pilot(パイロット)の意味と使い方

pilot(パイロット)の意味と使い方
 

公開日: 最終更新日:2021.08.19

pilot(パイロット)といえばカタカナと同じように主に空を飛ぶ航空機の操縦士を指して使われます。英語ではそのまま動詞で「操縦する、操作する」といった使い方もできます。

また「パイロット版」といった言葉があるように「実験的な、試験的な、お試しの」といった意味合いでも使われる言葉です。このページではpilotの使い方を例文にまとめました。

pilot(パイロット)の意味

pilot(パイロット)の意味

名詞では飛行機などを操縦する人で「パイロット」「操縦する人」を意味します。これがカタカナでも最も一般的な使い方です。

例文

The pilot can fly jumbo jets.

パイロットはジャンボジェットを飛ばすことができる。

例文

My uncle was a fighter pilot in Iraq.

叔父はイラクで戦闘機のパイロットだった。

例文

Alcohol was detected in the pilot’s breath and he was grounded.

アルコールがパイロットの呼気から検出され、彼は地上にとめておかれた。

このpilotはそのまま動詞でも使うことができ「~を操縦する、飛行機を飛ばす」といった意味になります。

例文

My uncle piloted fighter jets in Iraq.

叔父はイラクで戦闘機を操縦した。

どの乗り物がパイロットなのか?

もともとは船の操縦士を指していたそうですが、現代の「パイロット」の指す範囲の感覚は英語とカタカナで近く、一般的には空を飛ぶ航空機(飛行機、ヘリコプターなど)に対してパイロットを使います。

船の操縦士に対してはcaptain(キャプテン)や、あるいは遊びのボートなどならばカジュアルにdriverなどが使われます。

例文

He became a pilot for a shipping company.

彼は輸送会社のパイロット(航空機)になった。

例文

He became a captain for a shipping company.

彼は輸送会社のキャプテン(船舶)になった。

ただし「宇宙船」のような空を飛ぶけれども船とみなされるようなものもあって境界線は曖昧です。

動詞で「操縦する」の意味で使う場合には、名詞よりもやや範囲が広く航空機以外でも船舶にも使われています。

例文

He piloted the ship north.

彼は船を北に操縦した。

試験的な、実験的な

試験的な、実験的な

形容詞で「試験的な、実験的な」といった意味もあります。

もともとpilotは船の舵をとる人で、そのエリアなどに詳しい人間が選ばれ、さぐりさぐり案内しつつ未知の領域を探索して進みました。この意味から、実験的に探りながら何かをテストしていくことに使われています。

例文

The pilot program is going well.

その試験的な計画はうまくいっている。

例文

A pilot program for the driverless cars was held in the city.

自動運転の車の試験計画が街で行われた。

これは同じく動詞でも使うことができ「試験的に行う」です。

例文

They are piloting the program now and it is going well.

彼らはいま計画を試験的に行っており、うまくいっている。

実際のニュースより

The education board in Hiroshima is piloting the use of a robot to help students virtually attend classes while in hospital and gain necessary class credit.

広島県教育委員会が入院中の生徒がコンピュータ上で授業に出席し、必要な授業の単位を取得するのを助けるためのロボットの使用を試験的に行っている。

テレビのパイロット版

テレビのパイロット版とは、お試し番組みたいな感じで、反応がよければレギュラー化されたりするものです。

ドラマや漫画でも見られる方式で、レギュラー化されたときには少し設定が変更されていたり、キャラが変わっている場合もあります。

例文

He starred in a pilot TV show but it failed.

彼は試験的なTV番組に主演したが、失敗した。

例文

He starred in a TV pilot that was never picked up.

彼は(レギュラー化に)一度も取り上げられなかったテレビのパイロット番組に主演した。

例文

The DVD contains the pilot episode.

そのDVDにはパイロット版のエピソードが含まれている。

パイロットランプとパイロットライト

ほかに「パイロット」に関係のある言葉を調べてみると「pilot light」はバーナーなどの種火を指して使われています。

例文

The fire was started by the pilot light on the stove.

コンロの種火で火がついた。

パイロットランプは電気が通っていたりするとわかるようになるランプのことですが、英語圏にもあるもののちょっと専門用語っぽい扱いで、あまり日常で使われている感じではありません。もともとはコックピットの計器についているようなランプだそうです。

カタカナでも「パイロットランプ」と言われても、普通の人にはわかるようなわからないような感じですが、それに近いです。

例文

He checked the pilot lamps in the cockpit.

彼はコックピットのパイロットランプをチェックした。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちのアプリもよろしくお願いします。

新作アプリをリリースしました!

YouTubeのチャンネルはじめました!

リスニングと英語教材のペラペ

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. all-you-can-eat
  2. 「I’m fine, thank you. And you?」と教科書で本当に習うのか? ネイティブは言わないのか?
  3. sit inとsit onの違い、椅子に座るはどちらか?
  4. select
  5. 赤ちゃん

最近の記事

  1. digit(数字・桁・指)とdigital(デジタル)の意味と使い方
  2. hawk(鷹・ホーク・路上販売)の意味と使い方
  3. preparednessとpreparationの違い
  4. assumeの意味と使い方
  5. pilot(パイロット)の意味と使い方
  6. dispenser(ディスペンサー)とdispenseの意味と使い方
  7. appreciateの意味と使い方、thank youとの違い
  8. weaveの意味と使い方
PAGE TOP