catering(ケータリング)とcaterの意味と使い方

cater / catering(ケータリング)の意味と使い方

catering(ケータリング)はイベントなどに食事や飲み物を提供する商売としてカタカナでも聞かれるようになりました。もとは動詞のcaterで「ケータリングをする、食事を提供する」の意味になります。

delivery(デリバリー)との違いでいえば、個人に1食ぐらいを配達するのに対して、catering(ケータリング)はイベント・式典にまるごと料理を提供する点で少し意味合いが違います。

またcater toのような形である特定の分野の「期待に応える、特化する」といった意味や、満足させるみたいな使い方もあります。例文にまとめているので参考にしてください。

caterの意味と使い方

caterの意味と使い方

カタカナの「料理のケータリング」は定義は少し定まっていない感じはありますが「顧客のもとに行って調理をして料理を提供する」「個人の住宅に料理を提供するよりも、結婚式・法事などイベントの会場への派遣」などを指します。

ただ広い意味ではお店で調理したものを大量にイベントの会場に運ぶ「仕出し」なども含まれます。これについてはデリバリーとの違いを含めて次の項目に書いています。

英語でも動詞で「cater」を使うと「ケータリングする / イベントの料理の担当をする」の意味になります。食べ物や飲み物をあるイベントなどに提供することです。

caterそのものが「ケータリングをする」という動詞になっているので「do catering」のような表現をする必要があります。以下の例文を参考にしてください。

例文

That restaurant also caters.

あのレストランはケータリングもやっている。

例文

We need to find a company to cater our wedding.

私たちは私たちの結婚式の料理を出す会社を見つける必要がある。

catering(ケータリング)の意味と使い方

catering(ケータリング)の意味と使い方

英語でのcateringは「ケータリング」と考えることができますが、これは単なるcaterにingをつけて動名詞にしているだけで特別に意味があるわけでもありません。

例文

He runs a catering business.

彼はケータリングのビジネスを運営している。

例文

Catering a party that big is difficult.

そんな大きなパーティーへのケータリングは難しい。

caterに「er」をつければcatererとなりケータリング業者を意味します。ケータラーのように読みます。

例文

We have to pay the caterers extra.

私たちはケータリング業者に追加料金を払わないといけない。

delivery(デリバリー)とcatering(ケータリング)の違い

delivery(デリバリー)とcatering(ケータリング)の違い

カタカナの定義はよくわかりませんが、英語でも辞書によっては「料理人を派遣するタイプの配膳」のような定義があったりします。しかし、日常における英語での定義としては「イベントまるごとの食事・飲み物を担当する」ぐらいの感覚で使われます。

delivery(デリバリー)/ deliver(デリバー)との違いは、deliveryは通常はピザ1枚など1食ぐらいを個人に配達・出前するのに対して、caterはイベントなどに丸ごと食事を提供する行為です。

品詞をあわせるなら名詞が「delivery(デリバリー)とcatering(ケータリング)」です。動詞が「deliver(デリバー)とcater(ケーター)」になります。

どこで食事を調理するのか、料理人も含めて派遣するのかは、顧客にすればあまり重要ではなく、料理の面倒をすべて丸ごとみてくれる行為がcaterです。

ただし実際には提供する量や冷めたりといった輸送の問題もあって、おいしい料理を大量に提供するため料理人も含めて会場に派遣してそこで調理する形が多くみられます。

cater toの意味と使い方

cater toの意味と使い方

cater toになると「特定の人々の要望に応える」、ある特定の分野に特化して専門に扱うといった意味もあります。

ターゲットにしている、特化している、ぐらいに考えても意味は通ります。

例文

These cafes cater to people working online.

これらのカフェはネット上で働く人々の要求に応えることを専門としている。

例文

His accounting firm caters to small businesses.

彼の会計事務所は小規模な商売を専門に扱っている。

例文のカフェならば「無料WiFiが完備している」「電源を自由に使っていい」「オンラインのコミュニティがあり人とつながれる仕組みがある」といったようなことです。

満足させる、喜ばせる

満足させたり喜ばせたりする意味もあります。これも期待に応えているの延長にあると考えてもいいと思います。

例文

The president was accused of catering to radical religious groups.

その大統領は急進派の宗教的なグループを喜ばせたことで責められた。

例文

He catered to her every whim.

彼は彼女のあらゆる気まぐれを満足させた。

cater to whimは「~の気まぐれを満たす・応じる」という意味でよく使われる表現です。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. sign(サイン) + up, in, up, off, over, awayの違い

    英単語の意味と使い方

    sign + up, in, off, out, over, awayの違い

    動詞のsignは自分の名前を書くこと、署名をすることですが、これに前置…

  2. cap

    英単語の意味と使い方

    cap(キャップ)の意味と使い方

    cap(キャップ)といえば「帽子」や「蓋」の意味もありますが、ビジネス…

  3. iphone

    英文法とライティング

    iPhoneやgoogleを小文字にするか? 大文字にするか?

    英語の文章における大文字と小文字の基本的な使い分けについては以前の記事…

  4. attributeの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    attributeの意味と使い方

    attributeは「ある出来事などの原因が〇〇である」といった原因・…

  5. 「自慢する」のboastとbragの意味の違い

    英単語の意味と使い方

    「自慢する」のboastとbragの意味の違い

    boastとbragはともに「自慢する」の意味があり、何か自分の実績や…

  6. up-to

    イディオム・熟語・慣用句

    up to(最大・次第・数字)の意味と使い方

    up toは会話表現でもよく登場する言葉で「~次第だ」と「最大で〇〇だ…

おすすめ記事

  1. middle finger
  2. 支持する
  3. お客さん
  4. センテンススプリング
  5. manager




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. enticeの意味と使い方
  2. hike(引き上げ・ハイキング)の意味と使い方
  3. adjust / adjustment / adjustableの意味と使い方
  4. sailの意味と使い方
  5. custody(親権・養育権・保護)の意味と使い方
  6. cause(原因・引き起こす)の意味と使い方
  7. port(ポート・港)の意味と使い方、harbor(ハーバー)との違い
  8. surface(表面・上っ面・浮かび上がる)の意味と使い方




PAGE TOP