drill(ドリル)の意味と使い方

drill(ドリル)の意味と使い方

カタカナで「ドリル」といえば「数学のドリルをやる」か「ドリルで穴をあける」のどちらかが思い浮かぶ人が大半だと思います。

英語でもそのまま同じで両方の意味があります。練習・訓練としてのドリルは必ずしも机の上の勉強に限らない身体を動かすタイプの練習にも使えます。

それぞれ動詞と名詞での使い方があり、場合によって比喩的な意味でも使われるので使い方を整理しています。

練習・訓練としてのdrill(ドリル)の使い方

練習・訓練としてのdrill(ドリル)の使い方

同じことを繰り返すような練習方法を指して使います。これは「漢字ドリル」や「算数ドリル」のような言葉と同じです。

ただし、英語のdrillは必ずしも机の上の勉強に限定されるものではありません。防災訓練のようなものまで含まれてきます。

もともとの語源としては軍隊用語だという話です。

例文

He did math drills all day long.

彼は一日中ずっと算数ドリルをやった。

例文

Our school had a fire drill.

私たちの学校は防災訓練があった。

訓練、基本練習、演習

そこからもう少し意味を広げてドリルのような基本の「訓練、基本練習、演習」といった意味もあります。

例文

You all know the drill. Let’s go and finish this job.

あなたは基本はよくわかっているので、この仕事を終わらせましょう。

例文

She’s worked here for a month so she probably knows the drill by now.

彼女はここで1か月働いたので、たぶん、そろそろ基本はわかっている。

drill sergeant

drill sergeant

drill sergeantは「鬼軍曹」みたいな訳もありました。通常は軍隊か警察で新人に厳しく教える教官を指しています。

基本の繰り返して同じことをやる訓練はだいたい新人向けで、それを教える教官は普通は厳しい感じです。sergeant(軍曹)はそこまで階級が高いわけではなく、新人たちの直属の上司・先輩にあたるような地位です。

一般企業の新人教育担当に使えないこともありませんが、あくまで比喩的な表現になります。

例文

She was a drill sergeant at the police academy.

彼女は警察学校での新兵訓練係の軍曹だった。

教えを叩き込む(動詞)

drill(ドリル)は動詞で「教えを叩き込む」みたいな意味でも使えます。

例文

The sergeant was drilling the new recruits.

軍曹は新人を訓練していた。

例文

My parents drilled the importance of brushing my teeth three times a day into me.

私の両親は1日に3回歯を磨くことの大切さを私に叩き込んだ。

穴あけの工具としてのドリル

穴あけの工具としてのドリル

穴あけのドリルの意味もあります。特に一般的な電動のものはpower drillなどとも呼ばれます。

訓練・練習とのつながりですが、はっきりした由来は不明ですが繰り返すことは円形、丸、循環みたいな部分でつながっているのではないかという話です。

例文

I bought my dad a power drill for his birthday.

私は父親の誕生日に電動ドリルを買った。

例文

They used a giant drill to make a hole in the mountain.

彼らは山に穴をあけるために巨大ドリルを使った。

これも動詞でも使えます。

例文

I drilled two holes in the wall so I could hang some paintings.

壁に2つ穴をあけたので、絵をつるすことができた。

例文

They were drilling for oil in the desert.

彼らは砂漠で石油を掘っていた。

比喩としてのドリル

ほかにも比喩的にドリルで掘って穴をあけるかのような強烈なボールを指したりもできます。

例文

He drilled it into left field.

彼はレフトに強烈な穴をあけた。

例文

The star player drilled the ball towards the goal.

そのスター選手はゴールに穴をあけた。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. likelyの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    likelyの意味と使い方

    likelyは「~しそうだ、~が起こりそうだ」といった意味で使われる形…

  2. 「理想の、理想的な」を英語でどういうか?

    英単語の意味と使い方

    「理想の、理想的な」を英語でどういうか?

    「理想の、理想的な」を英語でいうには、まず一般的な訳語としては「ide…

  3. トッピング(topping)の意味を考える

    英単語の意味と使い方

    トッピング(topping)の意味を考える

    アイスクリームやピザに乗せる具などはカタカナでも「トッピング」と一般的…

  4. deem

    英単語の意味と使い方

    deemとconsiderの違い

    deemは「~と考える、~と見なす、~と判断する」を意味する言葉で、ま…

  5. 山田太郎

    英単語の意味と使い方

    英語における山田太郎のような名前

    英語圏で日本の山田太郎のような名前はJohn Smith(ジョン・スミ…

  6. rip off(ぼったくる・パクる・はぎとる)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    rip off(ぼったくる・パクる・はぎとる)の意味と使い方

    もとの「rip」が引き裂く、破くといった意味で紙などをビリビリと破くよ…

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. 外国人
  2. センテンススプリング
  3. 炎上
  4. タクシー
  5. fix / repair / mend




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. otherwiseの意味と使い方
  2. faith / faithfulの意味と使い方
  3. singular(単数形)とplural(複数形)の使い方
  4. blackout(ブラックアウト・停電)の意味と使い方
  5. union(ユニオン)とunity(ユニティー)の意味の違い
  6. exclusive / exclude / exclusivelyの意味と使い方
  7. lesson(レッスン・教訓)の意味と使い方、lectureとの違い
  8. recipientの意味と使い方、receiverとの違い




PAGE TOP