deer(鹿)の複数形は?

鹿

動物の中には複数形の扱いが特殊になるものがいくつかあります。その中でdeerは一般的には単複同形だと説明がされますが、海外サイトを調べると両方で掲載があります。

sheepのように明らかに間違いになるものと、どっちでもいけるパターンがあるのでご紹介しておきます。

また鹿の場合には鹿肉をvenisonといったり固有の名前がついているものが英語には多いです。

単数形と複数形

sheep(羊)などが単複同形で、複数形と単数形が同じになります。sheepsと書くと明らかに間違いです。

There are many sheep here.
× There are many sheeps here.

deer(鹿)やreindeer (トナカイ)は一般的には単複同形と説明されますが、どっちでもいいみたいです。海外の辞書なども調べましたが、deerとしてもdeersとしても両方OKの掲載はありました。

There are many reindeer here.
There are many reindeers here.

ただし例えばwindowsの校正機能ではdeersと書くと赤色のアンダーラインが出て「間違いでは?」と表示されます。

ネイティブは会話表現ではこんなの誰も気にしてないレベルで、海外の辞書をいくつか見ても複数形は「deer たまに deers」といった表記です。

日本語でこの手の説明をされているブログはほとんどが「単複同形」として扱っていました。

もしこれを読む人が受験生ならば複数形はdeerとおぼえておくのが無難だと思います。

またネズミのmouse(単数)とmice(複数)のように不規則に変化するケースもあります。

There is a mouse here.
There are mice here.

カナダなどでは、この手のトナカイをCaribou(カリブー)と呼んでいます。トナカイの一種で北アメリカに生息する動物です。しかし、サンタクロースを引っ張っているのは世界共通でreindeer (トナカイ)です。

同じ動物でも名前が変わるものがあるので、それは別の記事で取り上げています。

動物と肉の名称

日本語は「牛=牛肉」「豚=豚肉」のように動物の名前と肉の名前が同じケースが多いですが、英語は個別に名前がついている場合が多いです(ついてないのもあります)。

レストランではけっこう見かけるので、覚えておいても損はないかもしれません。すでにカタカナになっているものも多いです。

sheep = mutton
(羊=マトン)

pig = pork
(豚=ポーク)

cattle = beef
(牛=ビーフ)

deer = venison
(鹿=ベンスン)

baby cattle = veal
(仔牛=ビール)

chicken = poultry
(鳥=ポウルトリ)

ただし、鶏肉をわざわざ「poultry」と呼ぶかといえば、普通は「chicken」だという話です。

メニュー表現全般にいえることですが「sheep」と書くと美味しくなさそう、もろに「羊」の意味なので料理の表現としては適切ではないという理由です。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. prove

    英単語の意味と使い方

    prove / proofの意味と使い方

    一般的にprove は「~を証明する、~であることを示す」「~であると…

  2. freeze-frozen

    英単語の意味と使い方

    freeze(フリーズ)の使い方

    カタカナでも使われているfreeze(フリーズ)は元々は氷のように固ま…

  3. ロッキー

    スラング

    rocky, rockの意味

    基本的なイメージは岩(rock)のことです。rockyは岩場のような場…

  4. colleague / coworker

    英単語の意味と使い方

    「同僚」「仕事仲間」のcolleagueとco-workerの違い

    同僚、職場仲間、仕事仲間などを表す2つの言葉の違いについては、日本語で…

  5. overtake

    イディオム・熟語・慣用句

    overtake / take over / takeoverの違い

    「take」と「over」の組み合わせでいくつかの異なる意味になる単語…

  6. fat

    英単語の意味と使い方

    デブ、太っている、肥満の英語表現

    ニュースでは何度か「太っている」ことをテーマに扱った話題を配信しました…

おすすめ記事

  1. 影響を与える
  2. bread
  3. ツイッター
  4. カタカナ都市名
  5. select




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. giant(ジャイアント)とgiganticの意味と使い方
  2. mold / mould(モールド)の意味と使い方
  3. later onとlaterの違い
  4. おならをする、屁をこく、放屁するを英語でいうには?
  5. rotten(腐った)の意味と使い方
  6. desert(デザート)の動詞・名詞での意味と使い方
  7. pressure(プレッシャー)の意味と使い方
  8. get out of the wayの意味と使い方




  1. hygiene / sanitationの違い

    英単語の意味と使い方

    hygiene / sanitationの意味の違い
  2. カウンターパート

    英単語の意味と使い方

    counterpart(カウンターパート)の意味と使い方
  3. after

    英単語の意味と使い方

    name after, take afterなど様々なアフターの使い方
  4. 雨傘の革命

    世界とアジア

    香港の雨傘運動(雨傘の革命)の現場を見てきた
  5. spy

    スラング

    スパイ・諜報機関の英語表現
PAGE TOP