弱虫・臆病者・怖がりを英語でどう表現するか?

弱虫

弱虫・臆病者・怖がりを表す英語のスラングはけっこうあるので代表的なものをご紹介します。カタカナでも有名なチキン(chicken)については少し混同しやすい要素があるので記載しています。

他にも探せばまだまだ存在すると思うので、見つけ次第、随時加えていきたいと思います。極端に汚い言葉ではありませんが、使う場面や相手は少し気を使ってもいいと思います。

chicken(チキン)

臆病者の意味では「チキン」が日本ではよく知られているのではないでしょうか。映画の『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で知ったという人が多いかもしれません。

主人公のマーティが「chicken(臆病者)」と挑発されて、「Nobody calls me chicken!(誰も俺を臆病者と呼ばない!)」と言ってキレていましたね。

細かい違いですが、次に紹介するpussy, wuss, wussyには「(態度・気持ちが)怖がり、臆病者」と「(腕っぷし・喧嘩が)弱い」の両方の意味があり、どちらか、またはその両方の意味で使われます。

Mayweather is a pussy, he is going to lose against McGregor.
メイウェザーは弱い、マクレガーに負けるだろうね。

上の例文では「弱い」の意味のみで使われています。この発言をしている人がプロボクサーのメイウェザーは弱い、雑魚だと思っています。

chickenには「弱い」というニュアンスは含まれておらず、「怖がり、臆病者」だけの意味になります。何かアクションを起こそうとしたときに「ビビっている」その場の態度を表しています。

Come on John, don’t be a chicken and eat the spider!
なあジョン、ビビッてないで、クモを食べてみろよ!

× Mayweather is a chicken, he is going to lose against McGregor.

メイウェザーはプロボクサーであり、試合を受けている以上は「怖がり、臆病者」とはいえません。以下の表現であれば可能です。

Mayweather is a chicken, he is not going to fight McGregor.
メイウェザーは臆病者だ。マクレガーとは戦わないだろうね。

強い対戦相手との勝負を最初から受けない場合は「chicken(臆病者)」と表現することは可能です。

pussy

ネコの性質に関連する言葉で「弱い男(腕力)」と「怖がりの男(態度)」として使われます。どちらかの意味もあれば、両方を含むケースがあります。

喧嘩に逃げ腰だったりめそめそしているような男性に対して、男同士の間でよく使われる「弱弱しいやつ、女々しいやつ!」といったあざける表現です。

pussyは「クモを食べてみろよ」のような、男同士の子供っぽいやり取りの中で見かけることが多い言葉ですが、一般的にはそれほど攻撃的な言葉とは見なされていません。

Come on John, don’t be a pussy and eat the spider!
なあ、ジョン。ビビってないでクモを食べてみろよ!

Mayweather is a pussy, he is going to lose against McGregor.
メイウェザーは弱い、マクレガーに負けるだろうね。

日本語の「女々しい」は時代的にあまりテレビなどでは見かけなくなりましたが、pussyはコメディなどでは多く見かけます。

これは同時にpussyの隠語である生殖器の意味からくる「女」と関係している、あるいは猫の弱弱しい感じからと思われますがはっきりしたことはわかりません。

scaredy cat / fraidy catなど猫を「臆病」ととらえて人間に対して使う表現は他にもあります。どちらも口語表現で「臆病者」「意気地なし」といった意味になります。

He is a scaredy cat.
彼は臆病者だ。

wuss / wussy

wussやwussyも同じ「弱い男」「怖がりの男」の意味です。

pussyよりも侮辱や攻撃のニュアンスは薄まり、特にテレビなどでより広く使われています。

wussの方がより使われますが、wussyでも同じ意味を表せます。

Come on John, don’t be a wuss(wussy) and eat the spider!

Mayweather is a wuss(wussy), he is going to lose against McGregor.

チキンも含めて女性に対していえるのか? といった話については、そもそも子供が使う言葉であって、いい大人はこのような発言をしません。

言える言えないはルールはなく可能だとは思いますが、どっちにしろいい大人だったら言わないのがベストだという意見です。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. gritty

    英単語の意味と使い方

    gritty / grittierの意味

    アプリ内の映画を扱ったニュースの中で「gritty(砂のような、砂利の…

  2. 適切な
  3. history(ヒストリー)

    英単語の意味と使い方

    history(ヒストリー)の意味と使い方

    history(ヒストリー)は「歴史」の意味ですが、人類の歴史よりもよ…

  4. leave behind

    英単語の意味と使い方

    leave behindの使い方

    leaveそのものにいろんな意味がありますが、その中に「~を残す、置き…

  5. チャンネル

    和製英語とカタカナ英語

    channel(チャンネル)の意味と使い方

    カタカナでテレビ番組の「チャンネル」としてよく使われる言葉ですが、動詞…

  6. raise eyebrows

    イディオム・熟語・慣用句

    raise eyebrows(眉毛をあげる)=驚かせる

    raise eyebrowsを直訳すると「眉毛をあげさせる」ですが、誰…

おすすめ記事

  1. センテンススプリング
  2. 支持する
  3. bread
  4. manager
  5. all-you-can-eat




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. smuggle(密輸する)の意味と使い方
  2. summit(サミット)の意味と使い方、peakとの違い
  3. lifespanとlife expectancyの意味の違い
  4. disputeとargue(argument)の意味の違い
  5. Tenderの意味と使い方
  6. bunch(束・房)の意味と使い方
  7. clean up / clean out / cleanの意味の違い
  8. clue(クルー)の意味と使い方




PAGE TOP