飲食店

restaurant, eatery, dinerなど飲食店を表す英語

飲食店を表す英語は「restaurant(レストラン)」でだいたい行けますが、その形態によって細かく分類が可能なのでニュースに登場した飲食店をまとめてみました。

shop / restaurant / stand / eateryなどの言葉がありすべて飲食店を指すことができますが、微妙に形態が異なります。

厳密な定義があるわけではないのでスパッと「この店はこれ、この店はあれ」と区切ることができない感覚的なものです。また店が「うちはイータリーだ!」といった感じで名乗っていれば、もうそれはそうなんでしょう。

そういった事前のお断りをしたうえで、一般的な話では以下のように感覚的に分類されます。視覚的に感じられるようにそれぞれにGoogleの画像検索の結果を貼っていきます。

restaurant

一般的に調理された食べ物を食べれる状態で提供するお店で、座席があるようなものです。カタカナの感覚に近く最もスタンダードな言葉です。

I went to a sushi restaurant.
(私は寿司屋に行った)

Yoshinoya is my favorite restaurant.
(吉野家は私のお気入りのレストランだ)

この中でイタリアン(Italian restaurant)やフレンチ(French restaurant)などさまざまに細分化されます。

日本人の感覚としてはすごく変ですがSushi restaurant(寿司レストラン)やSushi bar(寿司バー)なども海外では見かけます。

またマクドナルドやSubwayのような日本では一般的にレストランには分類されないファーストフード店も「fast-food restaurant」と表現できるのでカタカナより少し幅が広いです。

レストラン

restaurant

eatery

eatery(イータリー)は総称して「飲食店、食べ物を提供するお店」みたいな感じになるので、あらゆる形態・ジャンルの食べ物を提供するお店を指して「eatery」と呼ぶことができます。

eateryにはレストラン、屋台、ファストフード店、ダイナーなどあらゆるものを含むことができますが、一般的にはレストランと同義語と思っても問題ないと思います。

restaurantとeateryの違いはあってないようなものですが、restaurantのほうがよく使われる言葉です。

ethnic eateryやethnic restaurantもどっちも一緒といえば一緒です。高級店に対しても「eatery」は使うことができます。

This is a high-class eatery.
This is a high-class restaurant.

このあたりは厳密に定義はできないので使う人の感覚はもちろん、地域性や国柄も影響してくると思います。

イータリー

eatery

写真を見る限りは、レストランよりも少しカジュアルなものが多いのかなといった雰囲気はあります。

diner

diner(ダイナー)は食堂と訳されることがありますが、何をもって「diner」とするのかの定義はちょっと曖昧です。スティーブに聞いても写真を見てもらったほうが速いといっていました。

カジュアルな感じの「レストランの一種がダイナー」と言っていますが、その境界線がどこにあるのかは謎でネイティブに聞いてもはっきりしません。

ダイナー

diner

いくつかの写真から判断すると「席が赤い」「ボックス席がある」「ネオンの看板」「お酒も含めてわりとなんでも出す」などが感じられます。

アメリカンな雰囲気がしますが、座席のレイアウトなどは日本のファミレスに近いです。

Bar and grill

文字通り「バー&グリル」の意味で、スティーブは日本のファミリーレストランはこの「Bar and grill」が近いのではないかといっています。

バーのエリアと、グリル(料理)のエリアが明確でないにしろわ分かれている感じです。日本でも有名なフーターズ(Hooters)は、どちらかといえばBar and grillが近いのではないかといった話です。

Bar and grill

Bar and grill

いまいちピンと来ない形態ですが、たしかにお店のジャンルとして存在しているみたいです。

shop

shopは軽食やお菓子っぽいものならば使われますが、この場合はstoreも考えられます。

Mr. Donut is my favorite donut shop.
(ミスドは私のお気入りのドーナッツショップだ)

The is a candy store around the corner.
(キャンディー屋が角のあたりにあるよ)

shop

food shop

stand

屋台に近いもので、屋外で席がないタイプのお店です。

I bought takoyaki from the stand across the street.
(道路の向かいの屋台でたこ焼きを買った)

There are many hot dog stands in New York.
(ニューヨークには多くのホットドッグスタンドがある)

stand

stand

tavern

tavern(ターバン)はバーのようなお店で、ちょっとした食べ物と、古くは旅行者向けに宿を提供しているところが伝統的に多かったようです。

tavern

tavern

写真でみると木製の内装でファンタジーの世界観ですね。現代のターバンはこういった古風な雰囲気を残した感じで、もう少し洗練された感じの内装になっています。

シカゴ・カブスの有名な「やぎの呪い」の由来となった追い出された人物は「ターバン」の経営者で、現在も店は甥に引き継がれ「Billy Goat Tavern」としてシカゴで営業して、カブスファンが集うお店として世界的に知られています。

ヤギの子孫もいるそうで、108年ぶりに優勝決定したときはすごい盛り上がりだったでしょう。

family restaurant(ファミリーレストラン)は和製英語か?

