Animal / 犬・猫・動物

  1. headbutt

    競合・重複するバッティング(butting)の英語での意味

    カタカナで来客やスケジュールなどが重なってしまう「バッティングする」は英語のどの言葉から来ているのか不明な部分があり、おそらくbuttingからだろうと判断でき…

  2. mate(メイト)

    mate(メイト)の意味と使い方

    mate(メイト)といえばカタカナでも「ルームメイト」や「クラスメイト」はよく使われ、最近は「ソウルメイト」といった言葉も聞かれるようになりました。単独…

  3. hide

    hide / hideoutの意味と使い方

    hideは「隠す」として一般的に知られていますが、ニュースでは「獣皮」の意味で登場したことがあります。また「隠れる」の意味でもhideとhide out…

  4. cat

    pussy cat, kitty, puss, felineなど猫に関連する表現

    猫を表す言葉としてはcat(キャット)が一般的です。これ以外にも子猫、野良猫など猫を意味する英単語はさまざまあります。また猫は古くから人間とかかわってき…

  5. vet

    veteran(ベテラン)の意味を考える

    カタカナにもなっているベテラン(veteran)ですが、英語ではいくつかの異なる意味で使われています。これは省略形のvetもあわせてですが、大きく分類す…

  6. 鹿

    deer(鹿)の複数形は?

    動物の中には複数形の扱いが特殊になるものがいくつかあります。その中でdeerは一般的には単複同形だと説明がされますが、海外サイトを調べると両方で掲載があります。…

  7. cat/dog

    動物には使うけど人間には使わない英語

    英単語の中には動物には使うけど、人間には使わない、といった言葉がけっこうあります。いくつかニュースにも登場しているので拾い上げてみます。必ずしも…

  8. ラット(rat)とマウス(mouse)の違い

    ネズミを意味するラット(rat)とマウス(mouse)の違い

    英語ではラット(rat)といえば汚い地下にいるようなネズミを指しますが、マウス(mouse)といえばかわいらしいペットとしても飼われるネズミを指して使われます。…

  9. owl

    ふくろう(owl)にまつわる英語表現

    独特の風貌や夜行性の性質、鳴き声もあって特徴的な表現がいくつか存在しているのでご紹介しておきます。発音はowl【ául】なのでオウルではなく「アウル」で…

  10. ペットの名前

    ペットに多い英語の名前

    英語では名前の後ろに「-y / -ie」をつけて、日本語でいう「~ちゃん、~クン」に近い表現をすることがあります。これは映画や日常の場面でも広く見かける…

  11. 猫の画像

    アニマルシェルターと動物愛護

    犬や猫のニュースも数多く取り扱っています。海外の話題が多いですが、日本の話題もいくつかあります。猫好きで知られる秋田県の佐竹敬久知事の後押しでアニマルシ…

  12. ネコ

    猫のfelineとcat、犬のcanineとdogの違いについて

    英語で猫といえばcat(キャット)で、犬といえばdog(ドッグ)なのはみなさんご存知だと思います。この言い方とは別に猫の場合はfeline、犬の場合はcanin…

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 英語での「髭(ひげ)」の種類と言い方
  2. 「stay at home」と「stay home」の違い
  3. 「CAN YOU CELEBRATE?」の英語の問題点を考える
  4. 「I’m fine, thank you. And you?」と教科書で本当に習うのか? ネイティブは言わないのか?
  5. sit inとsit onの違い、椅子に座るはどちらか?

最近の記事

  1. digit(数字・桁・指)とdigital(デジタル)の意味と使い方
  2. hawk(鷹・ホーク・路上販売)の意味と使い方
  3. preparednessとpreparationの違い
  4. assumeの意味と使い方
  5. pilot(パイロット)の意味と使い方
PAGE TOP