動物には使うけど人間には使わない英語

cat/dog
 

公開日: 最終更新日:2020.02.22

英単語の中には動物には使うけど、人間には使わない、といった言葉がけっこうあります。

いくつかニュースにも登場しているので拾い上げてみます。

必ずしも人間/動物だけというわけではありませんが、かなりどちらかに多く使われる表現が存在しています。

この記事はまた見つけたら加筆していく予定です。

claw

武器などにもなっている「クロー」のことで、これも動物にしか使いません。プロレス技のアイアンクローとかはここでは考えていません。

ただし、nail(ツメ)を動物に使うのはOKみたいです。

I cut my cat’s claws once a year.
私は猫のツメを年に1回切る。

I cut my cat’s nails once a year.
私は猫のツメを年に1回切る。

I cut my claws once a week.
(*これはダメです)

I cut my nails once a week.
私はツメを週に1回切る。

put down / put to sleep

これは「安楽死」の婉曲表現ですが、これも動物にしか使いません。

The vet put our dog down after it got cancer.
獣医は私達の犬が癌にかかった後で安楽死させた。

The vet put our dog to sleep after it got cancer.
獣医は私達の犬が癌にかかった後で安楽死させた。

The doctor put our grandfather down after he got cancer.
(*人間には使いません)

The doctor euthanizes our grandfather after he got cancer.
医者は祖父が癌にかかったあとで、安楽死させた。

euthanize(安楽死させる)で、オランダやスイスなどいくつかの国では安楽死が認められています。

cull / kill

cullは動物などを間引く、殺処分することです。

killとの比較でいえば殺すことは同じですが「なんらかの理由がある」といった部分で異なります。

The Forest Service is culling 100 wolves.
The Forest Service is killing 100 wolves.
森林サービスは100匹の狼を殺している。

理由があって殺すため、一般的には1匹だけのような単数形が対象になることはありません。

ただ1匹だけの特殊な動物などだった場合は単数形で用いられる可能性はあります。

neuter / fix

「去勢」のことですが、これも動物にしか使わない言葉です。

I had my dog neutered.
犬を去勢した。

I had my dog fixed.
犬を去勢した。

人間の場合にはcastration(去勢)という言葉が存在しますが、独裁者の国やどこかの伝統部族などを除けば、世界の大部分ではすでに罰則としては使われていません。

The sex offender was castrated.
性的犯則者が去勢された。

The sex offender was neutered.
(*人間なので使わない)

droppings

droppingsとは「排泄物」ですが、これは動物に対してしか使いません。

I have to pick up my dog’s droppings.
私は犬のフンを拾わなければならなかった。

有名なshitでもいいんですが、言葉としてオフェンシブ(攻撃的)なので、怒っている場面ならいいと思います。

I stepped in dog shit!
犬のフンを踏んだ!

人間のうんこについては以下の記事にまとめています。その他、動物関連の記事も増えてきたのでご紹介しておきます。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. rage(レイジ・激怒・怒り)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    rage(レイジ・激怒・怒り)の意味と使い方

    rage(レイジ)は激怒・憤怒といった怒りの中でも激しいものを指して使…

  2. business(ビジネス)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    business(ビジネス)の意味と使い方

    カタカナとして定着しているbusiness(ビジネス)は英語でもさほど…

  3. decimal point

    英単語の意味と使い方

    英語で小数点を含む数字の読み方・書き方

    小数点以下を含む数字の言い方は少し種類があるのでご紹介します。大きく「…

  4. wild(ワイルド)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    wild(ワイルド)の意味と使い方

    wild(ワイルド)は基本的には「野生の」といったイメージがあり、そこ…

  5. scope(スコープ)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    scope(スコープ)の意味と使い方

    scope(スコープ)はカタカナでは「テレスコープ(望遠鏡)」や「マイ…

  6. shoot upとshoot downの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    shoot upとshoot downの意味と使い方

    shootは銃や矢などを撃つことですが、何かが勢いよく動いたりするイメ…

アプリもよろしくお願いします。

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. 「CAN YOU CELEBRATE?」の英語の問題点を考える
  2. yera-old
  3. 日本人と無神論
  4. shithole
  5. capital-letter




最近の記事

  1. striking / strikinglyの意味と使い方
  2. single(シングル・独身・ひとつ)の意味と使い方
  3. take offense / no offenseの意味と使い方
  4. review(レビュー・批評・復習)の意味と使い方
  5. second only to / second to noneの意味と使い方
  6. index(インデックス)の意味と使い方
  7. bake(ベイク)/ bakery(ベーカリー)の意味と使い方
  8. at the last minute(ギリギリで、土壇場で、直前で)の意味と使い方
PAGE TOP