店員

restaurant, eatery, dinerなど飲食店を表す英語

飲食店を表す英語は「restaurant(レストラン)」でだいたい行けますが、その形態によって細かく分類が可能なのでニュースに登場した飲食店をまとめてみました。

shop / restaurant / stand / eateryなどの言葉がありすべて飲食店を指すことができますが、微妙に形態が異なります。

厳密な定義があるわけではないのでスパッと「この店はこれ、この店はあれ」と区切ることができない感覚的なものです。また店が「うちはイータリーだ!」といった感じで名乗っていれば、もうそれはそうなんでしょう。

そういった事前のお断りをしたうえで、一般的な話では以下のように感覚的に分類されます。視覚的に感じられるようにそれぞれにGoogleの画像検索の結果を貼っていきます。

ファミリーレストランの項目については、長くなったので新しい記事にまとめなおしました。

restaurant(レストラン)

一般的に調理された食べ物を食べれる状態で提供するお店で、座席があるようなものです。カタカナの感覚に近く最もスタンダードな言葉です。

I went to a sushi restaurant.
(私は寿司屋に行った)

Yoshinoya is my favorite restaurant.
(吉野家は私のお気入りのレストランだ)

この中でイタリアン(Italian restaurant)やフレンチ(French restaurant)などさまざまに細分化されます。

日本人の感覚としてはすごく変ですがSushi restaurant(寿司レストラン)やSushi bar(寿司バー)なども海外では見かけます。

またマクドナルドやSubwayのような日本では一般的にレストランには分類されないファーストフード店も「fast-food restaurant」と表現できるのでカタカナより少し幅が広いです。

レストラン

restaurant

eatery(イータリー)

eatery(イータリー)は総称して「飲食店、食べ物を提供するお店」みたいな感じになるので、あらゆる形態・ジャンルの食べ物を提供するお店を指して「eatery」と呼ぶことができます。

eateryにはレストラン、屋台、ファストフード店、ダイナーなどあらゆるものを含むことができますが、一般的にはレストランと同義語と思っても問題ないと思います。

restaurantとeateryの違いはあってないようなものですが、restaurantのほうがよく使われる言葉です。

ethnic eateryやethnic restaurantもどっちも一緒といえば一緒です。高級店に対しても「eatery」は使うことができます。

This is a high-class eatery.
This is a high-class restaurant.

このあたりは厳密に定義はできないので使う人の感覚はもちろん、地域性や国柄も影響してくると思います。

イータリー

eatery

写真を見る限りは、レストランよりも少しカジュアルなものが多いのかなといった雰囲気はあります。

diner(ダイナー)

diner(ダイナー)は食堂と訳されることがありますが、何をもって「diner」とするのかの定義はちょっと曖昧です。スティーブに聞いても写真を見てもらったほうがはやいといっていました。

カジュアルな感じの「レストランの一種がダイナー」と言っていますが、その境界線がどこにあるのかは謎でネイティブに聞いてもはっきりしません。

ダイナー

diner

いくつかの写真から判断すると「席が赤い」「ボックス席がある」「ネオンの看板」「お酒も含めてわりとなんでも出す」などが感じられます。

アメリカンな雰囲気がしますが、座席のレイアウトなどは日本のファミレスに近いです。

補足:もともとは電車の食堂車や、トラックを改造したような移動式のお店のようなものを指していたそうです。レイアウト的に電車内を想像させる名残が感じられます。

Bar and grill(バーアンドグリル)

文字通り「バー&グリル」の意味で、スティーブは日本のファミリーレストランはこの「Bar and grill」が近いのではないかといっています。

バーのエリアと、グリル(料理)のエリアが明確でないにしろわかれている感じです。日本でも有名なフーターズ(Hooters)は、どちらかといえばBar and grillが近いのではないかといった話です。

Bar and grill

Bar and grill

いまいちピンと来ない形態ですが、たしかにお店のジャンルとして存在しているみたいです。

shop(ショップ)

shopは軽食やお菓子っぽいものならば使われますが、この場合はstoreも考えられます。

Mr. Donut is my favorite donut shop.
(ミスドは私のお気入りのドーナッツショップだ)

The is a candy store around the corner.
(キャンディー屋が角のあたりにあるよ)

shop

food shop

stand(スタンド)

屋台に近いもので、屋外で席がないタイプのお店です。

I bought takoyaki from the stand across the street.
(道路の向かいの屋台でたこ焼きを買った)

There are many hot dog stands in New York.
(ニューヨークには多くのホットドッグスタンドがある)

stand

stand

tavern(ターバン)

tavern(ターバン)はバーのようなお店で、ちょっとした食べ物と、古くは旅行者向けに宿を提供しているところが伝統的に多かったようです。

tavern

tavern

写真でみると木製の内装でファンタジーの世界観ですね。現代のターバンはこういった古風な雰囲気を残した感じで、もう少し洗練された感じの内装になっています。

シカゴ・カブスの有名な「やぎの呪い」の由来となった追い出された人物は「ターバン」の経営者で、現在も店は甥に引き継がれ「Billy Goat Tavern」としてシカゴで営業して、カブスファンが集うお店として世界的に知られています。

