equal / equate / equivalentの意味と使い方の違い

equal / equate / equivalentの意味と使い方の違い
 

公開日: 最終更新日:2020.07.25

「equal」「equate」「equivalent」はどれも「同じである、等しい、相当する」といった意味合いで使われます。それぞれ使い方に細かな差があるので、ネイティブと話し合ったことを整理しています。

品詞が違ったり、比べる対象が違ったり、言葉の意味する部分が違ったりと、なかなかひとことですっぱりと割り切れるものではありませんが、使い方の参考にしてください。

equal(イコール)の意味と使い方

equal(イコール)の意味と使い方

動詞でequal(イコール)は「等しい、釣り合う」です。算数・数学の式でも使われます。当然、動詞なので三単現のSがついたり、過去形になったりします。

基本的には同じジャンル、同じ単位のもの同士を比べて、それが同じであると考えていいと思います。

equal【íːkwəl】

例文

Two plus two equals four.

2 + 2 = 4

例文

Our profit equaled that of last year.

私たちの利益は昨年と同じだった。

形容詞でのequalの使い方

形容詞では同じだという意味です。

例文

He gave everyone an equal amount of ice cream.

彼はみんなに等しい量のアイスをあげた。

例文

His speech reminded us that all people are equal.

彼のスピーチは私たちに、すべての人々は平等だと思いださせた。

例文

All the employees requested equal treatment.

従業員すべてが平等な待遇を要求した。

構造的には以下の形をとれます。

例文

A is equal to B

A and B are equal

A and B are equal in C

A and B get/have/etc. equal C

実際の文章にすると以下のような例文です。

例文

Tim’s height is equal to Tom’s height.

Tim and Tom’s heights are equal.

Tim and Tom are equal in height.

Tim and Tom have equal heights.

ティムとトムの身長は同じだ。

名詞でのequalの使い方

名詞でも使うことができ、同じ種類、価値などを持つ何かです。

例文

My boss is kind and treats me like an equal.

ボスは優しくて、私を同レベルのものとして扱ってくれる。

部下ではなく同等の地位にあるように扱うといった意味です。

例文

Michael Jordan had no equals in basketball.

マイケル・ジョーダンにバスケでならぶものはいなかった。

equalityの使い方

同じ名詞でもequalityは、同じ権利や機会を持っている状況で、名詞で「平等、等しいこと」を意味します。

例文

More work needs to be done to achieve racial equality.

人種的平等を得るためには、より多くの仕事をする必要がある。

例文

The new law signifies an improvement in gender equality.

その新しい法律は男女の平等における進歩の表れだ。

例文

The UN group helps to promote social equality in some countries.

国連のグループがいくつかの国における社会的平等を促進するのを手伝っている。

equate(動詞)の意味と使い方

equate(動詞)の意味と使い方

equateは「~を同等と見なす、~と同一視する」の意味です。発音はイクウェイトのような感じになります。

equate【ikwéit】

例文

They often equate time with money.

彼らはしばしば時間はお金と同等だと見なす。

例文

People often equate Gucci with luxury.

人々はしばしばグッチはぜいたく品だと見なす。

equate toの使い方

equate toで「~に相当する」といった意味の動詞です。モノとしては別だけれども、量や価値では等しいといった意味です。

equalは同じ単位やジャンルのものを等しい、同じだと言っているのに対して、equate toは異なるものが相当するといった使い方なので少し違います。

例文

The size of the palace equates to five Tokyo Domes.

その宮殿のサイズは東京ドーム5個に相当する。

例文

The number of subscriptions last year equated to $15 million.

去年の定期購読の読者数は1500万ドル相当だった。

ものによってはequateとequalは調整すれば意味が同じになります。

例文

The size of the palace equals that of five Tokyo Domes.

その宮殿のサイズは東京ドーム5個のサイズ(that)と同じだ。

(equalを使うなら単位をあわせる)

例文

△ The size of the palace equals five Tokyo Domes.

(厳密には間違いではあるけれど意味はわかる)

最後の例文は「宮殿のサイズが東京ドーム5個と同じ」となるので、厳密には比較するものが同じではないのでequalでつなぐのは変です。

しかし、この言い方をしても意味はわかるので、日常会話レベルではそんなに気にするレベルではないのかもしれません。実際にこう言う人もそれなりにいると思うといった意見でした。

equivalentの意味と使い方

equivalentの意味と使い方

equivalentは品詞が形容詞(または名詞)で、量や価値などが「同じ、同等の」「相当する」といった意味で使われます。

equivalent【ikwívələnt】

これはモノとしては違うけれど、同じ量・価値などを持つという意味では「equate to」に近い意味です。

例文

I exchanged my $100 for the equivalent amount of yen.

