School / 学校・試験・教育

  1. プリンシパル

    principleとprincipalの違い

    rinciple(教義、原理)とprincipal(校長)はスペルが非常によく似ていて、発音も同じため間違えやすい言葉だといえます。カタカナにするとプリンシパル…

  2. attend

    attend(世話をする、出席する)の意味と使い方

    attendには大きく「世話をする」の使い方と、何かに「出席する」の2つの使い方があります。名詞もそれにあわせて「出席者」と「世話人」の両方の形があります。…

  3. historicとhistoricalの違い

    historicとhistoricalの違い

    historic(ヒストリック)とhistorical(ヒストリカル)は細かな違いですが、意味することが大きく異なります。『historic:歴史上重要…

  4. testとexaminationの意味の違い

    testとexaminationの意味の違い

    testもexaminationも基本的には同じような意味ですが、ややexaminationのほうが堅い言葉になるため重要な試験や大規模なものに使われやすいです…

  5. 幼稚園

    kindergarten, preschool, elementary schoolの違い

    「preschool(プレスクール)」と「kindergarten(キンダーガーテン)」はどう違うのだろう? と思ったり、外国人と話をしていて「小学校は英語でエ…

  6. translate(翻訳)とinterpret(通訳)の違い

    translate(翻訳)とinterpret(通訳)の違い

    一般的な考え方としてはtranslate / translationは「翻訳」であり、主に書き言葉や文章をある言語からある言語に変えることに対して使われます。…

  7. edtech

    2017年EdTech (エドテック)の展望~本当に来るの?~

    EdTech(エドテック/エデュテックとも)とはEducation(教育)とTechnology(技術)をかけ合わせた造語で、2013,4年ぐらいから「EdTe…

  8. レトリック

    レトリック(rhetoric)の意味を英語で考える

    カタカナでは「レトリック(rhetoric)」と表記され、考え方としては物事を伝える際の言い回しを工夫することで、相手の感情に訴えかける技術・手法です。…

  9. mistake(ミステイク・間違える)の意味と使い方

    mistake(ミステイク・間違える)の意味と使い方

    mistakeは動詞で使った場合には間違えるというよりも「誤解する、混同する、勘違いする」のように考えたほうがわかりやすいと思います。つまり何と何を間違えたのか…

  10. だいたいあってる

    「だいたいあってる」を英語で表現する

    ニュースで日本語の「6年弱で」という部分を表すのに「nearly」を使っていましたが、ほかにもaboutやalmostでも代替可能です。「ほとんど、だい…

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 英語での「髭(ひげ)」の種類と言い方
  2. 「stay at home」と「stay home」の違い
  3. 「CAN YOU CELEBRATE?」の英語の問題点を考える
  4. 「I’m fine, thank you. And you?」と教科書で本当に習うのか? ネイティブは言わないのか?
  5. sit inとsit onの違い、椅子に座るはどちらか?

最近の記事

  1. surviveとsurvivalの意味と使い方
  2. enter / entry / entranceの意味と使い方
  3. simple / simply / simplicityの意味と使い方
  4. dwarf(ドワーフ)とelf(エルフ)の意味と使い方
  5. トラック(truck / track)の意味と使い方
PAGE TOP