greet / greeting(グリーティング)の意味と使い方

greet / greeting(グリーティング)の意味の使い方

greetが動詞で丁寧な形で「挨拶をする」「出迎える」といった意味で使われます。ほかにも「知覚される」といった延長にある使い方もあります。

greeting(グリーティング)は挨拶、出迎えること、歓迎などの意味で使われます。またそのままメールやカードの書き出しに挨拶の言葉として「Greetings!」と書かれたりもします。

グリーティングカードなどカタカナでも聞く言葉ですが、ここでは英語のgreetとgreetingという言葉そのものの使い方を例文にまとめています。

greet(動詞)の意味と使い方

greet(動詞)の意味と使い方

greetを動詞で使った場合には公式で丁寧な挨拶をすることを意味します。非常にあらたまった形での挨拶です。

例文

She greeted each of her guests at the front door.

彼女は正面玄関でゲストそれぞれに挨拶をした。

例文

The ambassador greeted each diplomat according to their nations’ customs.

その大使は彼らの国の習慣に従って各外交官に挨拶をした。

迎える、出迎える

出迎える

ある特定の方法で受け入れることで「迎える、出迎える」といった意味です。

例文

She was greeted with cheering fans when she arrived at the airport.

彼女は空港に到着したときに喝采を送るファンとともに迎えられた。

これは受け入れる側、迎える側が必ずしも歓迎しているとは限らないので以下の例文のような使い方も可能です。

例文

His idea was greeted with silence.

彼のアイデアは沈黙で迎えられた。

彼が自分のアイデアを語ったけれども、語り終わったときに誰も何も言わなかったといった状況です。おそらくそのアイデアが聞き手を困惑させるような、あるいはショックを与えるようなものだった感じです。

気づく、知覚される

気づく、知覚される

「気づく、知覚される」の意味もあります。どちらが気づいた側で、気づかれた側になるのか主語になるものに注意が必要です。

これも「〜で迎える」の延長にある考え方で、迎えられた側はその存在に気が付くことになります。

例文

When she opened the door she was greeted with the sounds of many birds.

彼女がドアを開けたとき、たくさんの鳥の音に気づいた。

例文

The scent of fresh bread greeted him upon entering the bakery.

彼はパン屋に入ってすぐに新鮮なパンのにおいに気づいた。

meet-and-greet

「meet and greet」は文字通りで日本語に訳すと「歓迎・親睦(会)」といったニュアンスです。相手が有名人であれば「ファンセッション」「ファンとの交流会」の意味になります。

握手会(handshake event)のような言葉はアイドル的なイベントを連想させます。

大御所のロックスターなどが「握手会(handshake event)」をやるのは言葉として変なのでその場合はmeet-and-greetが使われることが多いです。

例文

Paul McCartney held a meet-and-greet at Tower Records.

△ Paul McCartney held a handshake event at Tower Records.

ポール・マッカートニーがタワーレコードで交流会を開催した。

少し言葉の組み合わせとして大御所ミュージシャンとはあいません。


greeting(グリーティング)の意味と使い方

greeting(グリーティング)の意味と使い方

greetingになると、誰かを歓迎することで「あいさつ、歓迎すること、出迎えること」を意味します。

その方法・やり方はおじぎをしたり、握手をしたり、手をあわせたりと文化や時代によって異なります。

例文

Bowing is a common greeting in Japan.

お辞儀は日本では一般的なあいさつです。

例文

They exchanged greetings and started the meeting.

彼らはあいさつを交わし会合を始めた。

例文

Men used to tip their hats as a greeting.

男性は昔は挨拶として帽子を傾けた。

例文

In America shaking hands is a traditional greeting.

アメリカでは握手をすることは伝統的な挨拶だ。

Greetings(こんにちは!)

そのまま「Hello(こんにちは)」のフォーマルな表現になります。Season’s Greetingsで季節のご挨拶です。

クリスマスやお正月などの休暇の時期の挨拶の言葉です。広告やクリスマスカードの裏などに書かれていたり、メールの冒頭をこの言葉で始めたりすることがあります。

例文

Greetings! Welcome to my new restaurant.

こんにちは! 私の新しいレストランにようこそ。

例文

Season’s Greetings from everyone at ABC Inc.

