コールド

cold(冷たい・寒い)とa cold(風邪)の違い

同じ言葉でも使い方が違うとまったく意味が変わってしまうものがありますが、coldもそんな単語の1つです。

すでにカタカナで「コールド」といえば冷たい飲み物、気温などが寒いことなどに使われていますが、よく名詞で「風邪」の意味で用いられることも多いです。

あらためてcoldの使い方を整理しながら掘り下げてみました。

cold(加算名詞)

複数形になるような1つ、2つと数えた場合には病気としての「風邪」の意味になります。

I don’t like colds.
風邪は好きじゃない。

Everyone in my family has a cold.
家族は全員、風邪になっている。

He has a cold.
彼は風邪だ。

風邪にかかることについては「get」や「catch」がよく用いられます。

He got a cold.
He caught a cold.
風邪になった。

風邪や熱など、比較的よくある軽い症状にはcatchやgetが用いられるケースが多いです。感覚的にcatchやgetはウイルスなどを捕まえてしまうイメージなので、癌などに対しては使いません。

◯ He got cancer.
◯ He developed cancer.
× He caught cancer.

この場合、一番下の表現だけ変です。

また「熱(fever)」に関しては、夢中になることで「◯◯熱にかかってる」みたいな表現が可能です。

He caught Pokemon fever.
彼はポケモン熱なんだ=夢中だ。

野球などで大差がついた試合などは「コールドゲーム」と呼ばれますが、おそらくそれはcalled gameなので字が違います。

また病気全般にはdevelopも使うことができます。

cold(不加算名詞)

数えられない名詞でcoldを使った場合には「低い温度」のことで、要するに寒い場所などを指します。

I don’t like the cold.
寒い温度は好きじゃない。

Don’t go out into the cold without a jacket.
ジャケットなしで寒いところに行くな。

cold(形容詞)

「冷たい・寒い」の意味ですが日本語と同じで「(体温が)低い」と「(優しく親切ではなく)冷たい」の両方の解釈が可能です。

He is eating cold soup.
彼は冷たいスープを飲んでいる。

He is cold.
彼は体温が冷たい or 彼は冷たい人だ。

実際にどちらの意味なのかややこしいパターンも多いです。以下のケースなど明らかに意味が変わります。

This jacket is effective against the cold.
このジャケットは冷たい温度に効果的だ。

This medicine is effective against colds.
この薬は風邪に効果的だ。

cold foodはあまり使わない表現

基本的には料理を描写するときに「cold」という単語を使うことをあまりしません。通常は温かい状態が多い料理に対しては特にです。

これは古くなったり新鮮でないような印象を与えてしまうからです。

This coffee is cold, I’m going to get a new one.
このコーヒーは冷えている。新しいのをもらおう。

Eat your dinner before it gets cold.
冷める前に夕食を食べなさい。

冷たい料理はどういうか?

もしそれが意図的に冷たくされたものならば「chilled(冷却された、冷蔵の)」「iced(アイスの)」のように表現します。

Starbucks has a good iced latte.
スタバはいい冷たいラテがあるよ。

I ordered a bowl of chilled soup for lunch.
ランチに冷たいスープを注文した。

また、ビールなどのようにそもそも冷たい前提のもの対してはcoldやfrostyが使えます。

〇He gave her a cold beer to go with dinner.
〇He gave her a frosty beer to go with dinner.
彼は夕食で彼女にビールをおごった。

〇There is nothing better than a cold bowl of ice cream on a hot day.
〇There is nothing better than a frosty bowl of ice cream on a hot day.
暑い日に冷たいアイスクリーム以上のものなんてないね。

〇There is nothing better than an iced coffee on a hot day.
▲There is nothing better than a cold coffee on a hot day.
(下は古いコーヒーのような印象を与える)

〇There is nothing better than a frosty iced coffee on a hot day.
▲There is nothing better than a frosty coffee on a hot day.
(コーヒーは温かい前提なのでfrostyは変)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 仕事を意味するjob / work / occupation / career …
  2. 「真似する」のmimic / imitate / impersonate / c…
  3. 「選ぶ・選択する」のselect / choose / pickの違い
  4. 靴(shoes)の単数形と複数形
  5. 外国人をforeignerと呼ぶのは本当に失礼なのか?

関連記事

  1. 辞書に登録

    スラング

    ICYMI、TMI、hellaなど1400の新語が辞書に登録

    2016年の春にアメリカの辞書会社メリアム・ウェブスターが1400の新…

  2. サクセス

    英単語の意味と使い方

    success, succeed, succession, successfulの違い

    英語の勉強をはじめたばかりの頃には、このsucceedとsuccess…

  3. boost

    和製英語とカタカナ英語

    boost(ブースト)の意味と使い方

    カタカナでもよく聞かれる「ブースト」は英語でもわりとそのまま近い意味の…

  4. vary

    イディオム・熟語・慣用句

    varyの意味と使い方、changeとの違い

    varyは言葉としては「various(さまざまな)」と同じ語源です。…

  5. ピアレンティング

    英単語の意味と使い方

    parentingとchildcareの違いを考える

    辞書の英辞郎にも注意事項として記載がありますが「parenting(ペ…

  6. hang-out

    英語の使い方

    hang aroundとhang outの違い

    hang outとhang aroundは近い意味で「ぶらつく」といっ…




アプリもダウンロードしてね!

おすすめ記事

  1. yera-old
  2. シューズ
  3. adjective(形容詞)
  4. 保証する
  5. フリーティー
  6. ジブリ
  7. 炎上
  8. 本当は好きじゃなかった
  9. 倍

最近の記事

  1. rallyの意味
  2. access(アクセス)
  3. print
  4. クレバーとスマート
  5. cope-with
  6. onlyの倒置
  7. sitとsit down
  8. raise
  9. ジェスチャー
  10. Japanese
  1. ツイッター

    文化と体験

    世界のツイッターフォロワー数ランキング!
  2. hot

    スラング

    hotはスラングで様々な意味がある
  3. putとplace

    英単語の意味と使い方

    placeの意味と使い方、putとの違い
  4. complex

    和製英語とカタカナ英語

    「複雑」のcomplexとcomplicatedの違い
  5. studynow

    日本(Japan)

    アプリ紹介:ざっくり英語ニュース!StudyNow
PAGE TOP