ジミーペイジ

御大ジミー・ペイジの握手会(Handshake event)はおかしい

世界的に有名なロック・バンド「レッド・ツェッペリン」のギタリスト、ジミー・ペイジが東京の紀伊國屋書店でサインイベントを開催するニュースを配信しました。

本人自らが選んだ写真と、自らの言葉で語った自伝をあわせたフォトブック『Jimmy Page』の発売を記念したものです。

この時の告知イベント案内に「握手会も行われる」といった記載があったのですが、英語にしてニュースにするときに「book signing」に変更されました。

Legendary guitarist Jimmy Page to hold a book signing at Kinokuniya
(伝説のギタリスト、ジミーペイジが紀伊國屋書店でサインイベントを開催)

このあたりの微妙な言葉の選択を見ていきましょう。

「レッド・ツェッペリン」はギターのジミー・ペイジを中心とした4人編成のイギリスのバンドで、1968年に結成され、69年にデビューアルバム「レッド・ツェッペリン」をリリースしました。

ペイジはエリック・クラプトン、ジェフ・ベックとともに三大ギタリストと称されることもある(賛否両論あるようですが…)名ギタリストです。

握手会(Handshake event)

そもそも握手会や撮影会にぴったり合う英訳、英語が見つからないそうです。

したがって「Handshake event(ハンドシェイクイベント)」といった言葉を作ると奇妙に聞こえるそうです。

そもそも、こういう場に行けば握手は自然としてもらえるものだし、写真も撮影させてくれることが多いので、それを強調する必要がないからです。それを名目にしたイベントは少し違和感があるみたいですね。

以前から握手会はありましたが、AKB48が大きく影響を与えた日本独自のアイドル文化になりつつあるのかもしれません。

しかもジミー・ペイジはアイドルではなく、ロック界の大御所なので余計にアイドルみたいな「握手会」と言われると変だという話です。

やっていることは一緒でもこれに類似するイベントを指す英語があるのでご紹介します。

英語の各種イベント

book signing

本の出版を記念したサイン会のことで、今回のケースはbook signingが近いです。普通に握手や写真撮影があっても不思議ではないので、そこを強調すると変だという話です。

personal appearance

これは歌手、俳優などが来場(来店)するけれど、別に歌を歌いに来たわけでも、トークをするわけでもない主に登場するだけのイベント形式です。来場イベントです。

だからといって別に握手をしないわけでもなく、チャンスや時間があれば握手や一緒に写真撮影ができるかもしれません。

meet and greet

日本語に訳すと「歓迎・親睦(会)」といったニュアンスや、相手が有名人であれば「ファンセッション」「ファンとの交流会」の意味になります。

通常こういうイベントに行けば握手や写真撮影が可能です。

photo shoot

写真撮影会の意味ですがプロのモデルを撮影するタイプのものです。有名人と一緒に写真撮りましょう!という感じのイベントではありません。

Comic-Con

最近、日本でも耳にする「コミコン」も近いイベントです。元々はSFやアニメ作品に登場する俳優、声優との交流イベントでした。古くはスタートレックのカーク艦長などが来るようなイベントなどです。サンディエゴで行われる大きなコミコンが有名です。

レッド・ツェッペリンとジミーペイジの話

ジミーペイジの写真

レッド・ツェッペリンの『天国への階段』への盗作疑惑について書いたニュースがあったのであわせてご覧ください。

もう70歳を超えているジミーペイジですが、昔から「日本人じゃないの?」といった噂が絶えません。

アジア人顔というか、日本人顔というか、歳をとってからの顔は確かに近所のタバコで店番してても違和感がない、その辺にいそうなおっちゃんみたいな風貌ですね。

Top image : Heinrich Klaffs

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 英語で「パン(pan)」といった場合に何を意味するのか?
  2. 英語で見たハンバーガーとハンバーグの違い
  3. 2016年、はてブで500を超えた英語学習の記事まとめ
  4. 世界のツイッターフォロワー数ランキング!
  5. 日本人は本当に「無神論者で無宗教」なのか?

関連記事

  1. コメディアン

    文化と体験

    海外のコメディ(お笑い)のスタイル

    日本でも漫才や漫談などさまざまなコメディがありますが英語圏でも同じです…

  2. ノーパンツ「

    アメリカ

    ノーパンツデーに見る英語と米語の違い

    「ノーパンツ・サブウェイ・ライド(No Pants Subway Ri…

  3. レッドツェッペリン

    イギリス

    レッド・ツェッペリン『天国への階段』の盗作疑惑を晴らす

    レッド・ツェッペリンによるロックの名曲『天国への階段(Stairway…

  4. ロンドンの地下鉄

    イギリス

    あんたはイスラム教徒なんかじゃない、兄弟よ

    2015年12月5日の夜に、ロンドン東部の地下鉄レイトンストーン駅(L…

  5. エレン・デジェネレス

    アメリカ

    エレン・デジェネレスと差別発言

    アメリカの人気コメディアン、テレビ番組のホスト・司会者として有名なエレ…

  6. オーストラリア

    オーストラリアのジョーク

    ネットでもたまに「アメリカンジョーク」を取り扱った短い文章や会話を見か…

おすすめ記事

  1. lay-lie
  2. 保証する
  3. 眼鏡
  4. シューズ
  5. ifと仮定法
  6. 影響を与える
  7. カタカナ
  8. bread
  9. フリーティー
  10. hatena

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. マイルストーン
  2. 歴史的な
  3. correspond
  4. smell
  5. フィールド
  6. lay-lie
  7. 試験・テスト
  8. thankful
  9. hang
  10. behave / act
  1. ぬいぐるみ

    英単語の使い方と単語比較

    人形・ぬいぐるみなどの英語まとめ
  2. pollution

    英単語の使い方と単語比較

    contaminationとpollutionの違い
  3. 美味しんぼ

    微妙な日本語の翻訳

    英語で振り返る美味しんぼの名言
  4. far

    英文法とライティング

    farの比較級(farther / further)について
  5. trans

    英単語の使い方と単語比較

    trans(トランス)のつく言葉まとめ
PAGE TOP