soil(土・土壌)の意味と使い方

soil(土・土壌)の意味と使い方
 

公開日: 最終更新日:2024.01.21

soilとは「土、土壌」のことであり、園芸や地理関係の話題などに登場します。ほかにも「領土、領地」といった使い方ができます。

動詞でも使うことが可能で「汚くする、不潔にする」といった意味になります。そこまで難しい言葉ではありませんが使い方を例文にまとめています。

soil(名詞)の意味と使い方

soilは名詞で「土、土壌」を表します。以下の例文を参考にしてください。earthにも似たような意味があります。

例文

This soil is very good for growing potatoes.

この土壌はジャガイモを育てるのにとても良い。

例文

They buried the evidence in the soil.

彼らは土の中に証拠を埋めた。

例文

The soil was too saline to grow anything.

その土壌は塩分があまりにも多く含まれていたので何も育つことができなかった。

例文

The earth here is very rich and good for growing crops.

= The soil here is very rich and good for growing crops.

この土壌はとても豊かで、農作物を育てるのによい。

領土、領地

名詞で「領土、領地」の意味もあります。

例文

The US Embassy is considered American soil.

アメリカ大使館はアメリカの領土と考えられている。

例文

The spy will be arrested the minute he sets foot on Japanese soil.

そのスパイは日本領土に足を踏み入れてすぐに逮捕されるだろう。

soil(動詞)の意味と使い方

動詞では「汚くする、不潔にする」を意味します。意外な感じもする使い方なので知らないと混乱しそうです。

例文

My kids always soil their clothes when they go out to play.

うちの子どもたちは遊びに出かけるときにはいつも服を汚くする。

例文

He put his shoes on my sofa and soiled it.

彼は私のソファーに靴を置いてソファーを汚した。

例文

The scandal soiled the politician’s reputation.

そのスキャンダルは政治家の評判を汚した。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちのアプリもよろしくお願いします。

新作アプリをリリースしました!

YouTubeのチャンネルはじめました!

リスニングと英語教材のペラペ

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. i’m lovin’ it
  2. ソウルフード
  3. shithole
  4. cultural appropriation
  5. sit inとsit onの違い、椅子に座るはどちらか?

最近の記事

  1. ruins(廃虚、遺跡) / ruin(崩壊) の意味と使い方
  2. Mon / Mama / Mother「母親」を表す言葉の違い
  3. slip offとslip onの意味と使い方
  4. reticulated / reticulateの意味と使い方
  5. burn upの意味と使い方
  6. extremist / militant / terroristの意味の違い
  7. extreme(エクストリーム)の意味と使い方
  8. restraint(自制、慎み)とrestrain(拘束する、抑える)の意味と使い方
PAGE TOP