pay(ペイ)とpaymentの意味と使い方(例文付き)

payの意味と使い方(例文付き)
 

公開日: 最終更新日:2020.09.14

payは金銭的なものを「支払う」の意味ですが、日本語でも「敬意を払う」「注意を払う」「代償を払う」など様々なものごとに対して「払う」という表現ができるように、英語でも同じくいろんな物事に「pay」を使います。

英語と日本語は異なる言語ですが敬意、注意、代償などを払うことは共通しています。一方で英語には「訪問を払う」「仕事が給料を払う」といった日本語にない感覚の表現もあります。

全部はカバーしきれませんがこのページはpayの使い方と熟語・慣用句などを例文にまとめています。

基本的なpay(動詞)の使い方

基本的なpay(動詞)の使い方

通常はよく物を購入した時などにお金を「支払う」の意味で使われます。特に現金であるとは限りません。

文型としてはtoを使う使わないがあるのでgiveなどと同じ関係です。また何を支払ったと書いていない場合は通常はお金・金銭です。

過去形・過去分詞ともにpaidです。

例文

I paid him.

私は彼に支払った。

例文

I paid $100 to him.

私は彼に100ドルを支払った。

例文

I paid him $100.

私は彼に100ドルを支払った。

例文

The client paid the company.

その顧客はその会社に支払った。

例文

The client paid $1,000 to the company.

その顧客はその会社に1000ドルを支払った。

例文

The client paid the company $1,000.

その顧客はその会社に1000ドルを支払った。

pay 金額 for 商品

ほかにも値段・金額を入れる場合には「pay 金額 for 商品」でも可能です。

例文

I’ll pay for dinner.

夕食の支払いをするだろう。

例文

I paid $20 for this jacket.

私はこのジャケットに20ドル支払った。

例文

You can pay only $3 for twenty tomatoes.

20個のトマトをたった3ドルで買えます。

ただしforは「〜のために」の使い方もあるので以下のように文章は意味合いが少し変わります。

例文

I paid $20 for you.

私はあなたのために20ドルを払った。

何かの肩代わりなのか、建て替えなのかはわかりませんが、この場合はあなた(you)にお金を支払ったわけでも、あなたを手に入れるためにお金を渡したわけでもありません。

pay the price

しかし「pay the price」という表現がありこれは「代償を支払う」「つけが回る」といった意味になります。

この表現はpriceと書いていますが金銭の話ではありません。またpay for itでも似たような意味になります。

例文

He paid the price for experimenting with drugs.

彼はドラッグをためした代償を支払った。

上の例文はexperimentが試してみるといった意味なので、全体としては気軽に手を出してみたけれど、何か問題が起きるなど代償を支払ったとなります。

pay ~ up front

pay ~ up frontで「~を前金で(今)払う」の意味です。

例文

I paid $1,000 up front for the car.

彼は1000ドルを自動車のために前金で払った。

例文

He wanted $20 up front and the rest next week.

彼は20ドルを前金で、残りを来週にほしがった。

例文

I’ll need $2,000 up front for the car.

自動車のために、前金で2000ドルがいる。

down payment(頭金、手付金)とも意味が近いですが、down paymentは住宅や自動車など特定の高額商品の頭金によく使われます。

pay up frontはとりあえず今、支払うべき金額であり、かぶる部分も多いですが少し違います。

給料の支払い

給料の支払い

payは仕事を主語にして、給料などの出どころを表すことができます。

例文

The job pays well.

その仕事は報酬がいい。

日本語だと「高い給料が支払われる」と受動態にしてしまいそうですがその必要はありません。事実は仕事のボス、経営者が支払いを行っていますが、仕事を主語にすることができます。

また形容詞で使うこともできます。paidは「有給の」といった意味です。

例文

It’s a high-paying job, but it’s stressful.

それは高給だが、ストレスが多い仕事だ。

例文

He’s hoping to find paid work as a musician.

