prop / prop upの意味と使い方

prop / prop upの意味と使い方
 

公開日: 最終更新日:2020.08.20

prop(プロップ)は大きく2つの意味にわけて考えることができ、1つが映画の撮影やお芝居などに使われる「小道具」です。もう1つが動詞でprop upの形になって「支える、下支えする」などの意味です。倒れそうなものを支える動作を指して使われます。

この2つ以外にもpropeller(プロペラ)の略としてpropと呼ばれたり、ヒップホップ系の用語で「尊敬」などの意味で使われることもあるといった程度です。ここではpropの使い方を整理しています。

prop(小道具)の意味と使い方

prop(小道具)の意味と使い方

propはよく映画の撮影や芝居などの「小道具」を指します。これは演劇用語の「property(小道具)」からきている言葉です。

テーブルや椅子などもpropです。

例文

It’s not real. He is using a prop gun.

それは本物じゃない。彼は小道具の銃を使っている。

例文

That plant is just a prop for our play.

あの植物は私たちの芝居の小道具だよ。

そこから演劇・映画以外での文脈でも少し使われています。

例文

People are turning everyday items into exercise props.

人々は日用品をエクササイズの小道具にしている。

ペットボトルに水を入れたダンベルなどを指します。ただし他にもtool(ツール)などの言葉もあるので、基本的には映画や芝居などに使われる言葉だと思ってもいいかもしれません。

prop comic / prop comedy

prop comedy(小道具を使った喜劇)や、prop comic(小道具を使って喜劇をする人)もお笑いのジャンルになっています。

古くは「レッドスネーク、カモン!」で知られた東京コミックショーや、最近では陣内智則がやっていたスタイルも、小道具を使ったお笑いです。田代まさしも部分的に取り入れていました。

例文

Carrot Top was a huge prop comic in the 90s.

キャロット・トップは90年代の成功した小道具お笑い芸人だった。

アメリカのキャロット・トップは小道具を使った有名なコメディアンでYouTubeにはいろんな動画があがっています。

prop up(動詞)での使い方

prop up(動詞)での使い方

もう1つの代表的なpropの使い方は動詞で「下支えする、支柱を施す」といった意味です。もともとsupportに近い意味で使われたのがpropの語源です。

動詞で使う場合にはprop upとするのが一般的です。小道具とは語源は関係ありません。

例文

I propped up the broken chair with a stack of books.

私は壊れた椅子を積んだ本で支えた。

例文

She propped the drunk man up on a table.

彼女は酔っぱらいの男をテーブルで支えた。

酔っぱらいの男の場合はテーブルにもたれかけさせるようなイメージです。

名詞で「支持者、支柱」などの意味で辞書にありましたが、あまり使われている感じもありません。名詞で「支柱」とするぐらいなら、動詞で「支える」とするのがわかりやすいです。

例文

I propped up the table with a book.

= I used the book as a prop for the table.

私は本でテーブルを支えた。

= 私は本をテーブルの支柱に使った。

その他の使い方(プロペラ・尊敬)

propeller(プロペラ)の略としてpropが口語で使われることもたまにあるそうです。

例文

The boat’s prop hit a rock.

ボートのプロペラが岩にあたった。

辞書に「proper respect」の略で「しかるべき敬意、適切な評価」みたいな意味で掲載があって、これは確認してみるとヒップホップ系の用語であるそうです。

例文

Although he’s from Poland, he gets mad props as a rapper in New York.

彼はポーランド出身にも関わらず、ラッパーとしてニューヨークで絶賛を得ている。

こういう使い方はどこまで一般的なのかは不明ですがあるにはあります。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. indeed

    英単語の意味と使い方

    英語の「indeed」の意味と使い方

    indeed(インディード)は品詞としては「副詞」にあたり、何かを強調…

  2. die of / die fromの違い

    英単語の意味と使い方

    die of / die from / die inの違い

    何が原因で死んでしまったのかの理由を言う場合にはdie ofやdie …

  3. 放出する・排出するの「emit」「give off」「radiate」の使い方の違い
  4. bias(バイアス)の英語での意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    bias(バイアス)の英語での意味と使い方

    bias(バイアス)はカタカナでも広く聞かれるようになりましたが、判断…

  5. dozen

    英単語の意味と使い方

    dozen(ダース)という不思議な単位の使い方

    海外に出ると12個を1組とする「ダース」発音としては「ダズン」が当たり…

  6. up-to

    英単語の意味と使い方

    up to(最大・次第・数字)の意味と使い方

    up toは会話表現でもよく登場する言葉で「~次第だ」と「最大で〇〇だ…

アプリもよろしくお願いします。

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. yera-old
  2. ソウルフード
  3. トランプ大統領のツイッターの特徴・名言
  4. all-you-can-eat
  5. カタカナと発音が違う英語の都市名一覧

最近の記事

  1. bear(もたらす、耐える、産む、熊)の意味と使い方
  2. emerge / emergency / emergenceの使い方
  3. branch(枝・支店)の意味と使い方
  4. damn(ダム)の意味と使い方
  5. mob(モブ)の意味と使い方
  6. striking / strikinglyの意味と使い方
  7. single(シングル・独身・ひとつ)の意味と使い方
  8. take offense / no offenseの意味と使い方
PAGE TOP