ソウルフード(soul food)の意味を考える

ソウルフード

最近、大阪ならばたこ焼きやお好み焼きに対して「大阪人のソウルフード」といった表現を見かけるようになりました。

しかし、英語でsoul foodといった場合にはそれは黒人文化に根ざした黒人の料理を指します。

なぜこのようなカタカナの使われ方になったのかは不明ですが、言葉としての「ソウルフード(Soul food)」を取り上げてみます。

ソウルフードとは?

中東のカタールで「おにぎりフェア」が開催されるニュースをアプリで配信しました。おにぎりフェアの公式ホームページには以下のように書かれていました。

現地の外国人シェフたちに日本のソウルフード・ファストフード・スローフードである「おにぎり」の握り方を伝授します

この引用でアプリ内で配信した英語のニュース文にも「ソウルフード」を入れたのですが、英文を書いたスティーブに止められました。

英語で書いてしまうと黒人の伝統的な家庭料理として受け止められてしまう可能性が高いからです。

歴史をたどればアメリカ南部の奴隷制度の中で生まれた料理で、あまりよい部分とされないホルモンや内臓系などを中心に構成されたような料理です。大阪の「ホルモン」に通じる文化があります。

いくつか代表的なソウルフードの写真があります。チキン、豚肉、黒目豆などがあり、わりと高カロリーです。

ソウルフードの写真2

チキンの写真

ソウルフードのディナー

今では健康的な料理とは言いがたいけど、特に悪いニュアンスではなく差別的な意味はない「伝統の黒人料理」といった感じだそうですが、日本人がカタカナで使う意味とは少し違います。

基本的には家庭料理ですが、それを提供するレストランも南部の州やニューヨークなどの都会にも存在しています。

例文

There are some great soul food restaurants in the Southern states.

南部の州にはいくつかの素晴らしいソウルフードのレストランがある。

ウィキペディアにかなり細かく料理などが紹介されています。

ソウルフード(Wikipedia)

ソウルフード(カタカナ)をどういうか?

ソウルフードを食べる女性

カタカナのソウルフードはそのまま英語にすると意味を誤解される可能性が高いので書き換える必要があります。

そもそもカタカナの「ソウルフードが何か?」という定義の問題があります。

例えば下関は「ふぐ」が有名で郷土料理とはいえますが高価です。こういうのはあんまりソウルフードとはいわないはずです。

名古屋の人にとって「ういろう」がソウルフードかといえば、これもちょっと違うと思います。名産品とも性質が異なります。

安価で庶民が普段から食べられる、常食にしているようなもの、B級グルメに分類されるのがソウルフードだとは思いますが、ぴったり合う英語がありません。

候補としては以下のような言葉が浮かびます。

例文

Okonomiyaki is an iconic food of Osaka.

お好み焼きは大阪の象徴的な食べ物だ。

例文

Okonomiyaki is a signature food of Osaka.

お好み焼きは大阪の特徴的な食べ物だ。

例文

Okonomiyaki is deeply entrenched in the culture of Osaka.

お好み焼きは大阪の文化に深く根差した食べ物だ。

代表的な料理を指すならば以下の記事で「アメリカ各州の代表的な料理」を紹介していますが、ここでは「signature Food」が使われています。

signature(シグニチャー)は「署名」などの意味もありますが「他と区別される特徴、特徴的な性質」といった意味もあります。

特徴的、代表的で他にないものであれば必然的に地元でも愛されていく性質のものなのでカタカナの意味する「ソウルフード」にも近いかもしれません。

もしくは翻訳する人によって単にfamous(有名な)popular(人気の)を使うかもしれません。

comfort food

趣旨とは少しずれますがcomfort foodという言葉があり、食べるとほっとするような料理で故郷を思い出すような料理に対してよく使われます。

例文

Cup Noodle is a comfort food for many Japanese people abroad.

カップヌードルは海外に住む多くの日本人にとってコンフォートフードだ。

食べると安心してしまうような変わらない味でなつかしいものです。

寿司などは世界中で食べられますが、カリフォルニアロールみたいなものなどに変化しているので、あまりコンフォートフードではありません。

日本人にとってのカップヌードルや、アメリカ人にとってのマクドナルドなどがコンフォートフードにあたる存在です。

カーネル・サンダースが話題になる

アメリカの掲示板サイトRedditで何年か前に日本のカーネル・サンダースが話題になっていました。

該当のスレッド:For fucks sake Japan(Reddit)

この投稿者も書いていますが、アメリカではステレオタイプなイメージとして「スイカ」と「チキン」が黒人が好む食べ物として、場合によっては揶揄するように使われるケースもあります。

日本のカーネルサンダースが着替えることや、スイカが日本の夏の風物詩であることも説明されており、どこまで本気なのかはよくわかりません。

スイカとチキンを組み合わせると、カーネル・サンダースが南部の農場で黒人を労働させていた農場主に見えなくもないといった意見もありました。

文化の違いで見方が変わるのだという事例としては面白いです。

似たような問題として「ブラックジョーク」や「黒歴史」があり特にアメリカで言うと「黒人のジョーク」「黒人の歴史」として受け止められる可能性が高いです。

今回はソウルフードは意味がカタカナのまま通じない話をとりあげましたが「ソウルメイト」は運命の人のような意味で使えます。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. double

    和製英語とカタカナ英語

    double (ダブル)の使い方

    カタカナでもおなじみの「double(ダブル)」ですが、英語としては、…

  2. change

    changeの類義語

    お釣り・小銭(change)を英語で伝える

    旅行英会話でよく取り上げられますがchangeには「おつり」の意味があ…

  3. middle finger

    アメリカの文化

    中指を立てる動作(ミドルフィンガー)の意味

    映画やアニメなどでおなじみの中指を突き立てるポーズは「the midd…

  4. カーブ

    和製英語とカタカナ英語

    「カーブ」のcurb / curve / carve / carbの違い

    カタカナにしてしまうと全部が「カーブ」になってしまう、日本人にとっては…

  5. face-to-face

    イディオム・熟語・慣用句

    「面と向かって / 直接会って / 対面で」を表すface-to-face

    face-to-face という表現もありこちらは、「面と向かって、直…

  6. コンセント

    和製英語とカタカナ英語

    電源の「コンセント」は英語でどういうか?

    和製英語の代表としてとりあげられるのが電気製品などの「consent(…

おすすめ記事

  1. present
  2. ミッションインポッシブル
  3. accident / incident
  4. 匂い
  5. rich / wealthy




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. circle(サークル)の意味と使い方
  2. material(マテリアル)の意味と使い方
  3. house(ハウス)の意味と使い方
  4. fine(ファイン)の意味と使い方
  5. お世辞のflatterとflatteryの意味と使い方
  6. circulate / circulationの意味と使い方
  7. punch out(パンチアウト) / punch(パンチ)の意味と使い方




PAGE TOP