decimal point

英語で小数点を含む数字の読み方・書き方

小数点以下を含む数字の言い方は少し種類があるのでご紹介します。大きく「お金の数え方」と「それ以外のもの」でわけて考えてもいいと思います。

数字が「1以上」と「1以下(0.で始まるもの)」もわけて考えています。アメリカ英語ではわりと崩れた言い方も一般的なので、あわせてご紹介します。

1以上の小数点以下を含む数字

18.275のような数字の場合、小数点以下を1つ1つ数字で読みあげていく方法が正しい読み上げ方です。

18.275をなんと発音するかは「eighteen point two seven five」が適切とされています。

18.275:eighteen point two seven five

しかし、.275を百の位の数字と見て「eighteen point two hundred seventy five」といってしまう人もまれにいます。

これは以下の数字にもあてはまりますが、正しくは1つ1つ数字を切り分けて読み上げる方法が適切です。

【18.27】
〇 eighteen point two seven
△ eighteen point twenty-seven

【18.275】
〇 eighteen point two seven five
△ eighteen point two hundred seventy-five

【18.2751】
〇 eighteen point two seven five one
▲ eighteen point two thousand seven hundred fifty-one

特にアメリカ英語に見られる傾向ですが考え方としては分数にすると27/100となり、この「27(twenty-seven)」の部分をとってしまうことがあるからです。

この言い方は正式ではありませんが、小数点以下が二桁の場合には時々、言われる形ではあります。小数点以下が二桁の場合に起こってしまう、日常的な言い方だと考えてください。

【1.16】
〇 one point one six
△ one point sixteen

hundredぐらいまでならまだしも、最後の例をthousandを使う人は本当にまれですが、たまにいるかもしれないそうです。

まとめてしまう読み方は10(小数点第2位)>100(小数点第3位)>1000(小数点第4位)で使う人が減っていきますが、口語的な崩れた言い方なのでそれなりに見かけるかもしれません。

The ball weighs 5.67 grams.

上の例文は「そのボールの重さは5.67グラムです」を意味しますが、読み方は以下を参考にしてください。

The ball weighs five point six seven grams.
(世界中でもっとも一般的な読み方です)

The ball weighs five point sixty-seven grams.
(ときどき使われる表現で、主にアメリカで使われます)

3.14159265359のような長いものは、ちゃんと1つ1つ読み上げていくのが一般的です。

“three point one four one five nine two six five three five nine”

ハーフとクォーター

0.5と0.25はハーフとクォーターが使われることがあります。

【1.2】
One point two

【1.5】
One point five
One and a half

【1.25】
One point two five
One and a quarter

1以下(0.で始まる場合)

1以下の場合には人によってはゼロをオーと発音する場合があります。これは小数点以下に0が登場した場合も同じでoh(オー)と読むか、zero(ゼロ)と読むかは人によります。

【0.8】
〇 Point eight
〇 Zero point eight
▲ Oh point eight (一般的ではない)

【0.08】
〇 Point oh eight
〇 Point zero eight
〇 Zero point zero eight
▲ Oh point oh eight (一般的ではない)

最初の0を「オー」と読むケースは少ないです。

お金の場合

money

お金の場合は小数点以下の小数点第1位、第2位を塊としてみます。

$33.14
Thirty-three fourteen

$33.06
Thirty-three oh six

ただし巨額のお金を表現する時は以下のケースもあります。

$1.56M(1,560,000)
One point five six million dollars

1以下の時に単位を複数形にするか?

単位は複数形になるのが原則です。

1以下の数字を読むときでも、単位の部分が複数形になるのが一般的です。

〇 He grew 0.53 centimeters.

△ He grew 0.53 of a centimeter.

〇 We drove 0.5 miles.

△ We drove 0.5 of a mile.

しかしネイティブスピーカーによっては「複数形は間違い!単数形が正しい!」と考える人もいて「単数形でいうべきだ」と主張する人もいます。

基本的にどちらでもOKで、口語では複数形で話されることが多いみたいです。

学校でどのように教えられるのかは不明ですが、英作文などの試験関係では習った通りに書くのが無難だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 日本人は本当に「無神論者で無宗教」なのか?
  2. アメリカと日本の育児方針の違い
  3. 2016年、はてブで500を超えた英語学習の記事まとめ
  4. 英語の大文字と小文字の表記ルールと使い分け
  5. 本当は好きじゃなかった(笑)を英訳

関連記事

  1. 山田太郎

    スラング

    英語における山田太郎のような名前

    日本における「山田太郎」のような、どこにでもいそうな名前を意味するのが…

  2. affair

    英単語の意味と使い方

    affair(アフェアー)の意味と使い方

    カタカナではアフェアー(affair)といえば恋愛・不倫のようなものを…

  3. medicine

    英単語の意味と使い方

    medicineとdrugの違い

    一般的な理解としては「medicine(メディスン)」が医薬品としての…

  4. figure

    英単語の意味と使い方

    figure(フィギュア)の使い方まとめ

    カタカナでも使われるfigure(フィギュア)は、辞書にもさまざまな意…

  5. raise eyebrows

    イディオム・熟語・慣用句

    raise eyebrows(眉毛をあげる)=驚かせる

    raise eyebrowsを直訳すると「眉毛をあげさせる」ですが、誰…

  6. street

    イディオム・熟語・慣用句

    down the streetとup the streetの違い

    英語ではwalk up the streetやwalk down th…




アプリもダウンロードしてね!

おすすめ記事

  1. ゆるキャラ
  2. middle finger
  3. ハンバーグ
  4. 本当は好きじゃなかった
  5. 支持する
  6. 飲み放題
  7. ミッションインポッシブル
  8. お客さん
  9. all-you-can-eat

最近の記事

  1. 世界の終わり
  2. history(ヒストリー)
  3. コンテンツ
  4. プレミアとプレミアム
  5. ノスタルジー
  6. depart
  7. long-time
  8. 叩く
  9. 適切な
  10. raw
  1. ひさしぶり

    和製英語とカタカナ英語

    ビッグマウス(big-mouth)の意味を英語で考える
  2. overtake

    イディオム・熟語・慣用句

    overtake / take over / takeoverの違い
  3. lag

    英単語の意味と使い方

    lag(ラグ)の意味と使い方
  4. 未払い

    英単語の意味と使い方

    summonの意味と使い方
  5. パイ投げ

    文化と体験

    パイ投げの文化について
PAGE TOP