テスト・試験の結果を伝える英会話

テスト・試験の結果を伝える英会話

人生の中ではさまざまな試験やテストを受けますが、その結果について話すことも多いと思います。ここでいうテストは学校での試験などをイメージしています。

「テストの結果が悪かった/良かった」「点数が上がった、下がった」「試験はどうだった?」みたいな会話はよくあります。

ここではテスト結果、試験の結果について話す時に使える英会話表現を集めてみました。特に「80点だった」という時に英語ではpointをあまり使いません。いくつか英語と日本語でとらえ方が違う部分もあります。

あわせて『testとexaminationの意味の違い』もご覧ください。

テストの点数についての英語表現

テストの点数についての英語表現

テストの点数についての会話をいくつかご紹介します。良かった悪かったさまざまな聞き方、答え方があると思いますが以下の会話を参考にしてください。

例文

When will you get the test results?

いつテスト結果がわかるの?

例文

I got the test results back yesterday.

昨日、試験の結果を受け取ったよ。

例文

I haven’t got the test results yet.

まだ結果はかえってきてないよ。

例文

A:How did you do on the test?

A:テストどうだった?

B:Great. I got 90%.

B:よかったよ。90%は取れたね。

例文

A:What did you get on the exam?

A:テストはどれくらいだった?

B:I only got 20 out of 50.

B:50点中たった20点だったんだ。

例文

A:Did you get the results back from the test?

A:テストの結果はかえってきた?

点数の表現で「100点中の80点だった」のようなout ofを使うことについては別の記事にまとめています。

合格・不合格

合格の場合はpass(過去形:passed)、不合格の場合はfail(過去形:failed)を用いるのが一般的です。

例文

B:Yes. I passed with an 85%.

B:うん。85%で合格したよ。

B:I failed the examination.

B:試験に不合格だったよ。

何点足りなかったみたいな表現は以下のような形です。

例文

I failed Eiken level two by five marks.

英検2級に5点足りずに不合格だった。

例文

I passed Eiken level two by five marks.

英検2級に5点プラスで合格した。

良さそう、うまくいってそうな場合は以下のように表現できます。

例文

I think I did well.

I expect good results.

うまくいったと思う。

「I expect good results.」良い結果だと見込んでいる、なので健康診断のようなものにも使えます。


テストの点・配点について

カナダ人のスティーブが「日本人はよくテストの話題になると”ポイント”という単語を使うけど、その使い方がちょっと変だと思う」と言っていました。

おそらく彼がいうのは「この問題はポイントが高い」などの配点に対しての使い方だと思います。日本語でいう「点」にあたる部分です。

個々の配点などについてはmarkを使うのが一般的です。lose point(ポイントを失う)みたいな表現が間違いではありません。より一般的でなくなるという話です。

例文

He lost marks for spelling mistakes.

彼はスペルをミスして点を失った。

例文

△ He lost points for spelling mistakes.

(こういう言い方をあまりしない)

例文

He always gets high marks in math.

彼は数学で高い点をいつも手に入れる。

例文

△ He always gets high points in math.

(同じくこの言い方をしない)

例文

My score went down twenty percent from last time.

前回の試験よりスコアは20%下がったよ。

例文

My score is twenty marks lower than last time.

前回より20点低いよ。

例文

My score went up twenty percent from last time.

前回の試験よりスコアは20%上がったよ。

例文

My score is twenty marks higher than last time.

前回より20点高いよ。

例文

A:How many marks is this question worth?

A:この問題は何点分の配点?

B:This question is worth five marks.

B:この質問は5点です。

このBのセリフのような場合には日本人は「five points」といってしまうけど、この使い方をあまりしないといった意味です。

markには「採点をする」といった意味もあります。点数を取ることを「ハイスコアをマークする」とはあまりいわない点についても以下の記事をご覧ください。

score(スコア)について

最終結果の「score」ともまた別の話になり、スコア(score)について話すときは、日本語での「点」にあたる言葉を特に何もつけません。

日本人だと「85点」に引きずられて「85ポイントだったよ」と英語でも言ってしまいますが、この使い方をあまりしないそうです。

例文

A:What was your score on the test?

A:試験の結果は何点だった?

B:I got 20 out of 25.

B:25点中の20点だよ。

例文

A:What did you get on the TOEIC test?

A:TOEICのスコアは何点だった?

B:I got a 620.

B:620だったよ。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. find(わかる・思う)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    find(思う・見つける・わかる)の意味と使い方

    findは「見つける」の意味で広く使われる基本単語ですが、この意味以外…

  2. integrate / integrationの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    integrate / integrationの意味と使い方

    integrateは「結合・融合させる」といった意味で政治的な統合など…

  3. photo / picture / imageの意味の違い

    英単語の意味と使い方

    photo / picture / imageの意味の違い

    photo(フォト)またはphotograph(フォトグラフ)はカメラ…

  4. 「架空の、空想の、想像の」を英語でどういうか?

    英単語の意味と使い方

    「架空の、空想の、想像の」を英語でどういうか?

    「架空の、想像の、空想の」を英語で表現するには「fictional」「…

  5. join(ジョイン)

    カタカナビジネス英語

    joinとjoin inの違い、「ジョインする」の意味

    joinとjoin inの違いは、joinが人の集団、チーム、グループ…

  6. long-time

    英単語の意味と使い方

    long-timeの意味と使い方

    long-time / longtimeは長い間の期間を表す言葉です。…

おすすめ記事

  1. lay-lie
  2. ハンバーグ
  3. ツイッター
  4. hack(ハック)の意味と使い方
  5. accident / incident




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. summit(サミット)の意味と使い方、peakとの違い
  2. lifespanとlife expectancyの意味の違い
  3. disputeとargue(argument)の意味の違い
  4. Tenderの意味と使い方
  5. bunch(束・房)の意味と使い方
  6. clean up / clean out / cleanの意味の違い
  7. clue(クルー)の意味と使い方
  8. craft(クラフト)の意味と使い方




PAGE TOP