cold(冷たい・寒い)とa cold(風邪)の違い

コールド

同じ言葉でも使い方が違うとまったく意味が変わってしまうものがありますが、coldもそんな単語の1つです。

すでにカタカナで「コールド」といえば冷たい飲み物、気温などが寒いことなどに使われていますが、よく名詞で「風邪」の意味で用いられることも多いです。

あらためてcoldの使い方を整理しながら掘り下げてみました。

cold(加算名詞)

複数形になるような1つ、2つと数えた場合には病気としての「風邪」の意味になります。

I don’t like colds.
風邪は好きじゃない。

Everyone in my family has a cold.
家族は全員、風邪になっている。

He has a cold.
彼は風邪だ。

風邪にかかることについては「get」や「catch」がよく用いられます。

He got a cold.
He caught a cold.
風邪になった。

風邪や熱など、比較的よくある軽い症状にはcatchやgetが用いられるケースが多いです。感覚的にcatchやgetはウイルスなどを捕まえてしまうイメージなので、癌などに対しては使いません。

◯ He got cancer.
◯ He developed cancer.
× He caught cancer.

この場合、一番下の表現だけ変です。

また「熱(fever)」に関しては、夢中になることで「◯◯熱にかかってる」みたいな表現が可能です。

He caught Pokemon fever.
彼はポケモン熱なんだ=夢中だ。

野球などで大差がついた試合などは「コールドゲーム」と呼ばれますが、おそらくそれはcalled gameなので字が違います。

また病気全般にはdevelopも使うことができます。

cold(不加算名詞)

数えられない名詞でcoldを使った場合には「低い温度」のことで、要するに寒い場所などを指します。

I don’t like the cold.
寒い温度は好きじゃない。

Don’t go out into the cold without a jacket.
ジャケットなしで寒いところに行くな。

cold(形容詞)

「冷たい・寒い」の意味ですが日本語と同じで「(体温が)低い」と「(優しく親切ではなく)冷たい」の両方の解釈が可能です。

He is eating cold soup.
彼は冷たいスープを飲んでいる。

He is cold.
彼は体温が冷たい or 彼は冷たい人だ。

実際にどちらの意味なのかややこしいパターンも多いです。以下のケースなど明らかに意味が変わります。

This jacket is effective against the cold.
このジャケットは冷たい温度に効果的だ。

This medicine is effective against colds.
この薬は風邪に効果的だ。

cold foodはあまり使わない表現

基本的には料理を描写するときに「cold」という単語を使うことをあまりしません。通常は温かい状態が多い料理に対しては特にです。

これは古くなったり新鮮でないような印象を与えてしまうからです。

This coffee is cold, I’m going to get a new one.
このコーヒーは冷えている。新しいのをもらおう。

Eat your dinner before it gets cold.
冷める前に夕食を食べなさい。

冷たい料理はどういうか?

もしそれが意図的に冷たくされたものならば「chilled(冷却された、冷蔵の)」「iced(アイスの)」のように表現します。

Starbucks has a good iced latte.
スタバはいい冷たいラテがあるよ。

I ordered a bowl of chilled soup for lunch.
ランチに冷たいスープを注文した。

また、ビールなどのようにそもそも冷たい前提のもの対してはcoldやfrostyが使えます。

〇He gave her a cold beer to go with dinner.
〇He gave her a frosty beer to go with dinner.
彼は夕食で彼女にビールをおごった。

〇There is nothing better than a cold bowl of ice cream on a hot day.
〇There is nothing better than a frosty bowl of ice cream on a hot day.
暑い日に冷たいアイスクリーム以上のものなんてないね。

〇There is nothing better than an iced coffee on a hot day.
▲There is nothing better than a cold coffee on a hot day.
(下は古いコーヒーのような印象を与える)

〇There is nothing better than a frosty iced coffee on a hot day.
▲There is nothing better than a frosty coffee on a hot day.
(コーヒーは温かい前提なのでfrostyは変)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 「should you choose to accept it」とifの省略
  2. 新名称TSTiE Driverが金玉ドライバーを連想させる件
  3. as tall asとas short asは同じ意味なのか?
  4. ゆるキャラ、着ぐるみを英語でいうには?
  5. 英語で見たハンバーガーとハンバーグの違い

関連記事

  1. 賭ける

    イディオム・熟語・慣用句

    bet(賭ける)の英語表現

    日本語でも「あいつは来ない。賭けてもいいよ!」といった場合、多くケース…

  2. ハラスメント

    和製英語とカタカナ英語

    harassment(ハラスメント)の意味(例文付き)

    harassment(ハラスメント)は「迷惑行為、嫌がらせ」を意味しま…

  3. 励ます

    英単語の意味と使い方

    sympathyとempathyの違い

    sympathyとempathyも区別がつきにくい単語の代表で、非常に…

  4. loose / loosenの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    loose / loosenの意味と使い方、ルーズとの違い

    looseが「ゆるやかな、ゆるい」を意味する形容詞で、loosenが「…

  5. dedicated

    英単語の意味と使い方

    dedicateの意味と使い方

    dedicateはいくつかの意味があるため文脈でどの使い方がされている…

  6. work

    イディオム・熟語・慣用句

    work+at, for, in, onの意味の違い

    あらためて整理しましたがシンプルな言葉ながら「work+前置詞」で仕事…

おすすめ記事

  1. 影響を与える
  2. 保証する
  3. bread
  4. お客さん
  5. manager
  6. accident / incident
  7. 外国人
  8. 〇〇風
  9. middle finger
  10. 炎上




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. headline / headliner
  2. justの意味と使い方
  3. sanitizeの意味
  4. conceiveの意味と使い方
  5. driveの意味と使い方
  6. er / ee の使い方
  7. walk offとwalk awayの意味と使い方
  8. lodge(ロッジ)の意味と使い方
  9. attributeの意味と使い方
  10. 活発にする・駆り立てる




  1. stunt

    和製英語とカタカナ英語

    stunt doubleとstuntmanの違い
  2. oral hygiene

    文化と体験

    日本人の口臭と歯並びの問題
  3. call-off

    イディオム・熟語・慣用句

    call offの意味と使い方
  4. ban

    英単語の意味と使い方

    禁止するのban, kick out, ejectの違い
  5. cat

    英単語の意味と使い方

    pussy cat, kitty, puss, felineなど猫に関連する表現…
PAGE TOP