snack(スナック・軽食)の英語での意味と使い方

snack(スナック・軽食)の英語での意味と使い方
 

公開日: 最終更新日:2021.09.21

英語でsnack(スナック)といえば「軽い食べ物、ちょっとした食べ物、おやつ、間食、夜食」全般を指すことになります。カタカナのスナックは袋のお菓子類を指すことが多いですが、英語ではハンバーガーやサンドイッチ、おにぎりあたりまで含まれてくる概念です。

ここでは英語のsnack(スナック)の使い方を例文にまとめています。日本の夜の世界の「スナック」については英語では言い表せる単語がないので説明する必要があります。

英語でのsnack(スナック)の意味

英語でのsnack(スナック)の意味

英語でsnack(スナック)といえば、カタカナと違ってポテトチップスやじゃがりこのような、袋に入ったお菓子だけではなく、ハンバーガー、ドーナツなどちょっとした食べ物も入ってきます。

より正確に言い表すならばmealにあたる「ブレックファースト、ランチ、ディナー」に含まれない、これらの間に食べるちょっとした食べ物全般と考えることができるので「間食」が、最も日本語で近いかもしれません。

例文

I went to McDonald’s and ate a snack.

マクドナルドに行って軽い食事をした。

例文

I quit eating midnight snacks, because I was getting fat.

夜食を食べるのをやめた。なぜなら太ったからだ。

例文

The bar serves various snacks like peanuts and pretzels.

そのバーはピーナツやプレッツェルのようなさまざまな軽食を出す。

例文

I had a piece of celery for a snack.

軽食にセロリを食べた。

例文

Oreos are common snack food.

オレオは一般的なスナックフードだ。

例文

My husband often has midnight snacks.

夫はしばしば夜中に軽食を食べる。

例文

I made a sandwich for a snack.

軽食にサンドイッチを作った。

例文

I like to have a cheeseburger for a midnight snack.

私はチーズバーガーを夜食に食べるのが好きだ。

例文

Major snack maker Calbee announced that they will sell funazushi flavored chips from November 13th.

大手お菓子メーカーのカルビーは鮒ずし味のポテトチップスを11月13日から発売することを発表した。

例えばサンドイッチなどは夕食にもスナックにもなるので、以下のような文章が両方とも成立します。

例文

I ate a sandwich for dinner.

私はサンドイッチを夕食に食べた。

例文

I ate a sandwich as a snack.

私はサンドイッチを間食に食べた。

snack(スナック)とは食べ物そのものの量や内容による分類ではなく、目的や状況によってつけられる名称と思ってもいいかもしれません。

snackを動詞で使う

snackは動詞でも使うことができ「軽食をとる、軽く食べる」です。snack onの形になります。

例文

I like snack on chips in the evening.

私は夜にポテチを食べるのが好きだ。

例文

She was snacking on popcorn while watching the movie.

彼女は映画を見ている間にポップコーンを食べていた。

類義語:refreshments

類義語:refreshments

軽い食べ物を表し、snackと似た意味がある言葉では「refreshments」などがあります。

refreshmentsは少しフォーマルな言葉遣いである点や、人によっては飲み物やあるいは飲み物とセットになっている食べ物といったイメージを抱く人もいます。

例文

Refreshments are served in the lobby.

ロビーでは軽食が提供されている。

例文

Call the flight attendant if you need any refreshments.

何か軽い食べ物/飲み物が必要な場合は客室乗務員を呼んでください。

少しフォーマルな言葉遣いなので、よくお客さんにあたる人に対して使われます。お店や映画館であったり、パーティーのホストからゲストに対してといった状況です。TOEICにもよく登場します。

したがってそうでない状況で使うとちょっと変な言葉遣いになります。

例文

〇 I like to have a snack before I go to bed.

寝る前に軽い食べ物を食べるのが好きだ。

例文

▲ I like to have a refreshment before I go to bed.

(言葉遣いとしては変です)

類義語:Uber Eatsのeats

「ウーバー・イーツ」のEatsの「S」はなんの「S」なんだろうか? と、ふと疑問に思ってこれなんなのか? と聞いてみました。食べるのは我々なので、三単現の「S」ではなさそうです。

「eats」でスラングで「食べ物」といった意味があるそうです。誰もが使うスラングかといえばそうでもなく、使う人は使うぐらいのものです。

いわゆる「ごちそう」的なものではなく、簡単なちょっとした料理・食べ物を指して使われることがあります。

例文

That was some good eats.

あれはいい食べ物だった。

例文

Let’s get some eats.

なんか食べよう。

その他の類義語

ほかにも軽い食事、軽食、間食、おかし、おやつに類する言葉はいっぱいあると思います。

dessert(デザート)はだいたい食事の後に出される甘いものを指しますが、場合によっては軽い食事にもなります。

例文

This pudding is a great dessert.

