English(イングランドの、イングランド人、英語)の使い方

 

公開日: 最終更新日:2020.09.12

English(イングリッシュ)といえば言語としての「英語」を指して使われることが多いですが、場合によっては「イングランド人、イングランドの」として使われるケースがあります。

「English people」といえば英語を話す人々ではなく「イングランドの人々」を意味することになるので、少しだけややこしい要素があります。

ここではEnglishの「イングランドの、イングランド人」の意味での使い方を整理して例文にまとめています。

English(イングリッシュ)の意味

Englishの意味

English(イングリッシュ)といった場合には、おそらくこのサイトを見ている人が勉強をしている「英語」の意味が真っ先に思い浮かびます。

しかしEnglishは言葉としては「イングランドの、イングランド人」の意味もあります。

Japan – Japanese
America – American
Italy – Italian
England – English

Japanese(ジャパニーズ)が「日本人、日本の、日本語」を意味するのとまったく同じように、Englishは「イングランド人、イングランドの、イングランド語(= 英語)」を表すことになります。

元はポルトガル語の「イングレス」から「イギリス」になまって日本で使われるようになりました。漢字では「英吉利」と書いたので、この「英」の言語であるから「英語」になっています。

例文

He can speak English but he is not English.

彼は英語を話すことができるが、イングランド人ではない。

上のように書くことは可能ですが、やっぱり混乱する奇妙な感じもあるので自然に言うならばBritishを使ったほうがいいと思います。

例文

He can speak English but he is not British.

彼は英語を話すことができるが、イギリス人ではない。

イングランドとイギリス、ブリティッシュの違いについては以下の記事に詳しくまとめているのでご覧ください。

English peopleとEnglish speakerの違い

English peopleとEnglish speakerの違い

基本的な差ですが「English speaker」は英語を話す人です。一方で「English people」はイングランドの人々なので意味が違います。

例文

There are many English speakers here.

ここには多くの英語を話す人々がいる。

上の例文だとアメリカ人やカナダ人かもしれないし、あるいは日本人やインド人かもしれません。英語を話す人々です。

例文

There are many English people here.

ここには多くのイングランドの人々がいる。

上の例文だとカナダ人やアメリカ人ではないことになります。

StudyNowのダンはロンドン出身なので、彼をEnglish(イングランド人)と呼ぶことはできます。カタカナでは「イギリス人」であり「イングランド人」です。

スティーブはカナダのトロント出身で、彼はEnglish(英語)を話していますが、イングランド人ではありません。カナダ人です。

Englishman(イングランドの男)

最近は「国名+man」の形が少し古臭い表現で、場合によっては差別的に聞こえるので、あまり使われなくなっています。

例文

There are many English people in that movie.

多くのイングランドの人があの映画にいる。

例文

There are many Englishmen in that movie.

(男性だけなのか? といった問題があります)

例文

There are many Englishmen and Englishwomen in that movie.

(文章が長すぎる問題があります)

English(イングランドの)

以下の例文は「イングランドの」という意味でのEnglishです。言語としての「英語の」という意味ではありません。

例文

London is an English city.

ロンドンはイングランドの都市だ。

例文

She went swimming in the English Channel.

彼女はイギリス海峡(英仏海峡)に泳ぎに行った。

例文

This is a popular English breakfast.

これは人気のイングランドの朝食だ。

例文

It’s a traditional English festival.

それは伝統的なイングランドのお祭りだ。

もちろん「英語」ともとれるので短い文章だとはっきりさせる必要があります。

例文

That is an English school.

(イングランドの学校? 英語の学校?)

日本語の当て字

イギリスのことを漢字でかつては「英吉利」と書いていましたが、ロンドンは「倫敦」と書くのは夏目漱石の小説や日記などでもよく知られています。

倫敦消息

倫敦消息

夏目 漱石
0円(01/20 07:14時点)
発売日: 2012/09/27
Amazonの情報を掲載しています

ほかにも「剣橋(ケンブリッジ)」や「牛津(オックスフォード)」などもあります。

ケンブリッジはそのまま音から漢字を拾ったパターンです。オックスフォード(Oxford)は「ox(雄牛)」と「ford(浅瀬)」の意味から漢字をあてています。

国旗による言語の選択

国旗による言語の選択

日本のカーレースゲーム「リッジレーサー」のスマホ版の言語選択で、イギリス人(イングランド人)が困惑して気分を悪くしている様子がアメリカの掲示板にあがっていました。

よくある国旗による言語選択ですが、英語(English)を話しているならば「USA(アメリカ合衆国)」を選ばないといけません。

ニュース

The menu shows each language by an icon of its nation’s flag such as Italy for Italian and China for Chinese. However, for English the icon was the USA flag prompting the user to write, “As an Englishman, this hurts…”

そのメニューにはそれぞれの言語が、国旗のアイコンで表示されている。たとえばイタリアならイタリア語、中国なら中国語だ。しかしながら、英語のアイコンはアメリカの国旗であることが、そのユーザーに「イングランド人として、これは傷つくな…」と書くことを駆り立てている。

英語の「イギリスなまり」という言い方にもいえることですが、Englishという言葉を根本的に否定するようなアイコンが話題になっていました。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. bare(裸の、むき出しの)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    bare(裸の、むき出しの)の意味と使い方

    bareは「むき出しの、裸の」といった意味でカバーで覆われていないこと…

  2. heat

    英単語の意味と使い方

    heat(ヒート)の意味と使い方、hot(ホット)との違い

    このページでは「heat(ヒート)」の使い方を説明しています。基本的に…

  3. operate / operation / operatorの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    operate / operation / operatorの意味と使い方

    名詞のoperation(オペレーション)や動詞のoperate(オペ…

  4. litter

    英単語の意味と使い方

    litterの意味と使い方

    litterはゴミや散らかっていることを表すことができる単語で、名詞と…

  5. drive

    英単語の意味と使い方

    go + ing / go + 時間 + 状態の意味と使い方

    goは単に「行く」の意味以外でも「〜をする」といった使い方がされます。…

  6. aim-target

    英単語の意味と使い方

    aimとtargetの意味の違いと使い方

    aimとtargetはどちらも「狙い、目標」といった意味があり、ともに…

アプリもよろしくお願いします。

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. shithole
  2. i’m lovin’ it
  3. 英語での「髭(ひげ)」の種類と言い方
  4. yera-old
  5. ソウルフード




最近の記事

  1. mob(モブ)の意味と使い方
  2. striking / strikinglyの意味と使い方
  3. single(シングル・独身・ひとつ)の意味と使い方
  4. take offense / no offenseの意味と使い方
  5. review(レビュー・批評・復習)の意味と使い方
  6. second only to / second to noneの意味と使い方
  7. index(インデックス)の意味と使い方
  8. bake(ベイク)/ bakery(ベーカリー)の意味と使い方
PAGE TOP