mistake(ミステイク・間違える)の意味と使い方

mistake(ミステイク・間違える)の意味と使い方

mistakeは動詞で使った場合には間違えるというよりも「誤解する、混同する、勘違いする」のように考えたほうがわかりやすいと思います。つまり何と何を間違えたのか示す必要があります。

カナダ人のスティーブは「mistake」の使い方を勘違いしている日本人はけっこう多いように思うと言っていました。単純に間違えるの意味で動詞でmistakeを使う人が多いという指摘です。

一方のmake a mistake(過去形:made a mistake)は単純に「間違いをする」の意味であり、何と何を間違えたか言う必要がありません。

ここではmistakeの使い方を例文にまとめています。

mistake(ミステイク)の意味と使い方

mistakeをそのまま動詞で使うと「AをBと勘違いする」などのように、何かと何かを誤解する、思い違いをする、混同するという意味になります。

したがって何と何を間違えたのか、基本的には2つの物事・人物などをわかるように伝える必要があります。言い換えるとmistake = think A is Bの意味になります。

過去形はmistook、過去分詞はmistakenです。

例文

I mistook her for my mother.

私は彼女を自分の母親と勘違いした。

例文

I mistook that man for my brother.

私はあの男を弟と間違えた。

例文

I mistook the time of my flight.

私はフライトの時間を間違えた。

最後の例文は何と何をという部分をはっきり書いていませんが2時と5時のフライトを混同して間違えたの意味になります。

make a mistakeの意味と使い方

一方の「make a mistake」はどう何を間違えたのかを言う、書く必要がなく「間違えた!」だけ言うだけで済みます。

何を間違えたのかを伝えるのはけっこう面倒で、日常会話では詳細が必要ない場合も多いのでmake a mistakeで十分だと思います。

単純に「間違える」という意味で使うにはこの形にしないといけません。この場合のmistakeは名詞の扱いになります。

例文

I made five mistakes on the exam.

私は試験で5問、間違えてしまった。

例文

I made a mistake on the report.

私は報告書でミスをした。

ミスをしただけで良く「何を間違えたのか?」を言わなくても済みます。こちらのほうが簡単です。

もしこれを動詞のmistakeで表現するならば、何を間違えたのかはっきりと明示する必要があります。

例文

I mistook the value of the equipment on page two of the report.

私は報告書の2ページ目の装置の価値をミスした。

mistakeとmake a mistakeの違い

動詞でmistake(何かと何かを勘違いする)とmake a mistake(間違いをする)の違いなので、そのまま以下の例文のような会話も成り立ちます。

例文

A:”Pizza is American food.”

ピザはアメリカの食べ物だよ。

例文

B:”No it isn’t.”

いや、違うよ。

例文

A:”Oh, I made a mistake in mistaking pizza as American food.”

ああ! 間違えちゃった。ピザはアメリカの食べ物だと勘違いしちゃったよ。

同じ言葉でも微妙に意味が違ってしまうのでご注意ください。

mistakeとerrorの違い

名詞で考え方た場合のエラーとミステイクの違いは感覚としては理解できますが、言葉で説明しろといわれるとなかなか難しいです。以下の例文のようにどっちでもいけるケースもあります。

例文

I made a mistake in my calculations.

I made an error in my calculations.

計算で間違いをした。

ネイティブスピーカーに確認すると名詞の「mistake」は間違った答えを選ぶことで、しばしば偶然におこるようなことです。

例文

I almost got 100% on the exam but I made one silly mistake.

試験でほぼ100点だったが、くだらない間違いを1つしてしまった。

例文

Going to war was a mistake.

戦争に向かうのは間違いだ。

一方のerrorは答えにたどりつかないようなことで、それは計算の間違いだったり、知識の欠如だったりします。

例文

The margin of error in the results is very small.

その結果における誤差の範囲はとても小さい。

例文

Some people learn through trial and error.

何人かの人々は試行錯誤から学ぶ。

「間違い」と「失敗」と考えても近いかもしれませんが、そのままイコールなのかといわれると、すべて検証したわけではないので疑問です。

機械はmistakeをしない

1つの考え方の目安として機械は「mistake」をしない、機械にmistakeは使わないと思ってもいいと思います。

機械は間違った選択をするわけではなく、指示や条件に従って動くだけです。結果、正解にたどり着かないことはありますが、それは「mistake」ではありません。

例文

I can’t connect to the Internet because of a network error.

