「-ry」「-ery」が接尾辞でつく名詞について

「-ry」「-ery」が接尾辞でつく名詞について

英語には名詞の最後に「-ry」「-ery」がつくものがあります。例えば「weapon」と「weaponry」や、「machine」と「machinery」のような言葉で〇〇類といった訳があてられます。

ほかにも「bakery(ベーカリー)」「winery(ワイナリー)」などカタカナで浸透している言葉もあります。これらは場所に対して使われています。

「状態・能力・動き」を表す「-ry」「-ery」もあるので簡単にですが分類をしてみました。

接尾辞の「-ry」「-ery」

接尾辞の「-ry」「-ery」

英語の名詞には言葉の最後に「-ry」「-ery」がつくけれど、さほど意味の違いが見られないものがあります。

例えば武器を意味する「weapon」と「weaponry」のようにどちらで表現してもニュアンスや意味するものが変わる可能性はありますが、文章としては成立するケースもあります。

例文

A sword is a weapon.

剣は武器だ。

例文

A sword is weaponry.

剣は武器類だ。

下段の例文は分類が「武器類」であるといい、上段の例文は物体として「1本の剣は1つの武器だ」といっていますが、どちらも同じような意味です。日本語で考えても微妙な差ですが、英語で考えても微妙な差になります。

どちらも名詞で同じような意味になるものもありますが「-ry / -ery」の意味でもいくつかのタイプに分類できます。

〇〇類

〇〇類、〇〇性といった日本語になり、集合的に「ある物体の集団」といった意味合いで使われている言葉もけっこうあります。machineryは「機械類」といった訳があてられます。

例文

The room was full of antique weaponry.

その部屋はアンティークの武器類でいっぱいだった。

例文

The traditional store specializes in Japanese confectionery.

その伝統的な店舗は日本の菓子類に特化している。

例文

The company makes custom machinery for factories.

その会社は工場向けの特別注文の機械類を作っている。

例文をすべてweapon(武器)、confection(砂糖菓子)、machine(機械)の複数形で書き直しても似たような意味になってしまいます。

例文

The room was full of antique weapons.

The traditional store specializes in Japanese confections.

The company makes custom machines for factories.

(同じような意味です)

場所

何か特定のことをする場所、特定のことが起こる場所といった意味にもなります。

これは「bakery(ベーカリー)」「winery(ワイナリー)」などカタカナで浸透している言葉も多いです。

例文

This is my favorite bakery.

ここはお気に入りのベーカリーだ。

例文

We converted the room into a nursery for the new baby.

私たちはその部屋を新しい赤ちゃんの子供部屋に変えた。

例文

This prefecture has the oldest sake brewery in Japan.

この県には日本最古の酒醸造所がある。

例文

The company owns several eateries downtown.

その会社は繁華街にいくつかの飲食店を所有している。

状態・能力・動き

ry/ -eryがついて状態、振る舞い、能力などを表すケースもあります。

例文

She has a mastery of several languages.

彼女はいくつかの言語に精通している。

例文

She joined the archery club at the community center.

彼女はコミュニティーセンターでアーチェリークラブに参加した。

例文

Their rivalry lasted throughout high school.

彼らの競争状態は高校の間続いた。

例文

Her bravery was rewarded with a medal.

彼女の勇敢さはメダルが褒美で贈られた。

形容詞については以下の記事にまとまっています。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ifと仮定法

    Grammar / 英文法

    ドリフで考えるifと仮定法(もしも威勢のいい銭湯があったら)

    if単体では「もしも」の意味ですが、仮定法の話題に突入すると急に話がや…

  2. nude(ヌード)とnaked(ネイキッド)の違い

    英単語の意味と使い方

    nude(ヌード)とnaked(ネイキッド)の違い

    2つとも裸であることを表してはいますが、共通して同じ意味で使うことも可…

  3. eyeを使った英語の表現(例文付き)

    英単語の意味と使い方

    eyeを使った英語の表現(例文付き)

    eyeは「目」のことですが、人間の目は2つあるので両目を指す場合はey…

  4. recipientの意味と使い方、receiverとの違い

    英単語の意味と使い方

    recipientの意味と使い方、receiverとの違い

    recipient(レシピエント)は「受け取る人」のような意味で、賞の…

  5. indeed

    英単語の意味と使い方

    英語の「indeed」の意味と使い方

    indeed(インディード)は品詞としては「副詞」にあたり、何かを強調…

  6. head(ヘッド・頭)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    head(ヘッド・頭)の意味と使い方

    headは「ヘッド・頭」のことですが、動詞で使うとプロジェクトや組織な…

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. カタカナ都市名
  2. タクシー
  3. 仕事
  4. asas
  5. ハンバーグ




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. brute / brutal / brutalityの意味と使い方
  2. limit(リミット)とlimited(リミテッド)の意味と使い方
  3. structure / restructureの意味と使い方
  4. again / once again / once more / one more timeの意味と使い方の違い
  5. squeeze(スクイーズ・しぼる)の意味と使い方
  6. spare(スペア)の意味と使い方
  7. subscription(サブスクリプション)とsubscribe(サブスクライブ)の意味を英語で考える
PAGE TOP