crunch(クランチ・バリバリ・ザクザク)の意味と使い方

crunch(クランチ・バリバリ・ザクザク)の意味と使い方
 

公開日: 最終更新日:2020.10.9

crunch(クランチ)はバリバリ、ザクザクといった音を出す行為です。噛みくだく、殴る、叩くなど特に手段を問わずにバリバリという音に焦点があたっている単語です。

そのほかにも「金銭的なカツカツ状態、逼迫(ひっぱく)」や「重要な局面」といった使い方もあります。もちろん筋トレでおなじみの「クランチ」の意味もあります。

「計算する」といった意味もあったり、なぜその意味になるのかはっきりしない部分も多い多義語になっています。それぞれ使い方を整理してみました。

バリバリ、ザクザク

バリバリ、ザクザク

もともとは歯で噛み砕くような行為を指しており、それが名詞と動詞になっています。これがベース・土台になる意味だと考えていいと思います。

何か堅いものをかみ砕くバリバリ、ザクザクといった音や感触や、そのような音を出すことにも使えます。

例文

I heard a crunch when she punched my nose.

彼女が私の鼻にパンチをしたとき、バリっという音が聞こえた。

例文

There was a crunch when he stepped onto the ice.

彼が氷の上を踏んだときにバリっという音がした。

例文

I like the crunch of a potato chip.

ポテチのバリバリした感じが好きだ。

例文

Her leg made a crunch when it broke.

彼女の足は折れた時にボキっといった。

以下は動詞です。「バリバリかみ砕く、ザクザク踏みつぶす、バリっと音を出す」です。

例文

The car crunched the gravel in the driveway.

その車は私有車道の砂利をバリバリいわした。

砂利を敷き詰めた道を通って音をたてることです。

例文

She sat at the table crunching on an apple.

彼女はバリバリとリンゴをかみ砕きながらテーブルに着いた。

例文

The dry leaves crunched when they walked over them.

彼らが上を歩くと、枯れ葉がバリバリいった。

crunchy(ザクザクした)

形容詞はcrunchyで「ザクザクした、バリバリした」、あるいは「歯ごたえがある」といった意味にもなります。文脈にもよりますが悪い意味でもありません。

例文

This is a crunchy cookie.

これはさっくりしたクッキーだ。

例文

I can’t eat crunchy food because my tooth hurts.

ザクザクした食べ物は食べられない。なぜなら歯が痛むからだ。

例文

The cookie tastes sweet and crunchy

そのクッキーは甘くてザクザクしてる。

危機的な状況、金銭的な逼迫

危機的な状況、逼迫

ニュースでは金銭的な「逼迫(ひっぱく)」の意味でよく使われています。お金が不足するような状況で「squeeze」にも似た意味があります。

例文

A lot of companies are feeling the crunch.

多くの企業が金銭の逼迫を感じている。

例文

This is the largest crunch the oil industry has faced in a long time.

これは石油産業が長年直面している金銭の逼迫で最大のものだ。

そこから、やばい状況における重要な局面、転機のような意味にもなります。圧力がかかる決断すべき状況です。

この意味で使われだしたのは現代になってからで、有名にしたのはイギリスの首相だったウインストン・チャーチルだそうです。

例文

He was a weak CEO when it came to the crunch.

彼は重要な局面になると弱いCEOだった。

例文

She always stays cool in a crunch.

彼女は重要な局面でいつもクールだ。

例文

He was able to finish the job in the crunch.

彼は重圧の中で、仕事を終わらせることができた。

クランチ(筋トレ)

クランチ(筋トレ)

運動のクランチの意味もあります。起き上がらない腹筋運動のような感じです。なぜそう呼ばれているのかははっきりしませんでした。

例文

I do 30 crunches every morning.

毎朝、クランチを30回やっている。

計算する

最後に「計算する」のような意味もあります。特にコンピューターで大量の計算をすることに使われる傾向があります。

なぜこの意味なのか、はっきりしませんでした。number-cruncherで計算する人を意味します。

例文

That’s a good idea, but let me crunch the numbers and see if we have enough money for it.

それはいいアイデアだが、数字を計算して、そのための十分なお金があるかを見させてください。

例文

He is the top number-cruncher at our company.

彼はわが社のトップ会計士 / 経理担当だ。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. exercise(エクササイズ)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    exercise(エクササイズ)の意味と使い方

    exercise(エクササイズ)もすでにカタカナとして定着していますが…

  2. cause(原因・引き起こす)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    cause(原因・引き起こす)の意味と使い方

    causeは名詞で使った場合には「原因・要因」のほかにも社会的な運動の…

  3. 活発にする・駆り立てる

    英単語の意味と使い方

    driven(ドリブン)の意味と使い方

    driven(ドリブン)はdrive(ドライブ)の過去分詞であり、形容…

  4. tend to

    英単語の意味と使い方

    tend to + 動詞・名詞の使い方(例文付き)

    tend toは後ろにくるものが動詞か名詞かで意味合いが異なります。…

  5. expenseの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    expenseの意味と使い方、costとの違い

    expenseは名詞で「出費、費用」の意味でよく使われます。livin…

  6. used-to

    英単語の意味と使い方

    「used to」と「be used to」の意味の違いと使い方

    used toはさまざまな場面で同じ形を見かけますが、前後の文脈や品詞…

アプリもよろしくお願いします。

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. yera-old
  2. 「客・顧客・お客様」を英語でどう言うか?(例文付き)
  3. ソウルフード
  4. all-you-can-eat
  5. Japanese




最近の記事

  1. stalk(付きまとう)とstalker(ストーカー)の意味と使い方
  2. snack(スナック・軽食)の英語での意味と使い方
  3. stationeryとstationaryの意味の違い
  4. regular(レギュラー)の意味と使い方
  5. future(未来・フューチャー)の意味と使い方
  6. close up(クロースアップ)の意味と使い方
  7. sedate / sedativeの意味と使い方
  8. odd(奇数・奇妙な・変な)の意味と使い方
PAGE TOP