Number / 数字・数値・数学・増減

  1. double

    double (ダブル)の使い方

    カタカナでもおなじみの「double(ダブル)」ですが、英語としては、動詞、名詞、形容詞、副詞とさまざまな使い方が存在しています。基本的なイメージはカタ…

  2. out of

    out of 数字の意味と使い方

    「〇〇個のうち▲個が」「【数字】個のうち【数字】個が」といった表現をする場合に英語では「out」が用いられることがあります。このoutの使い方は慣れないと非常に…

  3. quarter

    quarter(クォーター)の意味を考える

    quarter(クォーター)は4分の1を指す言葉で、この考えをベースにしていれば迷うことはほぼないと思いますが、具体的に指せるものがバラバラです。改めて…

  4. figure

    figure(フィギュア)の意味と使い方

    カタカナでも使われるfigure(フィギュア)は、辞書にもさまざまな意味で掲載があります。基本的には「形・図形」を意味する言葉ですが、シンプルな意味なの…

  5. account

    account forの使い方

    この記事では主に「account」の使い方と、それを使った熟語であるaccount forの使い方や意味を例文を交えながらご紹介しています。accoun…

  6. dozen

    dozen(ダース)という不思議な単位の使い方

    海外に出ると12個を1組とする「ダース」発音としては「ダズン」が当たり前のように使われています。日本でも見かけますが元々が輸入品だったりと、日本人がすすんで使っ…

  7. 2=to, 4=for, U=youなどの置き換えと省略

    2=to, 4=for, U=youなどの置き換えと省略

    toを2、YouをUと書いて、「2 U(to you)」と表記するケースは歌のタイトルや歌詞でもよく見かけます。ほかにloveをluvと書いたり、古くから「IO…

  8. 以下以上

    以上、以下、未満、超えるの英語表現

    以下、未満、以上、超える(超過)などの英語表現をあらためて確認していきたいと思います。考え方として「未満と以下」の差が重要になるケースと、さほど話として…

  9. approximately

    approximately / about / roughly / around / someの違い…

    おおよそ2時、約3000円といった曖昧な数字を表す場合には「about」がよく使われます。カタカナでも「アバウトな数字」といった表現がされます。他にも類…

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 英語での「髭(ひげ)」の種類と言い方
  2. 「stay at home」と「stay home」の違い
  3. 「CAN YOU CELEBRATE?」の英語の問題点を考える
  4. 「I’m fine, thank you. And you?」と教科書で本当に習うのか? ネイティブは言わないのか?
  5. sit inとsit onの違い、椅子に座るはどちらか?

最近の記事

  1. digit(数字・桁・指)とdigital(デジタル)の意味と使い方
  2. hawk(鷹・ホーク・路上販売)の意味と使い方
  3. preparednessとpreparationの違い
  4. assumeの意味と使い方
  5. pilot(パイロット)の意味と使い方
PAGE TOP