ドバイに初めて行く人のためのホテル選び

ドバイ

2017年11月に特に目的もなくUAEのドバイに行きました。事前に下調べもせず、特にドバイに強く興味を持っていたわけでもありません。「金持ち多いんだろうな~」程度の認識でドバイに行ったので、その際に役に立った情報や自分の経験を備忘録として書き留めておきます。これから行く人に役に立てばいいなと思います。

ざっくりした内容なので細かな観光情報は他のサイトに多く載っているのでそちらのほうが参考になると思います。

エリア感覚をつかむ

いくつかの地域に分かれますが街のサイズが思ったよりも大きく「徒歩でどこかに移動する」がほぼ不可能な状況でした。したがって移動はタクシーやUBERを使うことになります。

結局、タクシーで移動することになるのでよほど離れている地域でなければ、ホテルに帰るまでに10分かかるか15分かかるか、数百円レベルで値段が変わるかの差です。

夜のビーチをふらっと散歩したい、有名な超高級ホテルに宿泊したいといったこだわりがなければ、ある程度の市街地であればどこでも良い気がします。

ものすごく大雑把に「下町ゾーン」「都会ゾーン」あとは「海ゾーン」としました。後でご紹介する宿泊したホテルは下町ゾーンの南側にピンを打っています。

一般的には「シティー(都会ゾーン)」「ダウンタウン(下町ゾーン)」「マリーナ」「ベイ」の4つに分類されるようです。

注意点としてはグーグルマップを現地で使うと自動的にドバイの縮尺になるため日本と同じ感覚で「歩けそうだな」「もうすぐ着くかな」と思ってもぜんぜん歩けないし着かないです。この意味でもベースとなる街のサイズが日本の都会とは差があります。

ドバイの地図

私が宿泊したホテルは下町ゾーンの近く(青いピン)に見えますが、下町ゾーンまで歩ける距離ではないし、ホテルから都会ゾーンのブルジュハリファやドバイモールまで行くのもタクシーで20分ぐらいかかります。しかも、日本のタクシーのようにゆっくり走ってではなくわりと飛ばして(運転は荒め)20分ぐらいかかりました。

空港から有名な人工島、地図の左下に見えているパーム・ジュメイラに行こうと思えば40分ぐらいかかります。

どっちにしろどこに行くにしてもタクシーかUBERを使うので、そこまで宿泊施設にこだわりがなければブルジュハリファ周辺や上の地図の下町ゾーンと都会ゾーンの間に位置していれば似たようなものだと思います。

空港も街中になるので関空や成田のように市街地から1時間かかるレベルと比較しても使いやすい空港だといえます。

UBERが便利

日本ではさまざまな規制があってあまり活用されていませんが海外ではUBERがあると便利です。

事前に行先をアプリで指定できるし呼び出し状況や乗る車がどこにいるかもリアルタイムで確認できます。

支払いもクレジットカードを登録しておけばスムーズで、特に言葉に不安がある人は入れておくと便利じゃないかと思います。

日本でダウンロードして設定しても海外でそのまま使えるので旅行に行かれる方は入れておいて損はないと思います。

ホテル選び~宿泊したホテル~

Booking.comなどを見てもらえばわかるように他の物価と比較して宿泊費は普通です。

7つ★のブルジュ・アル・アラブなどの超高級ホテルは別ですが、4つ★で10000円ぐらい、5つ★でも15000円も出せば宿泊可能です。

感覚的に普通の旅行でまともな部屋、特に驚きはないけど快適な部屋ならば★4つ、新婚旅行などの記念や思い出なら★5つ以上でいいじゃないかといった感覚です。

逆に3つ★以下のホテルは安いですが治安・安全面・快適さを考慮にするとホテル選びの選択肢から外しました。

バックパッカー的な楽しみをしたい、限りなく安く抑えたいといった希望があれば別ですが、良い大人の普通の旅行ならば4つ★以上でいいのではないでしょうか。探せば5000円以下の安宿もありました。

booking.comそのものは良心的で使いやすいサイトだと思います。★の数によって条件を絞れたりします。安宿を含めると掲載されているホテルの数が多いのでとりあえず星3つ以下は選択肢から除外するぐらいがちょうどいいと思います。

世界最大の宿泊予約サイト、Booking.com

Hilton Garden Inn Dubai Al Mina

ホテル

宿泊したホテルはヒルトン系列のミドルクラスのホテルです。本家ヒルトンは高級ホテルですが、系列のお値段手ごろなフランチャイズみたいなホテルです。

特にこのホテルすごくおすすめです!ってわけでもなく、他に泊まっていないので比較もできませんが、参考までにご紹介します。

理由は4つ★で値段手ごろ、街中にも近そうだといった理由です。

これはどのホテルもそうだと思いますが予約サイトや公式サイトに載っている写真は嘘ではないですが、見栄えがする最大限の工夫がされた写真なので2割増しぐらいで盛った写真だと思っていればいいと思います。

