トランプ大統領のツイッターでの英語の特徴・名言

トランプ大統領のツイッターの特徴・名言

トランプ大統領はツイッターでさまざまな問題発言や名言、珍言やおもしろい誤字、脱字をツイートしています。

このページでは話題になった面白ツイートや、トランプ大統領のツイッターの書き方の特徴などをまとめてみました。

実はホワイトハウスのスタッフが書いているのではないかといった話も出ています。

大文字の使い方が変

トランプ大統領のツイッターの英語でよく見るのが、やる必要のない大文字化(capitalization)があります。以下のトランプ大統領の文法ミスを指摘するアカウントのツイートが書くように、やる必要のない普通名詞の先頭を大文字にしています。

ドイツ語は名詞を大文字にするので、この人も「ドイツ語じゃない」と指摘しています。

言葉遣いが変

文字の間違い以外にもトランプ大統領の場違いな言葉遣いが物議をかもしていました。

5月の最終月曜日はアメリカでは戦没将兵追悼記念日、メモリアルデイで兵役中に亡くなったアメリカ合衆国の人々を追悼する日です。

ここでのツイートで「Happy Memorial Day!」と、イースターと同じぐらいのノリでツイートしていました。その後に続くコメントも他人事のようで、さすがに顰蹙を買っていました。

他にもテキサスで銃乱射事件があった直後のツイートでは、自国の大事件のわりには「テキサスの学校での銃撃事件はやばそう」と他人事のようなツイートをしています。

トランプ大統領の造語

ちょっとしたミスでもネタにされやすいのですが、いくつかトランプ大統領が作った造語があります。造語が出るたびにニュースになりますね。

unpresidented

ニュースに登場する「unpresidented」は実際には存在しない単語で、2016年12月にトランプ大統領が投稿したスペルミスです。

南シナ海で中国がアメリカの無人水中探査機を奪ったことに対して「前代未聞の(unprecedented)行為だ」と批判するつもりが「unpresidented」とツイートしてしまいました。

投稿の数時間後に「unprecedented」に修正されていますが、「大統領にふさわしくない」とも読める「unpresidented」は当時、多くのメディアが揶揄して一斉に報じています。

covfefe

2017年5月31日の深夜0時すぎにトランプ大統領が書きかけのように見えるツイートを投稿しました。そこには誰も知らない単語「covfefe」が書かれていたため、ツイッターが大喜利やコラージュ画像で盛り上がっていました。この投稿は5時間ぐらいそのままで、朝方に削除されています。

「”Despite the constant negative press covfefe.(定期的なネガティブな報道機関のcovfefeにも関わらず…)」の文脈だったので、おそらくは「press coverage(マスコミ報道)」と書こうとしていたのではないかといった意見が優勢でした。

covfefeを商標として取得しようとする動きがあったり、ドメイン名のcovfefe.comが商標取得済みでTシャツが販売される、陰謀説が広まるなど、さまざまな方面に広がっています。

トランプ大統領もスポークスマンも「誤字」であるとは認めておらず、わかる人にはわかる単語だそうです。「誰か”covfefe”の本当の意味がわかるかな???楽しんで」と後に本人がツイートしています。

実はスタッフが書いている?

いくつかの情報筋によるとトランプ大統領のツイートの文字のミス、特に必要のない大文字化などについては、スタッフがまねたものだという話が出ています。スタッフが書いた候補の中からトランプ大統領が選んでいるといった話です。

このような事実はトランプ大統領のツイートを熱心に見ていた人なら「やっぱりそうか」といった驚きのないものだそうです。

特にでたらめに大文字化が増える時期があり、いくらなんでもそこまで間違わないだろうといったやりすぎ感も出ていました。それでも、スタッフ達も少しずつ似せ方がうまくなっているようです。

アメリカの大統領であり、一言が世界の経済や平和情勢に大きな影響を与える人物なので、ノーチェックで配信されているとは思えませんでしたが、あらためてチェック体制や配信にいたるまでの経緯が漏れた形になります。

