Katakana / カタカナビジネス英語

カタカナビジネス英語

ビジネスシーンではカタカナ英語が多用される昨今ですが、いまいちピンとこないケースもあります。ここではよく聞くカタカナビジネス用語を英語側から解説した記事を集めました。そのまま使えるものもあれば、和製英語になっているものも見られます。

代表的なカタカナ英語のまとめの記事として『カタカナのビジネス用語は英語として本当に使えるのか?(リンク)』もあるのでご覧ください。

  1. niche(ニッチ)の意味と使い方

    niche(ニッチ)の意味と使い方

    カタカナで使われるニッチは、英語でもnicheとなり「隙間産業」「特定市場」のように巨大ではあるとはいえないけれど、需要が存在しているものを指します。他…

  2. for saleとon saleの違い

    on saleとfor saleの意味の違い

    on saleは「発売中」の意味で世の中に大量に出回っている製品などが販売されて購入できる状態に使われる表現です。また割引中の意味もあるので文脈によって…

  3. justの意味と使い方

    justの意味と使い方

    justは中学校で習う基本単語であり、カタカナでも「ジャストミート」「1万円ジャスト」などよく聞かれます。英語のjustの意味はわりと幅広いのであらため…

  4. コマーシャル

    commercial(コマーシャル)の意味と使い方

    コマーシャルといえばカタカナではテレビ番組の合間に流れる宣伝を思い浮かべますが、英語でもこの意味での使い方は存在しています。しかし「CM」とはあまり言いません。…

  5. headbutt

    競合・重複するバッティング(butting)の英語での意味

    カタカナで来客やスケジュールなどが重なってしまう「バッティングする」は英語のどの言葉から来ているのか不明な部分があり、おそらくbuttingからだろうと判断でき…

  6. reform(リフォーム)とrenovation(リノベーション)の英語での意味

    家などの改築・改修に対してreform(リフォーム)がよく使われますが、英語では内閣改造や税制改革などに使われる言葉で、カタカナの使い方と違い重苦しい感じがしま…

  7. alertの意味

    alert(アラート)の意味と使い方

    alert(アラート)は「警報を出す、警告する」の意味ですが、もうちょっと軽い感じで「注意を促す」といった意味でも使うことができます。動詞(警報を出す)…

  8. trialの意味

    trial (トライアル)の意味と使い方

    英語でtrial (トライアル)といえばニュースでは裁判用語としての裁判、公判の意味でよく登場します。カタカナのトライアルは試験のようなものを指しますが…

  9. 苦情・不満・クレーム

    complain / complaint(不満・苦情・クレーム)の意味と使い方

    英語で不満、苦情、クレームを言うことは動詞でcomplainがあり、苦情や不満そのものは名詞でcomplaintがあります。カタカナでは「クレームを言う…

  10. document

    document(ドキュメント)の意味、documentationとの違い

    document(ドキュメント)は通常は「書類」などを指して使われる言葉ですが、英語には似た単語でdocumentation(ドキュメンテイション)やdocum…

  11. promote

    promote(プロモート) / promotion(プロモーション)の意味と使い方

    promotion(プロモーション)はカタカナでは製品・商品の宣伝や販売促進活動を指して使われます。英語でもこの使い方は存在していますがもう少し意味が広くなり「…

  12. official の意味

    official / officials / officerの意味の違い

    officialはカタカナの「オフィシャルスポンサー」のような使い方があり「公式の」といった意味で用いられます。これ以外にも名詞でofficialは「関…

  13. ストレスの意味と使い方

    stress(ストレス)の英語での意味と使い方

    stress(ストレス)はカタカナと同じく精神的な重圧を意味する名詞ですが、英語では物理的な重圧、重さに対しても使うことができます。動詞での使い方が少し…

  14. access(アクセス)

    access / accessionの意味と使い方

    access(アクセス)はカタカナでは交通機関の便利さなどを指して「あの建物はアクセスがいい」やコンピューター関連で「アクセスする」といった意味での使われ方がさ…

  15. サービス

    service(サービス)の英語での意味と使い方

    英語で「service(サービス)」といった場合には動詞と名詞での使い方が存在しています。すでにカタカナで一般的な言葉であり、英語でも「あの店のサービス…




カテゴリー

おすすめ記事

  1. 「stay at home」と「stay home」の違い
  2. 「CAN YOU CELEBRATE?」の英語の問題点を考える
  3. 「I’m fine, thank you. And you?」と教科書で本当に習うのか? ネイティブは言わないのか?
  4. sit inとsit onの違い、椅子に座るはどちらか?
  5. cute(キュート)とpretty(プリティ)の違い

最近の記事

  1. stalk(付きまとう)とstalker(ストーカー)の意味と使い方
  2. snack(スナック・軽食)の英語での意味と使い方
  3. stationeryとstationaryの意味の違い
  4. regular(レギュラー)の意味と使い方
  5. future(未来・フューチャー)の意味と使い方
PAGE TOP