地図

海まで近そうに見えて歩く距離ではないです…

地図では海に近く、下町ゾーンに近いですが歩ける距離ではありません。

予約する段階では夜に暇だったらふらっとドバイの海でもみたいなと思っていましたが、行ってみると地図上で見るのと違いぜんぜん歩ける距離ではなかったです。

ホテルの良かった点

写真で見た感じそのままで、高級ホテルではありませんが、部屋もきれいでwifiがあり施設も整っています。日本のアパホテルなんかと比べると10000円で広いホテルに泊まれてお得感はあります。しかし、新婚旅行などでゴージャスなドバイのお金持ち感覚を味わうにはもう少し値段の高い5つ★以上のホテルが良さそうです。

少し早めに着いたのですが「疲れているだろうから早めに部屋に入れるようにします」とドリンクを出してくれて対応は良かったです。日本語の話せるスタッフがいるほうが珍しいので基本的には英語です。

ホテル施設としては夜の2時まで気軽に飲めるバーがあったり、行っていませんがプールやナイトクラブ(踊る場所)がありました。エレベーターでは夜にナイトクラブに行くであろう黒人のおねえちゃんに会いました。

また歩いて行ける真横にガソリンスタンドがあり、そこに街中でもあまり見かけないコンビニが併設されています。お酒は置いていませんが、ちょっとしたパンやお菓子、土産物などなんでもそろうコンビニがあると夜中に日本と同じ感覚で立ち寄れます。

ホテルの悪かった点

どこに行くのもタクシーかUBERを使わざるを得ません。夜中にふらっと出歩くといったことがコンビニ行く以外にはできない状況です。よっぽど繁華街にあるようなホテルは別ですが、他のホテルも似たような状況だと思います。

どこに行くか次第ですが、ドバイモールに何度か行ったのでもう少しドバイモールに近い場所でもよかったかなといった思いはあります。しかし、それもタクシーで20分かかるのか15分なのかの旅行中においては微差といえる程度です。

またwifiはどのホテルも「高速」なわけではないはずで、せいぜいLINEなどのメッセージングアプリをつかう程度です。このホテルもLINEでやり取りする分には十分でした。

ノートパソコン持ってがっつり仕事したり、YouTubeで動画をガンガン見る、リアルタイムで動画をアップする場合はソフトバンクなどの海外パケホーダイでローミングしたほうが速いと思います。

他のホテル検索サイト

booking.comを強烈におすすめしたいわけではありませんが、逆に割引で有名なagodaとか安すぎてちょっと不安になりました。

ネットで検索しても評判があまりよろしくありません。他のサイトも見たんですが、とりあえずブッキングドットコムを使っておけば無難かなといった感じはしました。

少なくとも私が旅行した限りにおいては、予約サイトについて不満はありませんでした。

世界最大の宿泊予約サイト、Booking.com

物価事情などは別の記事にまとめますのでお待ちください。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 英語の先生

    文化と体験

    英会話スクールの講師になる方法

    英会話講師になりたいと思う人は少なくないでしょう。ここでは英会話講師に…

  2. osaka-tokyo

    文化と体験

    これやから東京モンは!大阪人が嫌いな関東の特徴

    R25が「関西人選!関東の嫌いなことTOP10」という記事を発表してい…

  3. レディーガガ

    スラング

    Lady(レディー)の意味は? Lady Gaga(レディー・ガガ)の由来を考える

    Lady Gagaは本名ではありませんが、この名前にどういった意味があ…

  4. edtech

    日本(Japan)

    2017年EdTech (エドテック)の展望~本当に来るの?~

    EdTech(エドテック/エデュテックとも)とはEducation(教…

  5. スチュワーデス

    文化と体験

    ポリティカル・コレクトネスはどのぐらい浸透しているのか?

    1980年代からアメリカで広まった運動に「ポリティカル・コレクトネス/…

  6. icon

    文化と体験

    アイコン編:2015年Timeが選ぶ最も影響力がある100人

    アメリカの雑誌「Time」が選ぶ最も影響力がある100人の「アイコン(…

おすすめ記事

  1. ハック
  2. 仕事
  3. カタカナ
  4. お客さん
  5. asas




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. average(アベレージ・平均)の意味と使い方
  2. greet / greeting(グリーティング)の意味の使い方
  3. formula(フォーミュラ)の意味と使い方
  4. clear(クリアー)の意味と使い方
  5. boot(ブート)の意味と使い方
  6. physical(フィジカル)の意味と使い方
  7. plot(プロット)の意味と使い方
  8. net(ネット)とgross(グロス)の意味と使い方




PAGE TOP