pussy cat, kitty, puss, felineなど猫に関連する表現

cat

猫は古くから人間とかかわってきた動物なので、その関わり合いの中から多くの表現、イディオムが生まれています。

日本語でも「猫舌」「猫の手も借りたい」といった猫にまつわる表現は多く存在しますが、これは英語でも同じことです。

今回は猫そのものを表す単語と、英語で猫に関連する有名な慣用表現などを集めてみました。

cat以外の猫の単語

猫を表す言葉としてはcatが一般的です。このcatには「ネコ科」の意味もあるので、トラ(tiger)やライオン(lion)を含めてcatと表現することは可能です。

しかし、そんなことをすれば混乱するので、当然のように文脈が必要になります。動物を専門に扱う雑誌や論文のようなものならばcatでネコ科を指して使われるケースを見かけるかもしれません。

生物としての猫を扱う場合にはfelineもよく使われます。felineについは別記事で詳しくまとめたものがあります。

kitty / kitten

kittyは「ハローキティー」などでおなじみですが、これは「ネコ」を全般的に指す言葉です。

一方のkittenは明確に「子猫」を指しています。赤ちゃんの猫です。

kitty catのように2つを重ねて使うこともよくあります。

I have a cat.
I have a kitty.
I have a kitty cat.

pussy cat / pussy / puss

pussy catも「ネコ」全般に使われますが、なんとなくおとなしい感じの猫を連想させる言葉です。pussyは省略されて「puss」とも表現されます。

少し気をつけたいのは、実はpussy / pussどちらも女性の性器を表すスラングとして使われることがある点です。

pussyだけでもネコを指すことができますが女性器の隠語でもあるので、使い方や状況に気を付けないといけない言葉です。

He found a pussy in his bed.
彼はベッドでpussyを見つけた。

このpussyの使い方は「ネコ」とも「女」とも両方の意味に取られかねない危険な表現です。

He found a puss in his bed.
彼はベッドでpussを見つけた。

pussであればpussyと比べると誤解される可能性は減るものの、言葉の選択としてはやはりあまり良いとは言えません。

ネイティブスピーカーであればおそらくpussやpussyを単体で使うのは避けて、「ネコ」の意味を明確にするために「pussy cat」というきちんとした形で表現します。

He found a pussy cat in his bed.
彼はベッドでネコちゃんを見つけた。

その他の猫を表す単語

「野良猫」のように特定の言葉と組み合わさって、ある猫の種類や状態を指すケースも多いです。以下が代表的な言葉の組み合わせです。

すべて猫そのものを指しています。

stray cat(野良猫)
alley cat(路地をうろつく猫)
wildcat(野生の猫、野猫)
house cat(飼い猫)
tomcat(オスの猫)

これらは意味としてはそのままな感じがしますが、よく組み合わさって用いられる相性の良い言葉です。

ネコそのものではなく人間に対して「pussy(弱い、臆病)」といった感じで比喩的にネコの特性を用いているケースもあります。

He is a pussy.
彼は弱っちい。

ネコの熟語・イディオム

ネコを使った熟語は日本語でも本当に多いですが、英語でもまだ使える代表的、有名なものをピックアップしてもらいました。

探せば大量に出てくるとは思いますが、まだ実用性がある表現を選んでいます。

rain cats and dogs

「どしゃぶりの雨」「大雨が降る」の意味を持つ有名な表現です。語源としては諸説あるようではっきりしません。

cat got your tongue

getの代わりに「have(has)」が使われたりしますが、直訳すると「猫が舌をつかんだ」で黙りこむ、言葉につまるなどの意味になります。

これは疑問文に使われることが多いようです。

Has the cat got your tongue?
猫が舌をつかんだのか?=なんで黙ってるの?

ネイティブに「子供に向かっていうこと? 大人にいったら挑発してる雰囲気にならない?」と確認したんですが、そんなことはないそうです…。字面と雰囲気を見ると、挑発されてそうな感じもしますが。

海外サイトを見ると「大人から子どもに向かって使われることが多い」とは確かに書いていますが、大人同士でも普通にカジュアルな感じで使えるみたいです。

fight like cats and dogs

日本でいう「犬猿の仲」に近い、激しく喧嘩する、激しく口論するといった意味です。

カナダ人のスティーブに「猿じゃないんだ」と確認したら「北米はあんまり猿いないしね」といっていました。調べてみると確かに北米って野生の猿がいないみたいですね。

let the cat out of the bag

「秘密を漏らす」という意味で直訳すると「猫をカバンから出す」になります。

語源は「袋に入れた猫を『豚が入っている』と嘘をついて売ろうとしたら、袋を開けられて、秘密がばれてしまった」という話が元になっています。

豚と猫ってそもそも大きさが違うし鳴かれたら一発でバレる話なんで、なんでこんなエピソードが生まれたのか不思議ですね。

以下の文章は同じ意味になります。

He let the cat out of the bag.
=He told the secret.
彼は秘密を漏らした。

scaredy cat / fraidy cat

どちらも口語表現で「臆病者」「意気地なし」といった意味になります。

He is a scaredy cat.
彼は臆病者だ。

scaredy cat は性格として常に「臆病・意気地なし」を意味しています。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. via

    英単語の意味と使い方

    viaの意味と使い方、by, throughとの違い

    viaは「~を経由して、~を通って、~を用いて」を意味する前置詞でラテ…

  2. slump

    英単語の意味と使い方

    slump(スランプ)の意味と使い方

    slump(スランプ)はカタカナと同じ「不調」の意味が英語にもあるので…

  3. select

    英単語の意味と使い方

    「選ぶ・選択する」のselect / choose / pickの違い

    「選択する、選ぶ」を意味するこの3つの言葉は置き換えて使うこともできま…

  4. 英単語の意味と使い方

    onceの様々な使い方

    onceは大きくわけると「~するとすぐに、~した時点で(接続詞)」の意…

  5. shake(シェイク) / shake upの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    shake(シェイク) / shake upの意味と使い方

    shakeは「振る、揺する」ですがこの意味で使う場合にはshake u…

  6. 幼稚園

    アメリカ

    kindergarten, preschool, elementary schoolの違い

    「preschool(プレスクール)」と「kindergarten(キ…

おすすめ記事

  1. manager
  2. 飲み放題
  3. 匂い
  4. middle finger
  5. フリーティー




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. live(ライブ:形容詞)の意味と使い方
  2. volunteerの意味と使い方、ボランティアは無償なのか?
  3. life(ライフ)の意味と使い方
  4. seed(シード・種)とseedyの意味と使い方
  5. method(メソッド)の意味と使い方
  6. secrecy / secret / secretiveの意味の違い
  7. prohibitの意味と使い方
  8. burner(バーナー)とstove(ストーブ)の意味と使い方




  1. 日本車

    商品のネーミング検証

    フォーブスの「日本車の変な名前」の記事への意見
  2. 活発にする・駆り立てる

    英単語の意味と使い方

    driven(ドリブン)の意味と使い方
  3. 英単語の意味と使い方

    onceの様々な使い方
  4. ビヨンセ

    政治と社会問題

    2016スーパーボウルのビヨンセの政治的パフォーマンス
  5. put on / wear

    イディオム・熟語・慣用句

    「服を着る」のput on / wear / dressの違い
PAGE TOP