row / low / law / rawの意味と発音の違い

row / low / law / rawの意味と発音の違い

日本人にとっては似た音になりますが意味はぜんぜん違い、それぞれrow(漕ぐ・列)、low(低い)、raw(生の)、law(法律)となります。

カタカナで書けば「ロー」とするか「ロウ」とするかであり、そこからLとRの発音の違いがあるためカタカナでは表記の差別化ができない英語独自の音です。

発音の違いも問題ですが、意味も見間違えたりする可能性もあるので簡単に使い方をまとめておきます。

読み方・発音の違い

違いは音声ファイルを聞き比べてみてください。カタカナで表現できない英語の発音の領域です。それぞれの使い方は個別の項目を見てください。

row【róu】漕ぐ・列
low【lóu】低い
raw【rɔ́ː】生の
law【lɔ́ː】法律

row(漕ぐ・列)

rowの意味

rowは意味が多い単語ですがボートなどを「漕ぐ」として使われます。発音は【róu】です。

row【róu】

例文

We rowed the canoe up the river.

私たちは川でカヌーを漕いだ。

例文

He was on the rowing team at his university.

彼は大学でボートクラブにいた。

音楽の教科書に掲載されていたかもしれませんが日本語で『漕げよマイケル』で知られる歌は『Michael, Row the Boat Ashore』です。

他にもエクセルなどの「行」の意味で使われるのも見かけます。

例文

Can you delete that row from the spreadsheet?

その行をスプレッドシートから消してくれますか?

また「連続して」や「1列に並んで」の意味の「in a row」も頻出の表現です。

low(低い)

lowの意味

high(高い)の反対のlow(低い)です。高さだけではなく、バッテリーなどが空に近い状態などにも使うことができます。

発音は【lóu】です。

low【lóu】

例文

My battery is low. Can I borrow your charger?

電池が少ない。充電器を借りれる?

例文

He bowed very low when meeting the king.

王様にあったとき、彼はとても深くおじぎをした。

raw(生の)

rawの意味

生の、加工していないの意味で「刺身」などの料理にもよく登場します。他にも未加工のデータなどにも使われます。

発音は【rɔ́ː】です。

raw【rɔ́ː】

例文

You need to be careful when eating raw meat.

生肉を食べるときは、注意する必要がある。

例文

Raw eggs are common in Japan.

生卵は日本では一般的だ。

加工していないことから自然と備わっている才能に対しても使われます。rawについては個別のページで他の熟語などもあわせて詳しくご紹介しています。

law(法律)

lawの意味

lawが「法律」の意味です。文脈によっては司法や警察を意味する場合もあります。また科学などの「〇〇の法則」の法則もlawと訳されることがあります。

発音は【lɔ́ː】です。

law【lɔ́ː】

例文

Stealing is against the law.

盗みは法律に反する。

例文

He broke the law, so he must be punished.

彼は法を犯したので、罰せられなければならない。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. go to hell

    英単語の意味と使い方

    go to hellの意味と使い方

    go to hellはそのまま文字通り「地獄へ行け」となり、拒絶や拒否…

  2. toward

    英単語の意味と使い方

    toward(towards)の使い方(例文付き)

    towards(またはtoward)は「~の方へ、~に向かって」といっ…

  3. 高い

    英単語の意味と使い方

    high / height / tallの違いについて

    どれも「高さ」に関連する表現ですが、ニュースでは人の身長や建物の高さな…

  4. kick out / kick(キック)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    kick out / kick(キック)の意味と使い方

    kick outは誰かを追い出す際に使われる表現で、学校ならば「退学さ…

  5. emeritus(上皇)とemerita(上皇后)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    emeritus(上皇)とemerita(上皇后)の意味と使い方

    emeritusは第一線、現役を退きまだ影響力を残すような地位の高い男…

  6. later onとlaterの違い

    英単語の意味と使い方

    later onとlaterの違い

    later onとlaterはどちらも同じ意味で「あとで、のちに」です…

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. bread
  2. Japanese
  3. adjective(形容詞)
  4. タクシー
  5. 影響を与える




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. come throughの意味と使い方
  2. hospital(ホスピタル)とclinic(クリニック)の違い
  3. stigma(スティグマ・烙印・汚名)の意味と使い方
  4. postpone(延期する)の意味と使い方
  5. nameの動詞・名詞での使い方
  6. firsthand / secondhandなど「hand(ハンド)」を使った英語表現
  7. need / in need of / needyの意味と使い方
  8. compromise(妥協・譲歩)の意味と使い方
PAGE TOP