英語で西暦(年代)の読み方

西暦

西暦の読み方・発音については習慣的なルールがありますが、人によって読み上げ方が異なるケースもあります。英語圏でも論争があるようですが、今回は一般的と思われるものをネイティブの意見を交えながらまとめています。

読み方の要点としては「thousand(千)」「hundred(百)」を使うかどうかにあります。

カナダ人のスティーブに意見をもとめましたが、彼の見解を以下の簡単な記号でまとめています。

「◎」が最も一般的な表現の仕方です。

「○」は特に変ではなく◎ほどではないですが使う人もいます。

「✕」は普通のネイティブスピーカーならばまずこの言い方はありえないだろう表現。

年代の読み上げ方

1900年代などの近代はわりと統一されていますが、2000年代に入ってからと古い時代になると意見が少しわかれます。

基本的にthousandを使うのは2000年以降だと思って間違いないと思います。

1979年

◎ nineteen seventy-nine

✕ nineteen hundred seventy-nine
✕ one thousand nine hundred seventy-nine

ちょうど真ん中で区切るのが1900年を発音する一般的な形です。

2001年

◎ two thousand one
○ twenty-o-one

✕ twenty hundred and one

2000年に入ったゼロ年代は一番上の表現が最も一般的です。ただし、2番目の言い方もされます。

2011年

◎ two thousand eleven
◎ twenty eleven

✕ twenty hundred eleven

最近の年を表現しています。上の2つが同じぐらいの頻度で使われています。

1289年

◎ twelve hundred eighty-nine
○ twelve eighty-nine

✕ one thousand two hundred eighty-nine

近い年代ではhundredは絶対に使いませんが、いわゆる「大昔」のことを指す場合はhundredを使って表現するようになります。

1832年

◎ eighteen hundred thirty-two
◎ eighteen thirty-two

✕ one thousand eight hundred thirty-two

意見がわかれるのが1832年のように「大昔」とはいえないけど「最近」でもない微妙な年代です。

1900年代ではhundredは使いませんが、1800年代ではhundredを使っても、使わなくても、どっちも同じ感覚になるそうです。

827年

◎ eight hundred twenty-seven

✕ eight twenty seven

3桁年代になると逆に絶対にhundredを使って表現することになります。

1000年

基本的にthousandを使うのは2000年以降の話ですが、例外的に1000年ないし1000年代はきりがいいのでthousand使う人が多いです。

ただし根本的なところで、日常会話で1000年頃の話はそう話題にならないので、人によって違うかもしれないという話です。

紀元前と紀元後の表記

紀元前・紀元後を表す時にBC(before Christ)/AD(anno Domini)という表記もあります。

BC(before Christ)
AD(anno Domini)

BC/ADの表記は文字通りイエス・キリストの誕生を基準に考えられています。ADはラテン語ですが、英語ではin the year of Our Lord(我らの主の年)なので、どちらも非常にキリスト教色の強い表記です。

そういった背景もあって特定の宗教の色合いがでない、キリスト教中心的なニュアンスをなくした中立的表現としてBCE/CE表記も広く使われています。

BCE(before the Common Era)とCE(Common Era)が紀元前と紀元後を表しています。

どちらが良いとか、どちらを使えの問題ではなく、書き手の信条や場所などによってどの表記をするか選択するような問題です。

*CEをChristian Eraと解釈するケースもあり、これだとまたキリスト教色が強くなります。

AD/BCを含めた読み方

だいたい1年~1100年ぐらいまではADやBCをつけることが多いようですが、いつからつける、つけないは感覚的なものです。あってもなくても間違いではなく正解です。

1000 AD
=”one thousand AD”

800 AD
=”eight hundred AD”

1049 AD
=”ten forty nine AD”
=”one thousand forty nine AD”

1600年代、80年代のような言い方

1600年代のような言い方は以下のように表記しカッコ内のように読み上げます

17th century
= the 1600s (the sixteen hundreds)

ただし、まれにthe 1600sと書くと1600年のゼロ年代、つまり1600年~1609年を指すケースもあります。

その場合、混同をさけるために「the 1600s decade(1600年~1609年の10年間)」とわかるようにdecadeを入れます。

これはゼロ年代にのみ起こる混同で、それ以降は普通に以下のように書きます。

1610s / sixteen tens
1670s / sixteen seventies

1700年代になるとまた同じ問題に遭遇しますが、同様に扱ってください。

1900年代以降

1900年代以降はnineteenの部分を省略できます。これは日本語も同じで、1980年代とするか80年代とするかの問題です。日本語で80年代といえば普通は1980年代を指しています。

1910s = the ninteen tens
1940s = 40s = the forties
1990s = 90s = the nineties

2000年代はしばしば以下のように発音されます。

2000s = “the two-thousands” (2000年~2009年)
上の場合もthe 2000s decadeとしたほうが誤解がありません。

2010s = “the two-thousand tens.”(2010年~2019年)

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. rich / wealthy

    英単語の意味と使い方

    rich / wealthy / well off / abundant / affluentの違い…

    どれも日本語にすると「豊かである、富む」といった訳が成立しますが、それ…

  2. dish(ディッシュ)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    dish(ディッシュ)の意味と使い方

    dish(ディッシュ)は料理をのせるお皿の意味のほかにも、料理そのもの…

  3. bingeの意味と使い方

    スラング

    binge / binge-watch / binge-eatの意味と使い方

    binge(ビンジ)は何かを過度にすることを意味するスラングで、よく使…

  4. gray

    イギリス英語とアメリカ米語

    灰色・グレーの「grey」と「gray」の違い

    grey / grayは結論から先に書けば綴り・スペルが違いますが、ど…

  5. ライトアップ

    英単語の意味と使い方

    light(光・明かり)とライトアップの意味を考える

    みなさんご存知のように英語のlightには「光、明かり、ライト、光源」…

  6. greet / greeting(グリーティング)の意味の使い方

    英単語の意味と使い方

    greet / greeting(グリーティング)の意味と使い方

    greetが動詞で丁寧な形で「挨拶をする」「出迎える」といった意味で使…

おすすめ記事

  1. お客さん
  2. accident / incident
  3. ゆるキャラ
  4. select
  5. 炎上




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. routeの意味と使い方
  2. choke(チョーク)の意味と使い方
  3. novelty(ノベルティ)とnovelの意味と使い方
  4. tour(ツアー)の意味と使い方
  5. give awayの意味と使い方
  6. decoration(デコレーション)/ decorate(デコレート)の意味と使い方
  7. exercise(エクササイズ)の意味と使い方




PAGE TOP