることが多いです。それ以外にも壁やフェンスに囲ま…

  8. speciesの意味と使い方、kindとの違い

    speciesの意味と使い方、kindとの違い

    speciesとは動物や植物の分類で使われる「種」のことであり、科学的な用語だといえます。日常では「種類」の意味でのkindが使われますが少し違いがあります。…

  9. identify / identification / identityの意味と使い方

    identify / identification / identityの意味と使い方

    identifyはどこの何者であるかを示す行為です。例えば免許やパスポートを出して本人であることを証明することです。英語独特の単語のように感じるので例文を参考に…

  10. season(シーズン・季節・味付けする)の意味と使い方

    season(シーズン・季節・味付けする)の意味と使い方

    season(シーズン)といえば大きく2つに考えてもいいかもしれません。1つは季節としてのシーズンで春夏秋冬の四季のほかにも、英語でも行楽シーズン、就職活動のシ…

  11. 「先手を取る・先制攻撃する」のpreempt / preemptiveの意味と使い方

    「先手を取る・先制攻撃する」のpreempt / preemptiveの意味と使い方

    pre-emptは「先手を取る、先取りする」のような意味で何かを未然に防ぐ時に用いられる言葉です。「中断させる、遮る」といった使い方もあります。その形容…

  12. move + on / into / to / in / away の使い方

    move + to / on / into / in / away の使い方

    moveはそのまま使うと「移動する、動く、動かす」といった意味になります。move toの形では「引っ越しをする、移転する」といった意味で使われることが多いです…

  13. awaitの意味と使い方、waitとの違い

    awaitの意味と使い方、waitとの違い

    awaitもwaitもどちらも「待つ」を意味しますが、await = wait forの関係になるので無条件で何も考えずに置き換えができるわけではありません。…

  14. 「go for」「go for it」「go for broke」の意味と使い方

    「go for」「go for it」「go for broke」の意味と使い方

    go forは単純に「何かのために行く」と考えることもできます。そこから広げて、何か理由があるからこそ行くわけであって「好き」や「手に入れる」「適用される」とい…

  15. doping(ドーピング)とdopeの意味を考える

    doping(ドーピング)とdopeの意味を考える

    カタカナでのドーピング(doping)はスポーツの成績向上のために自分自身に興奮系の薬物を投与すること、といった説明が可能です。英語でもこの使い方はできますが現…




スペシャルカテゴリー







おすすめ記事

  1. cute(キュート)とpretty(プリティ)の違い
  2. Japanese
  3. select
  4. 匂い
  5. 〇〇風

最近の記事

  1. poundはイギリスの通貨「ポンド」と重さの「パウンド」を意味する
  2. travel(トラベル)の意味と使い方
  3. encroachの意味と使い方
  4. allegedly / reportedlyの意味と使い方
  5. distinguish / distinction / distinguishedの意味と使い方
PAGE TOP