このプリンはすごいデザートだ。

例文

This is a new kind of frozen dessert.

これは新しい種類の凍ったデザートだ。

light meal(ライトミール)も軽い食事ですが、mealは明確に「朝飯、昼飯、夕食」のどれかなので、考え方が少し違います。

例文

I only have time for a light meal.

軽い食事をする時間しかない。

例文

I enjoy a light snack every afternoon.

午後に軽い間食を楽しんでいる。

ほかにもスラングで「nosh」あたりがありますが、このあたりをどう使うのかは地域や人によって違うので微妙なところです。少なくとも「nosh」はスティーブは使ったことがなく、映画でしか見たことがないといっていました。

例文

I noshed on an apple during my break.

休憩中にリンゴを軽く食べた。

お菓子だけを指すには?

お菓子だけを指すには?

snackはお菓子からサンドイッチ、ハンバーガーまで広く言い表せてしまいます。日本語だと「お菓子」にはサンドイッチ、ハンバーガー、おにぎりは含まれませんが、英語でいうと含んでしまうことになります。

お菓子だけを言いたい場合にどうしたらいいのか? は、もう具体的にチョコやキャンディーといえばいいんじゃないかという話です。

例文

Do you have something to snack on, like chips or chocolate?

何かちょっと食べ物ある? ポテチやチョコのような?

「light snack」も成立しますが「軽い間食」なので定義が人によって違います。ただし一般的には菓子類に近いものです。

例文

I enjoy a light snack every afternoon.

私は午後に軽い間食を楽しんでいる。

snack foodは食事にならない軽い食べ物です。

例文

They only sell snack foods at that store.

彼らはスナックフードだけをストアで売っている。

上の例文が意味するのは「スナックフードだけ売っている(食事になりそうなものは置いていない)」なので、たぶん菓子類だけであってサンドイッチやハンバーガーなどはないのだろうと感じさせます。

confection(砂糖のお菓子)

「confection」は「砂糖菓子、糖菓」といった意味です。砂糖を使ったお菓子全般を指せます。confectionerがそれを作る人です。

例文

The store was full of interesting confections.

そのお店は興味深い砂糖菓子でいっぱいだった。

例文

We had a type of fruit confection for dessert.

私達はフルーツの砂糖菓子をデザートに食べた。

基本的にはクッキー、ケーキ、キャンディ、アイスクリームなど砂糖を使ったあらゆるものを指せますが、具体的な名称がわかっているならばクッキーやケーキと言えばいいだけです。

confectionは名称がよくわからないお菓子に使われることが多く、特に和菓子などで分類しにくいものを言い表す際に用いられることがあります。

例文

A daifuku is a popular Japanese confection.

大福は人気の日本の砂糖を使ったお菓子だ。

例文

The store sells Japanese confections like yokan and manju.

その店は羊羹や饅頭のような日本の砂糖菓子を売っている。

例文

○ Hi-Chew is a popular Japanese confection.

◎ Hi-Chew is a popular Japanese candy.

ハイチュウは人気の日本のキャンディだ。

ハイチュウぐらいになると、もうキャンディといっても問題ないと思います。

日本の夜の「スナック」

スナックバー

日本の夜の歓楽街にあるママさんがいるような「スナック」については英語で伝えるのが難しいです。

英語でも「snack bar」はありますが、それは映画館などにあるちょっとしたお菓子や食べ物、飲み物を売っている上の写真のような場所です。

例文

I bought some chips at the snack bar.

スナックバーでポテトチップスを買った。

日本のスナックはひとことで言い表せる言葉がないのですが「hostess club」あたりが概念としては近いです。

Japan Timesが日本のスナックのカルチャーを英語でレポートしている記事がありました。

A rare glimpse into the world of Japan’s cozy ‘snack bars’ (sunakku)(Japan Times)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちのアプリもよろしくお願いします。

新作アプリをリリースしました!

YouTubeのチャンネルはじめました!

リスニングと英語教材のペラペ

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. shithole
  2. peace sign
  3. カタカナと発音が違う英語の都市名一覧
  4. 日本人と無神論
  5. middle finger

最近の記事

  1. digit(数字・桁・指)とdigital(デジタル)の意味と使い方
  2. hawk(鷹・ホーク・路上販売)の意味と使い方
  3. preparednessとpreparationの違い
  4. assumeの意味と使い方
  5. pilot(パイロット)の意味と使い方
  6. dispenser(ディスペンサー)とdispenseの意味と使い方
  7. appreciateの意味と使い方、thank youとの違い
  8. weaveの意味と使い方
PAGE TOP