dozen(ダース)という不思議な単位の使い方

dozen

海外に出ると12個を1組とする「ダース」発音としては「ダズン」が当たり前のように使われています。日本でも見かけますが元々が輸入品だったりと、日本人がすすんで使っている感じでもありません。

日本人にすると中途半端な数字ですが、12個が好まれるのは半分(halves)1/3(thirds)クォーター(quarters)のどれにも簡単に割れるからだそうです。

今回はダースの表現を取り上げてみます。特に卵やドーナツの販売などによく見られますね。

最初に書いておきますがスター・ウォーズのDarth Vader(ダースベイダー)は字が違うしそもそも造語です。しかも英語ではdozen(ダズン)なので発音も何もかも関係ありません。

ダース(a dozen)

ダース

ダースで販売しているものは一般的に以下のような表現が可能です。

They sell eggs by the dozen.
彼らは卵をダースで売る。

You can buy donuts by the dozen.
ドーナツをダースで買えます。

値段の表現をするときは”for a dozen”や単純に”dozen”といいます。

They sell eggs for $3 for a dozen.
They sell a dozen eggs for $3.
彼らは卵12個を$3で売る。

You can buy donuts for $5 for a dozen.
You can buy a dozen donuts for $5.
ドーナツ12個を$5で買えます。

dozens of(たくさんの)

a dozenは「12」を意味しますが、dozens ofで「たくさんの、いっぱいの」を意味します。この場合、特に12の倍数である必要もなく感覚的に「いっぱい、たくさん」の意味になります。

There is a dozen pigeons outside my house.
= There are 12 pigeons outside my house.
家の外にハトが12匹いる。

There are dozens of pigeons outside my house.
= There are a lot of pigeons outside my house.
家の外にハトがいっぱいいる。(たぶん100匹ぐらい)

She is famous for helping dozens of poor people.
彼女は多くの貧しい人々を助けていることで有名だ。

a score / score of

似たような考え方でscoreには点数などのスコアもありますが、数字の「20」を意味します。ちょうどdozenが「12」を意味するのと同じ関係にあたります。

a dozenが「12」を意味し、dozens ofが「たくさんの、いっぱいの」を意味するのと同じことがscoreにもいえます。

a scoreが「20」を意味し、scores of が「たくさんの、いっぱいの」を意味することになります。

There is a score of pigeons outside my house.
= There are 20 pigeons outside my house.
家の外にハトが20匹いる。

There are scores of pigeons outside my house.
= There are a lot of pigeons outside my house.
家の外にハトがいっぱいいる。(たぶん100匹ぐらい)

なぜscoreが20を指すのかは諸説あるようですが、昔の羊を数えることに由来する説があり、手足の指の合計ではないかという話です。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 主人公・主役のprotagonist / hero / lead characterの意味の違い

    英単語の意味と使い方

    主人公・主役のprotagonist / hero / lead characterの意味の違い

    映画や小説などの物語における「主役・主人公」を表す言い方にはhero(…

  2. talent(タレント)

    英単語の意味と使い方

    タレント(talent)の英語での意味と使い方

    英語でタレント(talent)といった場合には「才能」の意味が多く、こ…

  3. outline(アウトライン)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    outline(アウトライン)の意味と使い方

    outline(アウトライン)は大きく2つぐらいの意味にわけて考えるこ…

  4. 花粉症

    USA / アメリカの文化

    花粉症・アレルギーを英語でいうには?

    春になると花粉症でつらい思いをする人も多いと思いますが、英語で花粉症は…

  5. in-the-name-of
  6. choke(チョーク)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    choke(チョーク)の意味と使い方

    choke(チョーク)とは息を詰まらせること、呼吸ができなくなるような…

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. shoes(靴・シューズ)の単数形と複数形の使い方
  2. 匂い
  3. ミッションインポッシブル
  4. mimic
  5. カタカナ




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. brute / brutal / brutalityの意味と使い方
  2. limit(リミット)とlimited(リミテッド)の意味と使い方
  3. structure / restructureの意味と使い方
  4. again / once again / once more / one more timeの意味と使い方の違い
  5. squeeze(スクイーズ・しぼる)の意味と使い方
  6. spare(スペア)の意味と使い方
  7. subscription(サブスクリプション)とsubscribe(サブスクライブ)の意味を英語で考える
PAGE TOP