ラット(rat)とマウス(mouse)の違い

rat

ラット(rat)とマウス(mouse)の違いについては、生物学的な違いと受けるイメージの差の問題があります。

ミッキーマウスはねずみのキャラクターですが、ミッキーラットといってしまうと、非常にうすぎたないものになってしまいます。

このように生物としては同じ、あるいは近いものであっても、商品やキャクター名にするときには注意しないといけない動物があります。

それは「ねずみ」「鯉」「鳩」などがあるのでご紹介します。

ラット(rat)とマウス(mouse)の違い

英単語としてのラット(rat)は汚らしいドブネズミのようなもので、より大きなネズミをイメージさせます。

一方のマウス(mouse)はかわいらしい小型のペットとして飼うようなネズミを指します。

生物学的には野生のドブネズミ、クマネズミ属を改良したものがratで、小さなハツカネズミがmouseといった分類は可能です。

しかし英語ネイティブでも、あるネズミを見た場合に瞬時に生物学的な知識で判断するわけではないので、一般的な見た目のイメージと大きさなどによる使い分けです。

ある日本人が宿泊したホテルの部屋にネズミが出たのでフロントデスクに電話をして「マウスが出た!」といったら「違う、ラットだ」と言われた笑い話があります。

広島カープの「Carp」

これも言葉によって受ける印象が異なる動物で、あまりスポーツチームとしては良い名前ではないそうです…。

英語では鯉は二種類表現がありcarpとkoiでそのまま日本語は英単語として認知されています。

carpといえば川の底のゴミを食べているような、薄汚い茶色い鯉を指します。あまり鮮やかな色ではありません。

carp(グーグル画像)

一方で広島カープの鯉は、ニシキゴイなどのカラフルで鮮やかな鯉です。こちらは「koi」として認識されています。

koi / 鯉(グーグル画像)

こういった事情からスポーツチームとしてはあまり印象の良い名前ではありません。

鳩のpigeonとdove

ratとmouseの違いがそのまま当てはまるのは鳩を意味するpigeonとdoveです。

pigeon(ピジョン)は一般的な路上で見かける、灰色と濃い灰色のまざったハトのことです。よくクルックー、クルックーと朝方に鳴いています。

一方のdove(ダヴ)は平和の象徴とされ、オリンピックなどの開会式で飛ばされることになる、真っ白なハトのことです。

そのきれいな姿から英語圏でも商品名になったり、穏健派の人を描写する「ハト派」などのイメージにもつながっています。

pigeon(グーグル画像)

dove(グーグル画像)

このように意味的には同義、生物学的に同じ、近いものであっても、英単語として受けるイメージがかなり異なるものがいくつかあるので、特に商品名などにする場合は考慮してもいい要素だと思います。

動物の単数形と複数形の問題については別の記事にまとめたものがあります。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. stackの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    stackの意味と使い方

    stackは動詞で物体を「積み重ねる、積み上げる」ことを意味します。そ…

  2. カットイン

    英単語の意味と使い方

    cut inとcut offの違い

    似たような「cut in」と「cut off」の表現が登場したので違い…

  3. indeed

    カタカナビジネス英語

    英語の「indeed」の意味と使い方

    indeed(インディード)は品詞としては「副詞」にあたり、何かを強調…

  4. コマーシャル

    カタカナビジネス英語

    commercial(コマーシャル)の意味と使い方

    コマーシャルといえばカタカナではテレビ番組の合間に流れる宣伝を思い浮か…

  5. ファックについて

    スラング

    fuck(fucking)の意味と使い方

    fuckin' (fucking)は映画のセリフなどでも使われる有名な…

  6. 便名・型番

    英単語の意味と使い方

    数字3桁の型番や便名を英語でどう発音するか?

    例えば飛行機の「Boeing 777(ボーイング777機)」といった機…

おすすめ記事

  1. 〇〇風
  2. 英語の先生
  3. カタカナ都市名
  4. 支持する
  5. 炎上




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. equip(装備させる)とequipped withの意味と使い方
  2. scene(シーン・場面・光景)の意味と使い方
  3. come with / come complete withの意味と使い方の違い
  4. episode(エピソード)の意味と使い方
  5. 「I’m fine, thank you. And you?」と教科書で本当に習うのか? ネイティブは言わないのか?
  6. equipment / tool / facility / machineの意味の違い
  7. scoop(スクープ)の意味と使い方
  8. wave(波・手を振る)の意味と使い方




PAGE TOP