ヤギの子孫もいるそうで、108年ぶりに優勝決定したときはすごい盛り上がりだったでしょう。

bistrot(ビストロ)

「SMAP×SMAP」の名物コーナー、ビストロスマップでも知られる「ビストロ(bistrot)」ですが、これはフランス語で安い大衆食堂のようなものを指します。

SMAPの番組では、メンバーが高級レストランの一流シェフの格好をし、コーナーの冒頭では毎回クラシックの音楽が流れるため、日本ではこの言葉に高級なイメージ、例えば自分のオーダーに合わせてシェフがお洒落な創作料理を作ってくれるお店のような印象を持たれている方も多いかもしれません。

フランス語のbistrotは、実はその高級なイメージとは真逆で、地元の人や近くで働く労働者がお昼を食べに行ったり、仕事帰りにお酒を飲みに行くような、小さな大衆食堂、居酒屋を意味します。

価格も手ごろで、前菜、メイン、デザート、グラスワインを合わせてもだいたい1,000~1,500円程度が相場でしょうか。

日本人が「フレンチ」と聞いてイメージするようなレストランはフランスでも非常に高いため、フランスに住んでいるからといって日本より気軽に高級フレンチが食べられるかというと、そうでもありません。

高級フレンチレストランのことをフランス語では、「restaurant gastronomique(レストラン ガストロノミック)」と言います。

英語でもbistro(ビストロ)は通じ、同じく高くはないレストラン、飲み屋、食堂のようなものを指します。フレンチの他にイタリアンのお店にも使われたりします。

establishment(エスタブリッシュメント)

establishで「設立する、制定する」、establishmentは「設立、創立」などの意味で知られていますが、名詞で漠然とした「ビジネス」に近い意味で使われています。

松重豊主演の深夜の人気番組『孤独のグルメ』のスペシャル版が放送されることをアプリのニュースで配信したことがあります。その際にこの番組は英語で以下のように説明されました。

Kodoku no Gurume is a TV show about a middle-aged businessman who samples foods from various minor restaurants. Although the restaurants are all real, they are not considered high-class establishments.
(『孤独のグルメ』は中年のビジネスマンがさまざまな小さなお店で食事をする姿を描くテレビドラマ。登場するお店はすべて実在だが、高級店などではないお店が取り上げられている)

これの日本語訳がぴったりくるものがなく、レストランやバーなども含めて広い範囲での「飲食ビジネス」みたいなものを指しています。

とても華やかでファンシーな響きのする言葉で、普通に使うと大袈裟すぎてジョークになってしまう雰囲気の言葉だそうです。

Have you ever been to my establishment?
(私のエスタブリッシュメントに来たことはありますか?)

設立物の全般を指すことが可能で「学校・病院・会社・営業所・ホテル・店」などをカバーしています。だからといって建物を指しているわけではないので、非常に日本語にするのに困る単語ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. カタカナのビジネス用語は英語として本当に使えるのか?
  2. 英語で見たハンバーガーとハンバーグの違い
  3. 靴(shoes)の単数形と複数形
  4. 倍(2倍、3倍~)の英語表現
  5. 世界のツイッターフォロワー数ランキング!

関連記事

  1. goledn

    英単語の意味と使い方

    gold(ゴールド)とgolden(ゴールデン)の違い

    英単語のgoldとgoldenの違いについてネイティブの意見と例文を交…

  2. 英単語の意味と使い方

    XFER, X-large, x-ratedなど「X(エックス)」を感じる言葉

    SFコミックの「X-Men」などに代表されるようにアルファベットの「X…

  3. クラッシュ

    英単語の意味と使い方

    crash / clash / crushの違い

    「crash」と「clash」は混同しやすいですが意味も発音も違います…

  4. summon

    英単語の意味と使い方

    summonの意味と使い方

    summonは「呼び寄せる、来るように命じる」で、相手が自分の方に来る…

  5. スマッシュ

    和製英語とカタカナ英語

    スマッシュヒット(smash hit)の意味を考える

    日本の音楽業界用語では「スマッシュヒット」が大ヒットはしていないけど、…

  6. スナップ写真

    英単語の意味と使い方

    スナップ写真のsnapはどういう意味か?

    カタカナでも「スナップ写真」などのように使われているsnapですが、英…

おすすめ記事

  1. 日本人と無神論
  2. 本当は好きじゃなかった
  3. asas
  4. present
  5. シューズ
  6. deal with
  7. adjective(形容詞)
  8. ジブリ
  9. タクシー
  10. 支持する

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. cool(クール)
  2. vary
  3. as if / as though
  4. コーナー
  5. grind
  6. wipe
  7. practical
  8. uphold
  9. プリンシパル
  10. So am I
  1. 色を塗る

    英単語の意味と使い方

    pale, light, deep, vividなどの色の表現の違い
  2. have gone to

    英文法とライティング

    have been toとhave gone toに違いはあるの?
  3. love-trumps-hate

    英単語の意味と使い方

    Love trumps hate.の誤訳問題
  4. マーティン・シャリ

    英語圏のカルチャー

    2015年、ネット上で最も嫌われた人達
  5. alt

    英単語の意味と使い方

    オルタナティブ(alternative)の意味は?
PAGE TOP