hint(ヒント)の意味と使い方

hint(ヒント)の意味と使い方

hint(ヒント)はカタカナでも使われるようにクイズなどの答えに近づくための情報を意味しますが、英語では動詞でも使うことができ「ほのめかす」といった使い方もあります。

似たような意味では「giveaway」も近い意味ですが、こちらは答えに露骨につながるような物事を指す言葉です。

ここでは動詞でのhintの使い方を中心に例文にまとめています。あわせて『question(動詞)とin questionの使い方』もご覧ください。

hint(at)の意味と使い方

ヒントは動詞で使うと「ほのめかす、それとなく言う、示唆する」の意味になります。これは質問されていない状態、問われていない場合でも使えます。

使い方は以下の例文を参考にしてください。後ろにthatを置くことも、そのまま名詞を置くこともできます。

例文

She hinted at a big announcement.

彼女は大きな発表をほのめかした。

例文

She hinted that she was going to quit.

彼女はやめることをほのめかした。

例文

The president hinted that he would go to war.

大統領は戦争になることを示唆した。

例文

The president hinted at war.

大統領は戦争をほのめかした。

例文

The end of Spider-man hinted at a sequel.

『スパイダーマン』の終わり方は続編があることをほのめかしていた。

例文

On December 3rd at the Malta Summit, US President George Bush and Soviet leader Mikhail Gorbachev both hinted that the end of the Cold War is near.

12月3日のマルタ会談では、アメリカ大統領ジョージ・ブッシュとソビエトの指導者ミハエル・ゴルバチョフは共に、冷戦の終わりが近いことを暗示した。

名詞のhint

そのまま名詞では「ヒント」です。何か答えの鍵となるようなことです。この場合は動詞でdropを使うと「意図的に言葉にする」といった意味になります。

例文

She dropped a big hint on how to solve the puzzle.

彼女はそのパズルの解き方の大きなヒントを口にした。

スリーヒントクイズ(問題)

ここで息抜きにスリーヒントクイズをやってみます。以下の英文は誰を指しているでしょうか?

答えはページの最後に書きます。いくつめのヒントでわかるかな? すごく有名です。

Hint #1

According to a 2001 survey, 96 percent of American children know him. He’s a popular guy!

Hint #2

He is famous in Japan, but since 2007 he hasn’t been seen in TV commercials. He isn’t seen as much anymore.

Hint #3

He’s a famous fast-food mascot. He has curly red hair and striped red and white clothes.

(dead)giveaway

giveawayまたはdead giveawayで「秘密をばらしてしまうこと」みたいな意味があります。これも考え方としてはhintに近いものです。

辞書に掲載の意味では少しつかみにくいですが、秘密をばらしてしまう物事です。

hintと比較するとヒントは知ることになる鍵・情報であり、場合によっては気づかない可能性や答えにたどり着かないケースもあります。

giveawayは他人が見て明らかなまるわかりの秘密をばらす要因・行動・動作を指して使われます。

日本語で1単語で言い表せる概念があるのでしょうか。

例文

I knew about the surprise party because the cars in front of the house were a dead giveaway.

私はサプライズパーティーについて知っていた。なぜなら、家の前の車が秘密をばらす原因だった。

クイズの答え

上に書いたクイズですが日本語にすると以下のとおりです。

『2001年のある調査によると、アメリカの児童の96%が彼のことを知っています。彼はとても人気もの!』

『日本でも有名ですが2007年以降、テレビCMでの彼の出演はありません。見かけることが少なくなりましたね』

『彼は有名なファーストフードのマスコットキャラクター。赤い巻き髪、赤と白の縞模様の服が特徴です』となります。

わかったかな? 答えはみなさん、さすがにおわかりだと思います。マクドナルドのピエロことドナルド・マクドナルドでした!

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. designate

    英単語の意味と使い方

    designate(指名する、指定する)の使い方

    designateは「指名する、指定する」なので、誰かや何かをある地位…

  2. AR

    英単語の意味と使い方

    augmented reality / AR(拡張現実)の意味を英語で考える

    ニュースにたびたびaugmented reality / ARの話題が…

  3. フィールド

    Area / 場所・地域・国・方角

    field(フィールド)の意味と使い方

    カタカナでもよくフィールドが使われますが、文脈を丁寧に見ると個々には別…

  4. recreation(レクリエーション)とre-creationの違い

    英単語の意味と使い方

    recreation(レクリエーション)とre-creationの違い

    recreationが「レクリエーション、気晴らし」などの意味で、re…

  5. official の意味

    英単語の意味と使い方

    official / officials / officerの意味の違い

    officialはカタカナの「オフィシャルスポンサー」のような使い方が…

  6. cause(原因・引き起こす)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    cause(原因・引き起こす)の意味と使い方

    causeは名詞で使った場合には「原因・要因」のほかにも社会的な運動の…

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. accident / incident
  2. 花粉症
  3. fix / repair / mend
  4. 赤ちゃん
  5. 保証する




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. otherwiseの意味と使い方
  2. faith / faithfulの意味と使い方
  3. singular(単数形)とplural(複数形)の使い方
  4. blackout(ブラックアウト・停電)の意味と使い方
  5. union(ユニオン)とunity(ユニティー)の意味の違い
  6. exclusive / exclude / exclusivelyの意味と使い方
  7. lesson(レッスン・教訓)の意味と使い方、lectureとの違い
  8. recipientの意味と使い方、receiverとの違い




PAGE TOP