ABC会社のみんなからの季節のご挨拶です。

greeting card(グリーティングカード)

greeting card(グリーティングカード)

「グリーティングカード」のことで、クリスマスやイースター、卒業のとき、赤ちゃんが生まれたとき、誰かが亡くなったときなどに送られるカードを指します。

例文

Excuse me, where are the greeting cards?

すみませんが、グリーティングカードはどこにありますか?

例文

The pens are in the greeting card section.

ペンはグリーティングカードの場所にありますよ。

「greeting cards」はこのままで、それほど会話に出てくるような表現ではありません。行事ごと全般を表すような表現で、ご挨拶のカードといった雰囲気の言葉です。

これはむしろ「card」だけで表し、Christmas card(クリスマスカード)やget well card(お見舞いのカード)のようにいろんな物事に組み合わされて使われます。

例文

I sent my aunt a Christmas card.

叔母にクリスマスカードを送った。

例文

My friend is sick so I sent her a get well card.

私の友達が病気だから、私は彼女にお見舞いのカードを送った。

例文

Did you send your parents a card for their anniversary?

あなたのご両親の記念日にカードを送りましたか?

グリーティングカードの文化

Hallmark(ホールマーク)

世界的には「Hallmark(ホールマーク)」がグリーティングカードの製造会社、販売店として知られています。祝日ではないバレンタインデーのような日はグリーティングカードを書かないといけないので、ジョークで「Hallmark holiday」と呼んだりするそうです。

グリーティングカードの文化は日本人が想像する以上に欧米の文化圏で根付いています。そう思った切っ掛けがあります。

これはアプリ「ざっくり英語ニュース!StudyNow」に参加してくれているアメリカ在住の日本人ライターくみさんの文章から引用してみます。アメリカは子供が泣いていても放置する子育てが普通に行われています。これに遭遇したくみさんの文章です。

我家の向かいに住んでいる夫婦の女の子が1歳半くらいだった頃、夜中に泣き声が何時間も止まらない日がありました。この風習は分かっていたのですが、夫と「仮に夫婦に何かあって(倒れたり不在など)子供1人なんてことも無きにしもあらず」と話し警察を呼ぼうか迷いましたが、翌日から何日も続いたことで「あーやっぱり”始めた”んだな」ということで静観、近所も夜中に起こされて不眠の日々に付き合わされるわけです。5日程でそれは無くなり、後でその子の父親が「いや~やっと慣れてくれたよ、あっはっは」と嬉しそうに笑っていました。日本人の我々からすると近所迷惑も気になりお詫びのカードでも出しそうですが。

「いやいや、普通の日本人はカードなんて出さないでしょ…」と読んでいて思いました。くみさんの自覚がないだけでかなりアメリカに染まった感覚だと思います。

この件については以下の子育ての記事に全文が書いてあります。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. スペクタクル

    英単語の意味と使い方

    spectacle(スペクタクル)の意味と使い方

    カタカナでもよく見るspectacle(スペクタクル)は視覚、見ること…

  2. develop

    英単語の意味と使い方

    develop / developing / developmentの意味と使い方

    developは「発達する、開発する、成長させる」などの意味がありソフ…

  3. conduct

    カタカナビジネス英語

    conduct(コンダクト)とconductor(コンダクター)の意味と使い方

    カタカナでも「ツアーコンダクター」のように添乗員を指す言葉として広く使…

  4. ハートビートの意味

    英単語の意味と使い方

    heartbeat(ハートビート)とheart rateの意味

    heartbeat(ハートビート)はまさに読んだ通りのheart(心臓…

  5. bread

    日本語から英語への翻訳

    pan(パン)/ bread(ブレッド)/ bun(バン)の違い

    みなさんが毎日食べているパン(食パンやカレーパン)は、もともとはポルト…

  6. dangle

    英単語の意味と使い方

    dangleの意味と使い方

    dangleはhangに近い言葉で、何かがつるされてぶら下がっている状…

おすすめ記事

  1. present
  2. 影響を与える
  3. bread
  4. adjective(形容詞)
  5. hack(ハック)の意味と使い方




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. summit(サミット)の意味と使い方、peakとの違い
  2. lifespanとlife expectancyの意味の違い
  3. disputeとargue(argument)の意味の違い
  4. Tenderの意味と使い方
  5. bunch(束・房)の意味と使い方
  6. clean up / clean out / cleanの意味の違い
  7. clue(クルー)の意味と使い方
  8. craft(クラフト)の意味と使い方




PAGE TOP