そのわりにトランプ大統領は「covfefe」などどこまで本人の独断でどこまで意図的なのかわからないケースがけっこうあります。

トランプ大統領ツイッター図書館

ドナルド・トランプ大統領のツイートを集めて展示する期間限定の企画展「トランプ大統領ツイッター図書館」が2018年の夏にアメリカで開催され話題になりました。

これは歴代大統領の文章が保管されている大統領図書館のパロディーとして、深夜コメディー番組『ザ・デイリー・ショー』が企画したもので、第1回は2017年6月にニューヨークのミッドタウンで開催され数時間待ちの行列ができるほどの人気でした。

5300万人以上(2018年7月現在)ものフォロワーをもつトランプ大統領の数々の攻撃的なツイートや同じ話題についての矛盾する投稿などを取り上げました。

いくつか同図書館に展示されているツイートをご紹介します。特に話題を呼んだツイートは金の額縁で掲示されているようです。

例えば2016年5月の大統領選の最中に「メキシコ国境に壁をつくる」と言う一方で、「私はヒスパニックが大好きだ!」とのコメントを添えて笑顔でタコスを食べている投稿が飾られています。

他にも上で取り上げた「covfefe」の投稿も金縁です。

ホワイトハウスの執務室を再現したコーナーには金色のトイレが置かれており、用意されているトランプ大統領のトレードマークの金髪のカツラや赤いネクタイをつけてトイレに座ってツイッターをしながら記念写真を撮ることができるようです。

また「ひねくれヒラリー(クリントン元国務長官)」や「リトル・ロケットマン(金正恩氏)」などトランプ大統領が敵対する相手につけたニックネームとともに政治家らのイラストが並ぶコーナーもありました。

気に入らない相手をツイッターであからさまに批判する大統領はそれこそ前代未聞ですが、本人は「私のソーシャルメディア使用は大統領らしくないというが、これが『いまどきの大統領』なんだ。アメリカを再び偉大に!」と就任後しばらく経った頃に投稿しています。

TIME誌はフランクリン・ルーズベルトにはラジオが、ケネディにはテレビが、トランプにはツイッターがあると評しています。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ブラックジョーク

    アメリカの文化

    ブラックジョークと黒歴史を英語で考える

    英語にもブラックジョーク(black joke)という単語が存在します…

  2. 高い

    イディオム・熟語・慣用句

    high / height / tallの違いについて

    どれも「高さ」に関連する表現ですが、ニュースでは人の身長や建物の高さな…

  3. feather in the cap

    イディオム・熟語・慣用句

    feather in the capの意味

    アメリカが2016年内にISIS(イスラム国)を壊滅させる計画があると…

  4. 担当責任

    イディオム・熟語・慣用句

    in charge of / responsible forの違い

    どちらも似たような言葉ですが、一般的な解釈ではin charge of…

  5. アメリカの文化

    アメリカのコストコがアメックスとの提携を解消

    共にアメリカを代表する企業のコストコとアメックスが提携を解消したニュー…

  6. 最も影響力がある指導者2015

    政治と社会問題

    リーダー編:2015年Timeが選ぶ最も影響力がある100人

    毎年、アメリカのニュース雑誌TIMEが『最も影響力がある100人』とし…

おすすめ記事

  1. Japanese
  2. お客さん
  3. bread
  4. mimic
  5. ハンバーグ




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. shadowの動詞・名詞での意味と使い方
  2. script(スクリプト)の意味と使い方
  3. 「はしゃぐ」「はしゃぎまわる」の英語は?
  4. vessel(船・容器・血管)
  5. step up(ステップアップ)の意味と使い方
  6. business(ビジネス)の意味と使い方
  7. tempt / temptationの意味と使い方
  8. lethal(リーサル)の意味と使い方




PAGE TOP