英単語の意味と使い方

  1. occupy / occupiedの意味と使い方

    occupy / occupiedの意味と使い方

    occupy(オキュパイ)は場所や空間を「占有する」「使用する」「占拠する」といった意味で、抗議活動などの占拠から、建物内で6階を使用することまで幅広い意味で使…

  2. occupationとjobの意味と使い方の違い

    occupationとjobの意味と使い方の違い

    occupationは「職業、仕事」といった意味で、ややフォーマルな言葉です。jobは日常の作業から仕事まで言い表せるのでjobのほうが意味が広いです。違いを比…

  3. バリアフリー(barrier-free)の意味を英語で考える

    バリアフリー(barrier-free)という用語は完全な和製英語ではありませんが、日本や他のいくつかの非英語圏の国でのみ使われている用語だといえます。英語では…

  4. 英語としての「airdrop(エアドロップ)」の意味と使い方

    英語としての「airdrop(エアドロップ)」の意味と使い方

    airdropは英語で使うと、食料や援助物資などを空から落とす行為で動詞で「空中投下する」あるいは名詞で「空中投下」として使われます。iPadやiPho…

  5. sterile(無菌・不妊)とsterilizeの意味と使い方

    sterile(無菌・殺菌・不妊)とsterilizeの意味と使い方

    sterileは語源としては作物や果実が育たない不毛といった意味合いでしたが、現在ではその意味ではあまり使われず、細菌などがいない「無菌の、殺菌した」といった意…

  6. 「aid」「aide」の意味と使い方、helpとの違い

    「aid(エイド)」は「支援」といった意味や「支援物資」の意味でも使われる言葉です。支援という意味では複数形になりません。first aidは「応急処置」といっ…

  7. emeritus(上皇)とemerita(上皇后)の意味と使い方

    emeritus(上皇)とemerita(上皇后)の意味と使い方

    emeritusは第一線、現役を退きまだ影響力を残すような地位の高い男性に対する敬称です。女性版にあたるのがemeritaとなります。そんなに多く使われ…

  8. wrap(ラップ)の意味と使い方

    wrap(ラップ)の意味と使い方

    wrap(ラップ)に関連する日本人に馴染みがある言葉といえば、ギフトなどの「ラッピング」、あるいは食べ物の残りを包む「サランラップ」のような使い方かもしれません…

  9. fiddle(フィドル)の意味と使い方

    fiddle(フィドル)の意味と使い方

    fiddle(フィドル)とは元は楽器としてのフィドルであり、基本的にはバイオリンと同一の楽器、同じ構造の楽器を指す言葉です。バイオリンのほうがフォーマルな感じが…

  10. notice / notify / notificationの意味と使い方

    notice / notify / notificationの意味と使い方

    noticeは動詞で「気が付く」の意味で広く使われますが、名詞では「通知、告知、注意」といった意味で張り紙なども含めて見かけることができます。また通知書・通告書…

  11. instrument / instrumentalの意味と使い方

    instrument / instrumentalの意味と使い方

    instrument(インストルメント)といえば、主に「楽器」あるいは「器具・機器」などを指して使われる言葉です。instrumentだけでギターやピアノのよう…

  12. gather(集める・集まる)の意味と使い方

    gather(集まる・集める)の意味と使い方

    gatherは「集まる」と「(何かを)集める」の両方に使うことができる言葉で、人間以外も含めて広い範囲で使うことができます。gather aroundで「~のま…

  13. class(クラス)の意味と使い方

    class(クラス)の意味と使い方

    すでにカタカナで定着しているclass(クラス)は、英語でもほぼカタカナと同じような意味で使うことができます。大きくわけると「授業」「学校などの組」「レベル・階…

  14. sneak / sneakyの意味と使い方

    sneak / sneakyの意味と使い方

    sneakは「こそこそ動く、こっそりする」や何かのモノを「こっそり持ちこむ、持ち出す」といった意味で使われます。名詞ではそのまま「信頼できないこそこそした人」と…

  15. as well asの意味と使い方

    as well asの意味と使い方

    as well asは大きく分ければ2つの意味・使い方に分類できます。1つは「AもBも、AおよびB」で意味としては「and」に近い使い方です。ただし「a…




カテゴリー

スペシャルカテゴリー







おすすめ記事

  1. 「I’m fine, thank you. And you?」と教科書で本当に習うのか? ネイティブは言わないのか?
  2. cute(キュート)とpretty(プリティ)の違い
  3. Japanese
  4. select
  5. 匂い

最近の記事

  1. occupy / occupiedの意味と使い方
  2. occupationとjobの意味と使い方の違い
  3. 英語としての「airdrop(エアドロップ)」の意味と使い方
  4. sterile(無菌・不妊)とsterilizeの意味と使い方
PAGE TOP