彼はミュージシャンとしての報酬がある仕事を見つけることを望んでいる。

payment(名詞)とpay(名詞)

payment(名詞)とpay(名詞)

名詞はpaymentとpayの両方があります。名詞でpayといった場合は普通は「給料」を指します。

paymentは「支払い」というお金を払う行為を指しているので少し意味合いが異なります。

例文

I made the last payment for my car.

私は自動車の最後の支払いを行った。

以下の文章などを比較すると違いがはっきりします。

例文

My pay is late this month.

私の今月の給料が遅れている。

例文

My payment is late this month.

私の今月の支払いが遅れている。

上段の例文は給料の遅配ですが、下段の例文は電気料金などを払い忘れているような状況です。

electronic payment

何かの支払いを現金や小切手などよりもむしろ電子データで行うことで「電子決済、電子マネーでの支払い」のことです。

例文

Pay Pal was a pioneer in online electronic payment services.

ペイパルはオンラインでの電子決済サービスの先駆者だった。

例文

The government is trying to encourage more people to make electronic payments.

政府はより多くの人々が電子決済をすることを奨励しようとしている。

payroll

もともとは「賃金台帳・給与支払名簿」の意味で、誰がいくら働いたので何円の給料を払うといった名簿・リストです。

そこから給料賃金そのものや、その計算をする会社の部門といった意味になっています。

例文

He’s been on the company payroll for years.

彼は会社の経理部(給与計算部門)で数年働いている。

例文

There was a mistake in the payroll.

賃金台帳にミスがあった。

例文

They will have to cut the payroll drastically.

彼らは劇的に賃金をカットしなければならないだろう。

cut the payrollは要するに給与削減、人員削減、リストラのことです。

pay offの意味と使い方

pay offの意味と使い方

さらにお金だけではなく単なる結果や恩恵などにも使えます。利益などの結果をもたらすといった意味で、この場合は「pay off」の形がよく見られます。

例文

Her unusual idea paid off.

彼女の普通でないアイデアが利益をもたらした。

例文

Crime doesn’t pay.

犯罪は利益・恩恵をもたらさない。

例文

It pays to work in Hollywood.

ハリウッドでの仕事をもたらす。

上の例文はおそらく金銭の話ではなく、ほかの恩恵・利益の話だと感じさせます。

ただしpay offには他にも意味があり「完済する」や「賄賂を贈る」みたいな使い方もあります。

例文

He paid off his mortgage.

彼は住宅ローンを完済した。

例文

The mafia paid off politicians.

マフィアは政治家に賄賂をおくった。

pay respect(敬意を払う)

「敬意を表する」を意味します。これは日本語と同じ感覚になります。

例文

He teaches his kids to pay their teachers respect.

彼は子どもたちに先生には敬意を表するように教えている。

例文

Many famous bands paid respect to Paul McCartney by holding a tribute concert.

多くの有名なバンドが賛辞コンサートを開催することでポール・マッカートニーに敬意を表した。

pay one’s respects

「pay respect」と「pay one’s respects」の違いについてはrespectが複数形か単数形かで少しニュアンスが変わります。

pay respectのほうが意味が広く敬意を払うこと、尊敬するようなこと全般です。心の中で思ったりするような感情も含みます。

pay one’s respectsは同じ「敬意を表する」ですが、もう少し行動によっていて何かアクションをしています。しかし、そのアクションはその文化によって違うので具体的に何かははっきりしません。

例文

When I went back to my hometown I decided to pay my respects to an old teacher.

故郷に戻ったとき、私はかつての先生に敬意を払うことを決めた。

(たぶん表敬訪問のようなことをやっている)

尊敬するようなことは普段から感じていると思いますが「pay one’s respects」と表している感じで日本だったら手土産を持って訪れるといった意味合いです。

例文

I paid respect to my teacher.

I paid my respects to my teacher.