ネットにつなげられない。なぜならネットワークエラーのためだ。

例文

Sorry, my mistake. I forgot to plug in the LAN cable.

すいません、私のミステイクです。LANケーブルにプラグを入れるのを忘れていました。

しばしば、言葉の違いが別のことを示唆しているケースがあります。

例文

I tried to print the document, but there was an error.

書類を印刷しようとしたが、エラーがあった。

例文

I tried to print the document, but there was a mistake.

書類を印刷しようとしたが、ミステイクがあった。

エラーだとおそらくプリンターの故障などです。ミステイクだとおそらく誤字などです。

こういった差が出るケースもあります。

be mistaken

この形もよく見かけますが「間違っている」なので「be wrong」と同じです。

例文

She thought it was a good job but she was mistaken.

彼女はそれが良い仕事だと考えたが、しかし彼女は間違っていた。

例文

I was mistaken about which movie to choose.

どの映画を選ぶのかを間違えた。

日本語の「ミスった」などに用いられているmissについては『miss / missingの使い方について』の記事でご紹介しています。

honest mistakeとは?

意図しない、悪意のない間違いなので「勘違い、うっかりミス」のことです。

例文

A:I’m sorry, I didn’t know you were the owner of this company.

すみません。あなたがこの会社のオーナーだとは知りませんでした。

例文

B:No problem, it’s an honest mistake. I like to dress very casually.

問題ないよ。勘違いだね。私はとてもカジュアルな服を着るのが好きなんで。

例文

The bank president suspected the teller of embezzling money, but later found out that it was just an honest mistake in accounting.

銀行の頭取は窓口係の横領を疑ったが、後にそれは会計のただのうっかりミスだと判明した。

There is no mistaking

日本語で「彼がいい人なのは間違いない」のような表現が、そのまま英語でもno mistakingになります。

言い換えると「certainly(確実に、確かに、必ず)」の意味です。

例文

There is no mistaking that he is the killer.

彼が殺人犯であるのは間違いない。

例文

There was no mistaking his voice.

それは彼の声に間違いなかった。

Make no mistake

Make no mistakeといった表現もあります。

「間違いなく、確かに」で自分がいったことが正しいといった意味です。使い方としては長井秀和のような感じです。

例文

Make no mistake, cake is delicious!

このケーキは美味しいよ。間違いないっ!

例文

This is the best price in town, make no mistake!

これは町で最高の価格ですよ。間違いないっ!

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. youngとyouth

    英語の使い方

    young / youth / youthfulの違い

    この3つの言葉は若さや若いことに関連する言葉です。基本的には品詞が違う…

  2. apologize / apologyの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    apologize / apologyの意味と使い方

    apologizeが動詞で「謝罪する、謝る」の意味で、このまま文章を完…

  3. transform

    changeの類義語

    transformの意味と使い方、changeとの違い

    transformは動詞で「変わる、変える」ですがchangeとの比較…

  4. banの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    ban(禁止する)の意味と使い方

    ban(バン)は「禁止する」といった動詞で使われることも多いですが、名…

  5. post

    イギリスの文化

    英語の「post(ポスト)」はどういう意味なのか?

    カタカナの「ポスト」もイメージするものが異なりますが、英語でも大きくわ…

  6. 事実婚

    日本語から英語へ

    事実婚を英語でどういうか?

    近年、同性婚や事実婚の関係を指して使われることが多いのが「domest…

おすすめ記事

  1. カタカナ都市名
  2. 外国人
  3. cute(キュート)とpretty(プリティ)の違い
  4. mimic
  5. シューズ




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. equip(装備させる)とequipped withの意味と使い方
  2. scene(シーン・場面・光景)の意味と使い方
  3. come with / come complete withの意味と使い方の違い
  4. episode(エピソード)の意味と使い方
  5. 「I’m fine, thank you. And you?」と教科書で本当に習うのか? ネイティブは言わないのか?
  6. equipment / tool / facility / machineの意味の違い
  7. scoop(スクープ)の意味と使い方
  8. wave(波・手を振る)の意味と使い方




PAGE TOP