私は100ドルを同等の量の円(約1万円)にかえた。

例文

The impact of a woodpecker’s beak against a tree is equivalent to a human’s head being hit by a car.

木に対するキツツキのくちばしの衝撃は車に衝突される人間の頭に相当する。

例文

The calories in a Frappuccino is equivalent to a Big Mac.

フラペチーノのカロリーはビッグマックに相当する。

フラペチーノの例文の数値は適当なのでご了承ください。

equivalentとequalの違い

equivalentとequalの違いについてはネイティブと話していましたがけっこう微妙な差です。

equalが同じ単位・同じジャンルのものがぴったり一致するのに対して、equivalentは「相当する」に近く異なるジャンルのものがだいたい等しいといった意味だと解釈しても、そんなに遠くはないと思います。

両方とも形容詞になるので置き換えられるか検証してみました。

例文

Replace the butter with an equal amount of oil.

バターを同量の油に置き換えてください。

上の例文だと仮にバター250gを油250gに置き換えるといった意味で解釈します。

例文

Replace the butter with an equivalent amount of oil.

バターを相当する量の油に置き換えてください。

上の例文だと、おそらく「バターと同じ効果が出るだけの油に置き換える」と解釈されるのではないかといった意見です。バター250gと同じ効果(味・匂いなど)が得られる油です。

もう少し例文を書いておきます。

例文

After Kobe retired from the Lakers, they struggled to find an equivalent player.

コービーがレイカーズを引退した後で、彼らは同等の選手を見つけるのに苦労した。

例文

After Kobe retired from the Lakers, they struggled to find an equal player.

(この言い方は変です)

equal playerという表現が変です。equal skillなどならばまだありえます。

例文

In this equation x is equal to 2.

この方程式ではXは2だ。

例文

In this equation x is equivalent to 2.

(意味がよくわからない)

方程式では数学的にX=2ならば、それはequalです。

先に書いたフラペチーノのカロリーの例文も、カロリー同士で同じものを比べるならばequalで表現しても問題ないです。

例文

The calories in a Frappuccino equals those of a Big Mac.

フラペチーノのカロリーは、ビッグマックのそれ(カロリー)に等しい。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. habit

    英単語の意味と使い方

    custom, culture, tradition, habitの違い

    習慣や傾向を表す言葉には「custom」「tendency」「trad…

  2. パイ投げ

    USA / アメリカの文化

    パイ投げの文化について

    ニュースでアメリカ、サクラメントの市長に抗議のパイ投げをして刑務所送り…

  3. 英単語の意味と使い方

    onceの意味と使い方

    onceは大きくわけると「~するとすぐに、~した時点で(接続詞)」の意…

  4. path

    英単語の意味と使い方

    pathの意味と使い方、passとの違い

    pathはもともとは小さな道、小道、散歩道みたいなものを指します。そこ…

  5. インペリアルコンソメ

    英単語の意味と使い方

    湖池屋の「インペリアル・コンソメ(imperial consomme)」を考える

    カラムーチョやポリンキー、ドンタコスなどでも知られるポテトチップスの老…

  6. stuff

    英単語の意味と使い方

    stuff(物事)の意味と使い方

    stuffは名詞で「モノ、コト」といったけっこう漠然とした何かを指して…

私たちのアプリもよろしくお願いします。

新作アプリをリリースしました!

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. i’m lovin’ it
  2. 電源の「コンセント」は英語でどういうか?
  3. Japanese
  4. middle finger
  5. イギリス / イングランド / UK / ブリティッシュの違い

最近の記事

  1. surviveとsurvivalの意味と使い方
  2. enter / entry / entranceの意味と使い方
  3. simple / simply / simplicityの意味と使い方
  4. dwarf(ドワーフ)とelf(エルフ)の意味と使い方
  5. トラック(truck / track)の意味と使い方
  6. lobby(ロビー)の動詞・名詞での意味と使い方
  7. blossom(ブロッサム)、bloom(ブルーム)、flower(フラワー)の違い
  8. bear(もたらす、耐える、産む、熊)の意味と使い方
PAGE TOP