先生に敬意を払った。

日本語にすると似た感じですが「pay respect」は心の中で思っただけで何も行動としてはやっていない可能性もあれば何かしている可能性もあります。

「pay respects」だと訪問したりお中元を贈ったりと何かしらやっているような感じがします。

これらは葬儀などでpay one’s final respectsが省略されて「pay one’s respects」といった表現がされます。「追悼の意を表す」という意味です。

例文

Many world leaders paid their respects at Nelson Mandela’s funeral.

たくさんの世界のリーダーたちがネルソン・マンデラの葬儀で追悼の意を表した。

例文

I took the day off work to pay my respects to my late aunt.

私は亡くなった叔母に最後の別れを告げるために仕事を休んだ。

この文章の場合、日本だったら「お焼香をする」といった行為が思い浮かびますが、世界のリーダーはネルソン・マンデラに焼香はしていません。しかし、その文化に依存する形で何か行動に表しているはずです。

pay attention(注意を払う)

pay attentionが「注意を払う、気を配る」です。

例文

They need to pay attention to what’s going on.

何がおこっているか彼らは注意を払う必要がある。

強調にはcloseなどが使われますがcloseだからといって、距離の近いものにより注意を払う、より身近なものに注意を払うというわけでもありません。

例文

pay close attention

pay careful attention

pay a lot of attention

(強調した表現)

「a lot of」にしたからといって、特に「きょろきょろする回数を増やせ、見る回数を増やせ」といっているわけではありません。

一般的な話として「より注意を払う」ことであり、具体的な行動について触れているわけではありません。

close attentionとはいうけれど、strong attentionとは言わないなど、言葉の相性の問題でもあります。

pay damage

損害に対して賠償を支払う意味ですが、語順の入れ替えなどが可能です。

例文

They paid $10,000 in damages to the victims.

They paid damages of $10,000 to the victims.

どれも「犠牲者に1万ドルを損害賠償として支払った」の意味になります。

pay damageとなると語順的に多少違和感がありますが、これでOKです。

pay a visit

visitに対してもpay a visitと表現することができます。visitについては単独でまとめた記事もあるのでご覧ください。

例文

I paid a visit to my local church.

私は地元の教会を訪問した。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ownの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    own(オウン)の意味と使い方

    ownは動詞では「所有する、持っている」といった意味で使われますが、責…

  2. 祝う

    英単語の意味と使い方

    「記念する」「敬意を払う」「讃える」の英語表現

    日本語の「敬意を表する」「敬意を払う」「讃える」「記念する」などは英語…

  3. risk

    英単語の意味と使い方

    risk(リスク)の動詞での使い方

    riskはカタカナの「リスク」とほぼ同じで危険性や恐れといった意味にな…

  4. overcome

    英単語の意味と使い方

    overcomeの意味と使い方、get overとの違い

    overcomeは「克服する、打ち勝つ」といった意味で登場します。ほか…

  5. mass

    英単語の意味と使い方

    mass(マス)の意味と使い方

    マス・メディアなどの使われ方がされる「mass」は基本的に量などが多い…

  6. orient

    Area / 場所・地域・国・方角

    orient / orientation / orientedの意味と使い方

    orient(オリエント)は語源をたどると東の方角や太陽の方角を指して…

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. shithole
  2. all-you-can-eat
  3. 炎上
  4. cute(キュート)とpretty(プリティ)の違い
  5. アメリカ




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. 邪魔する、妨げるのdisturb / interfere / interrupt / disruptの違い
  2. glow(グロー)の意味と使い方
  3. lost(形容詞)の意味と使い方
  4. gut(ガッツ、腸、はらわた)の意味と使い方
  5. 「stay at home」と「stay home」の違い
  6. background (バックグラウンド)の意味と使い方
  7. riddle(なぞなぞ・謎)の意味と使い方
  8. population / populateの意味と使い方
PAGE TOP