テスト・試験の結果を伝える英会話

テスト・試験の結果を伝える英会話

人生の中ではさまざまな試験やテストを受けますが、その結果について話すことも多いと思います。ここでいうテストは学校での試験などをイメージしています。

「テストの結果が悪かった/良かった」「点数が上がった、下がった」「試験はどうだった?」みたいな会話はよくあります。

ここではテスト結果、試験の結果について話す時に使える英会話表現を集めてみました。特に「80点だった」という時に英語ではpointをあまり使いません。いくつか英語と日本語でとらえ方が違う部分もあります。

あわせて『testとexaminationの意味の違い』もご覧ください。

テストの点数についての英語表現

テストの点数についての英語表現

テストの点数についての会話をいくつかご紹介します。良かった悪かったさまざまな聞き方、答え方があると思いますが以下の会話を参考にしてください。

例文

When will you get the test results?

いつテスト結果がわかるの?

例文

I got the test results back yesterday.

昨日、試験の結果を受け取ったよ。

例文

I haven’t got the test results yet.

まだ結果はかえってきてないよ。

例文

A:How did you do on the test?

A:テストどうだった?

B:Great. I got 90%.

B:よかったよ。90%は取れたね。

例文

A:What did you get on the exam?

A:テストはどれくらいだった?

B:I only got 20 out of 50.

B:50点中たった20点だったんだ。

例文

A:Did you get the results back from the test?

A:テストの結果はかえってきた?

点数の表現で「100点中の80点だった」のようなout ofを使うことについては別の記事にまとめています。

合格・不合格

合格の場合はpass(過去形:passed)、不合格の場合はfail(過去形:failed)を用いるのが一般的です。

例文

B:Yes. I passed with an 85%.

B:うん。85%で合格したよ。

B:I failed the examination.

B:試験に不合格だったよ。

何点足りなかったみたいな表現は以下のような形です。

例文

I failed Eiken level two by five marks.

英検2級に5点足りずに不合格だった。

例文

I passed Eiken level two by five marks.

英検2級に5点プラスで合格した。

良さそう、うまくいってそうな場合は以下のように表現できます。

例文

I think I did well.

I expect good results.

うまくいったと思う。

「I expect good results.」良い結果だと見込んでいる、なので健康診断のようなものにも使えます。


テストの点・配点について

カナダ人のスティーブが「日本人はよくテストの話題になると”ポイント”という単語を使うけど、その使い方がちょっと変だと思う」と言っていました。

おそらく彼がいうのは「この問題はポイントが高い」などの配点に対しての使い方だと思います。日本語でいう「点」にあたる部分です。

個々の配点などについてはmarkを使うのが一般的です。lose point(ポイントを失う)みたいな表現が間違いではありません。より一般的でなくなるという話です。

例文

He lost marks for spelling mistakes.

彼はスペルをミスして点を失った。

例文

△ He lost points for spelling mistakes.

(こういう言い方をあまりしない)

例文

He always gets high marks in math.

彼は数学で高い点をいつも手に入れる。

例文

△ He always gets high points in math.

(同じくこの言い方をしない)

例文

My score went down twenty percent from last time.

前回の試験よりスコアは20%下がったよ。

例文

My score is twenty marks lower than last time.

前回より20点低いよ。

例文

My score went up twenty percent from last time.

前回の試験よりスコアは20%上がったよ。

例文

My score is twenty marks higher than last time.

前回より20点高いよ。

例文

A:How many marks is this question worth?

A:この問題は何点分の配点?

B:This question is worth five marks.

B:この質問は5点です。

このBのセリフのような場合には日本人は「five points」といってしまうけど、この使い方をあまりしないといった意味です。

markには「採点をする」といった意味もあります。点数を取ることを「ハイスコアをマークする」とはあまりいわない点についても以下の記事をご覧ください。

score(スコア)について

最終結果の「score」ともまた別の話になり、スコア(score)について話すときは、日本語での「点」にあたる言葉を特に何もつけません。

日本人だと「85点」に引きずられて「85ポイントだったよ」と英語でも言ってしまいますが、この使い方をあまりしないそうです。

例文

A:What was your score on the test?

A:試験の結果は何点だった?

B:I got 20 out of 25.

B:25点中の20点だよ。

例文

A:What did you get on the TOEIC test?

A:TOEICのスコアは何点だった?

B:I got a 620.

B:620だったよ。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. complex

    和製英語とカタカナ英語

    「複雑」のcomplexとcomplicatedの違い

    complexとcomplicatedはともに「複雑な」といった意味で…

  2. 炎上

    スラング

    ブログやツイッターのネット炎上は英語でどういうか?

    日本語でブログやツイッターなどのソーシャルメディアなどにコメントが殺到…

  3. key(鍵)の意味と使い方

    カタカナビジネス英語

    key(鍵)の意味と使い方、鍵をかけるは英語でどう言うか?

    keyは家のドアなどにかけられたロックをあけるためのモノであり、無くす…

  4. feast(ごちそう・宴会)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    feast(ごちそう・宴会)の意味と使い方

    feastは「ごちそう、豪華な食事」の意味やまたそういった料理が出され…

  5. niche(ニッチ)の意味と使い方

    カタカナビジネス英語

    niche(ニッチ)の意味と使い方

    カタカナで使われるニッチは、英語でもnicheとなり「隙間産業」「特定…

  6. would

    英文法とライティング

    わかりやすいwouldの意味と使い方

    wouldはwillの過去形ではありますが、使い方がよくわからないと悩…

おすすめ記事

  1. ハンバーグ
  2. asas
  3. ミッションインポッシブル
  4. シューズ
  5. hack(ハック)の意味と使い方




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. equip(装備させる)とequipped withの意味と使い方
  2. scene(シーン・場面・光景)の意味と使い方
  3. come with / come complete withの意味と使い方の違い
  4. episode(エピソード)の意味と使い方
  5. 「I’m fine, thank you. And you?」と教科書で本当に習うのか? ネイティブは言わないのか?
  6. equipment / tool / facility / machineの意味の違い
  7. scoop(スクープ)の意味と使い方
  8. wave(波・手を振る)の意味と使い方




PAGE TOP