cost / pay / sell for / worthの違い

pay / cost

支払う費用や料金などに関連する言葉ですが、似たような意味になってしまうので細かく違いを見ていきます。

この説明は日本語で書いていますが、元はネイティブが英語で書いてくれたものをベースに日本語に翻訳して調整しています。

そこまで難しい内容ではなく普段から普通に使う表現や単語が多いですがあらためて整理してみました。

以前に料金の性質による表現の違いをまとめた記事「fare / fee / charge / admissionなど料金の違い」もあるのであわせてご覧ください。

cost

「費用」と考えても問題ないと思います。手に入れるために必要なお金の量を指します。また動詞で「(お金・費用などが)かかる」として使われることが多いです。

This table cost $200.
このテーブルは200ドルした。

It cost $2 to see a movie when I was a kid.
私が子供の頃は、映画を観るのに2ドルかかった。

It costs 600 yen an hour to park here.
ここに駐車するには1時間600円かかる。

動詞では活用が過去形・過去分詞ともに変化しないのは注意が必要です。

この場合は「200ドル払えば手に入れることができる」といった意味です。

pay

誰かが払ったお金の量を指します。財布から出て行った金額だと思っても間違いないと思います。

This table cost $200, so my wife and I paid $100 each.
このテーブルは200ドルした。だから妻と私は100ドルずつ支払った。

payについては他の使い方も含めて詳しくまとまた記事があります。

sell for

お店が販売設定する値段、販売価格のことです。「~で売っている」と思って考えてもいいと思います。

①This table sells for $200, but I only paid $150.
このテーブルは200ドルの値段で売られているが、私は150ドルだけ支払った。

①の状態は文脈に左右されますが「お店では200ドルで設定されて売られている」という事実がまずあります。

けど支払ったのは150ドルだったのはクーポン使ったり、誕生日割引だったり、親が負担してくれたりと、なんらかの方法があって「私は150ドルだけ支払った(おそらく手に入れた)」と普通は考えます。

②This table sells for $200, but it cost me $150.
このテーブルは200ドルの値段で売られているが、私は150ドルで手に入れた。

②も同じくお店の割引などのケースもあります。しかし、ホームセンターで材料を買って自分で作ったり、ヤフオクで落としたりと、なんらかの方法で150ドルで手に入れたとも読めます。

worth

「~の価値がある」といった意味で何かの商品に対しての妥当な値段、価値を指します。

This table is worth $500 dollars, but it cost me only $200.
このテーブルは500ドルの価値がある。しかし私は200ドルで手に入れた。

This table is worth $500 dollars, but I only paid $200.
このテーブルは500ドルの価値がある。しかし私は200ドルだけ支払った。

This table is worth $500 dollars, but they are selling it for $200.
このテーブルは500ドルの価値がある。しかし彼らは200ドルで販売している。

このworthの使い方については独立して記事にしました。使い方が少し複雑なところがあります。

start

値段とスタートの組み合わせは、「最低料金」を意味する言葉で、よく広告やお店側が使います。

Dresses at this store start at $100.
このお店のドレスは100ドルから売られている。

Rooms at this hotel start at $50 per night.
このホテルの1晩の値段は50ドルからだ。

お店側が使う表現であって、あまり買う側が使う表現ではないそうです。

How much do rooms start at here?
(*こういう言い方をしない)

部屋の値段を聞きたいならばシンプルに以下のような表現があります。

How much are rooms here?
How much is the cheapest room here?

discount

「割引」を意味するdiscountがややこしいのはhaveとgetで意味合いが異なる点でしょうか。

I got a discount on this suit.
(*割引でスーツを買った側の表現)

I had a discount on this suit.
(*割引でスーツを売った側の表現)

一般的には売る側は以下のような表現になります。

The store has a discount on suits.
そのお店はスーツを割引している。

The store is offering a discount on suits.
そのお店はスーツを割引している。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 先輩を英語でいう

    カタカナビジネス英語

    先輩を英語でどういうか? senior(シニア)で良いのか?

    ここでは職場・仕事における「先輩」と、学校・部活などにおける「先輩」を…

  2. 地域の違い

    英単語の意味と使い方

    area / zone / district / region / block / territor…

    どれも似たような意味で「地区・地域・地帯」を表す言葉で英語の基本的な使…

  3. lag

    カタカナビジネス英語

    lag(ラグ)の意味と使い方

    カタカナではコンピューター関係の用語で「処理にラグがあるね」のように見…

  4. pose(ポーズ)

    英単語の意味と使い方

    pose(引き起こす・もたらす・ポーズ)の意味と使い方

    カタカナでもよく聞く「ポーズ(pose)」には、特定の体勢をとるような…

  5. スクラッチ

    英単語の意味と使い方

    scratch(スクラッチ)の意味と使い方

    英語のscratch(スクラッチ)は何かを掻くような動作を表します。名…

  6. later

    英単語の意味と使い方

    laterとlatterの違い

    lateの比較級の話ですが、lateは2つの意味があり、意味によって変…

おすすめ記事

  1. 支持する
  2. 日本人と無神論
  3. 倍
  4. 〇〇風
  5. シューズ




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. bandwagon(バンドワゴン)の意味と使い方
  2. spontaneous / spontaneouslyの意味と使い方
  3. 放出する・排出するの「emit」「give off」「radiate」の使い方の違い
  4. rage(レイジ・激怒・怒り)の意味と使い方
  5. pure / purify / purityの意味と使い方
  6. equip(装備させる)とequipped withの意味と使い方
  7. scene(シーン・場面・光景)の意味と使い方
  8. come with / come complete withの意味と使い方の違い




PAGE TOP