deer(鹿)の複数形は?

鹿

動物の中には複数形の扱いが特殊になるものがいくつかあります。その中でdeerは一般的には単複同形だと説明がされますが、海外サイトを調べると両方で掲載があります。

sheep(羊)のように明らかに間違いになるものと、どっちでもいけるパターンがあるのでご紹介しておきます。

また鹿の場合には鹿肉をvenisonといったり固有の名前がついているものが英語には多いです。

単数形と複数形

sheep(羊)などが単複同形で、複数形と単数形が同じになります。sheepsと書くと明らかに間違いです。

例文

There are many sheep here.

ここには羊がたくさんいる。

例文

× There are many sheeps here.

(間違いです)

deer(鹿)やreindeer (トナカイ)は一般的には単複同形と説明されますが、どっちでもいいみたいです。海外の辞書なども調べましたが、deerとしてもdeersとしても両方OKの掲載はありました。

例文

There are many reindeer here.

There are many reindeers here.

ここにはたくさんのトナカイがいる。

ただし例えばwindowsの校正機能ではdeersと書くと赤色のアンダーラインが出て「間違いでは?」と表示されます。

ネイティブは会話表現ではこんなの誰も気にしてないレベルで、海外の辞書をいくつか見ても複数形は「deer たまに deers」といった表記です。

日本語でこの手の説明をされているブログはほとんどが「単複同形」として扱っていました。

もしこれを読む人が受験生ならば複数形はdeerとおぼえておくのが無難だと思います。

またネズミのmouse(単数)とmice(複数)のように不規則に変化するケースもあります。

例文

There is a mouse here.

There are mice here.

カナダなどでは、この手のトナカイをCaribou(カリブー)と呼んでいます。トナカイの一種で北アメリカに生息する動物です。しかし、サンタクロースを引っ張っているのは世界共通でreindeer (トナカイ)です。

同じ動物でも名前が変わるものがあるので、それは別の記事で取り上げています。

Bambi(バンビ)について

何人かの日本人に「Bambi(バンビ)を鹿の意味で使われたことがある」とスティーブが言っていました。

元はおそらくイタリア語のbambinoで赤ちゃん、幼児を表す言葉です。

英語では女性の人名になっています。基本的には人名などにつかわれる固有名詞であり、鹿ではありません。

Dumbo(ダンボ)が象を指す普通名詞ではないのと同じで、Bambi(バンビ)は鹿を指すわけではありません。

バンビ(吹替版)

バンビ(吹替版)

林勇, 依田有滋, 押谷芽衣, 加藤陵子, 稲葉祐貴
Amazonの情報を掲載しています

動物と肉の名称

日本語は「牛=牛肉」「豚=豚肉」のように動物の名前と肉の名前が同じケースが多いですが、英語は個別に名前がついている場合が多いです(ついてないのもあります)。

レストランではけっこう見かけるので、覚えておいても損はないかもしれません。すでにカタカナになっているものも多いです。

sheep = mutton
(羊=マトン)

pig = pork
(豚=ポーク)

cattle = beef
(牛=ビーフ)

deer = venison
(鹿=ベンスン)

baby cattle = veal
(仔牛=ビール)

chicken = poultry
(鳥=ポウルトリ)

ただし、鶏肉をわざわざ「poultry」と呼ぶかといえば、普通は「chicken」だという話です。

メニュー表現全般にいえることですが「sheep」と書くと美味しくなさそう、もろに「羊」の意味なので料理の表現としては適切ではないという理由です。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. holiday

    イギリス英語とアメリカ米語

    「休み・休暇」のday off / holiday / vacationの違い

    休み・休暇を表すカタカナでもおなじみのホリディ(holiday)が具体…

  2. profile

    カタカナビジネス英語

    profile(プロフィール)の動詞・名詞での意味について

    カタカナでは「プロフィール」になっていますが、英語での読み方は【pró…

  3. big-deals

    英単語の意味と使い方

    big deal / great dealの意味と使い方

    dealそのものは名詞で「取引・契約」といった意味ですが、big de…

  4. up-to

    イディオム・熟語・慣用句

    up to(最大・次第・数字)の意味と使い方

    up toは会話表現でもよく登場する言葉で「~次第だ」と「最大で〇〇だ…

  5. 仕事を辞める(quit / resign / retire)の英語表現

    カタカナビジネス英語

    仕事を辞める(quit / resign / retire)の英語表現

    仕事を辞める表現は日本語の「辞める、退職する、辞職する、バックレる」が…

  6. intimateの意味

    英単語の意味と使い方

    intimateの意味と使い方

    intimateは「親しい、親密な、仲がいい」といった意味のほかに、知…

おすすめ記事

  1. ifと仮定法
  2. mimic
  3. manager
  4. rich / wealthy
  5. fix / repair / mend




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. mood(ムード)とmoody(ムーディー)の意味と使い方
  2. distressの意味と使い方
  3. thusの意味と使い方(例文付き)
  4. 「理想の、理想的な」を英語でどういうか?
  5. dodge(ドッジ)の意味と使い方
  6. signal(シグナル・信号・合図)の意味と使い方
  7. call forの意味と使い方
  8. smuggle(密輸する)の意味と使い方




PAGE TOP