ファミリーレストラン(ファミレス)は和製英語で基本的には英語では存在しない言葉です。

英語では「Bar and grill」や「chain restaurant(チェーン・レストラン)」が、家族連れで行ける飲食店としては近い存在だそうですが、日本人の感覚ではボックス席がある「diner」が近いような気がします。

スティーブはfamily restaurantといわれると「家族経営のレストラン」みたいなものが頭に浮かぶみたいですね。

My father wants me to work at the family restaurant.
(父親は私にファミリーレストランで働いてほしいと思っている)

この場合でもfamily businessとするほうがまだ一般的かもしれない、という見解です。

ただいろいろとネットの情報を調べてみると「family restaurant」や「Family-Friendly Restaurant 」「Casual Restaurant」などの言葉がけっこう存在しています。

日本のように「ジャンル」としてまでは存在・認知していなくても、特定の店舗が「家族に優しいファミリーレストランです!」とキャッチコピーのように名乗っているお店ならば十分に考えられる話です。

そもそも日本のファミレスは何をもってファミレスとするのか? その定義も曖昧ですが、スティーブは日本のファミレスがどのようなものかを理解しています。

そのスティーブに店舗の雰囲気(お子様メニューのあるなしやレイアウトなど)を考慮して、近い言葉をいわせると「Bar and grill」や「chain restaurant」になるという話です。

royal / loyal

ファミリーレストランのロイヤルホストが24時間営業をやめるというニュースをアプリで配信しました。時代的に無駄が多く、働く従業員にも負担がかかってしまう点から順次24時間営業をやめるようです。

ロイヤルホストのroyalは「国王の、女王の、王立の」などの意味があります。

loyalは「誠実な、信義に厚い、忠実な」などの意味があります。飲食店での常連客を表すのは「loyal customer」です。

I’m a loyal customer of Royal Host.
(私はロイヤルホストの常連客だ)

Royal Hostって名前は語感としてちょっと大げさではないか? と確認してみましたが、別に違和感はないそうです。飲食店は大げさな表現をしたりもするのでRoyal Hostは変な名前ではありません。

むしろスティーブがすごく奇妙だと言っていたのは長崎ちゃんぽん専門店「Ringer Hut」です。

意味がわからないし、何屋かもわからない。Ringerも何か意味があるのか? と確認してみたら、ringにerをつけたこの形がそもそも何かわからない、すごく不思議な名前に感じるそうです。辞書で調べるといちおう鈴を鳴らす人みたいな意味はあるみたいです。

由来を調べるとRingerさんというイギリス人がいて、hutが小屋、山小屋みたいな感じで「リンガーハット」です。日本人の感覚としては「鳥谷の小屋」「堀江の山小屋」みたいな飲食店があるような感じでしょうか。

孤独のグルメ

松重豊主演の深夜の人気番組『孤独のグルメ』のスペシャル版が放送されることをアプリのニュースで配信したことがあります。その際にこの番組は英語で以下のように説明されました。

Kodoku no Gurume is a TV show about a middle-aged businessman who samples foods from various minor restaurants. Although the restaurants are all real, they are not considered high-class establishments.
(『孤独のグルメ』は中年のビジネスマンがさまざまな小さなお店で食事をする姿を描くテレビドラマ。登場するお店はすべて実在だが、高級店などではないお店が取り上げられている)

establishで「設立する、制定する」、establishmentは「設立、創立」などの意味で知られていますが、ここでは名詞で「ビジネス」に近い意味で使われています。

これの日本語訳がぴったりくるものがなく、レストランやバーなども含めて広い範囲での「飲食ビジネス」みたいなものを指しています。

とても華やかでファンシーな響きのする言葉で、普通に使うと大袈裟すぎてジョークになってしまう雰囲気の言葉だそうです。

Have you ever been to my establishment?
(私のエスタブリッシュメントに来たことはありますか?)

設立物の全般を指すことが可能で「学校・病院・会社・営業所・ホテル・店」などをカバーしています。だからといって建物を指しているわけではないので、非常に日本語にするのに困る単語ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 日本人は本当に「無神論者で無宗教」なのか?
  2. 2016年、はてブで500を超えた英語学習の記事まとめ
  3. 英会話スクールの講師になる方法
  4. カタカナと発音が違う英語の都市名一覧
  5. as tall asとas short asは同じ意味なのか?

関連記事

  1. 以下と以上

    英文法とライティング

    以上、以下、未満、超えるの英語表現

    以下、未満、以上、超える(超過)などの英語表現をあらためて確認していき…

  2. だいたい2時

    英単語の使い方と単語比較

    approximatelyとaboutの違いについて

    東京の調布市でプロペラ機が民家に墜落する事故が発生したときにニュースと…

  3. パイオニア

    英語の使い方

    パイオニア編:2015年Timeが選ぶ最も影響力がある100人

    アメリカのニュースマガジンTIMEが『最も影響力がある100人』として…

  4. determine

    英単語の使い方と単語比較

    determineとdecideの違い

    ニュースにもよく登場するdetermineは、使われ方や文脈によってい…

  5. 電話

    英単語の使い方と単語比較

    call toとcall forとcallの違い

    基本単語すぎて取り上げたことがなかったので、あらためてネイティブの意見…

  6. neitrher

    英文法とライティング

    neither / either / both / の使い方

    似たような使われ方をする言葉ですがネイティブの意見と例文を交えながら確…

おすすめ記事

  1. パン
  2. フリーティー
  3. はてぶ
  4. センテンススプリング
  5. 失恋
  6. ツイッター
  7. asas
  8. 都市名
  9. 炎上
  10. 外国人

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. known to
  2. odds
  3. bet
  4. 梟(owl)
  5. ライン
  6. LINE
  7. relationship
  8. 保険用語の英語
  9. 料理
  10. フリー
  1. known as eminem

    イディオム・熟語・慣用句

    known asとknown forの使い分け
  2. 英語の先生

    日本文化

    英会話スクールの講師になる方法
  3. ハーフ

    文化と体験

    外国人のhalf(ハーフ)について
  4. wash

    イディオム・熟語・慣用句

    washを使った熟語・イディオム
  5. エドテック

    日本(Japan)

    2017年EdTech (エドテック)の展望~本当に来るの?~
PAGE TOP