Area / 場所・地域・国・方角

  1. orient

    orient / orientation / orientedの意味と使い方

    orient(オリエント)は語源をたどると東の方角や太陽の方角を指して使われており、そこから現代では動詞で「正しい位置に置く」といった使われ方をします。…

  2. near / nearly / nearbyの意味の違い

    near / nearly / nearby / nearnessの意味の違いと使い方

    near, nearby, nearlyに共通するのは「近い」ということですが、その「近さ」が距離的な近さであるか、時間的な近さであるか、あるいは「ほぼ完ぺき」…

  3. 地域の違い

    area / zone / district / region / block / territor…

    どれも似たような意味で「地区・地域・地帯」を表す言葉で英語の基本的な使い分けを記載しておきます。ネイティブスピーカーに確認してみても、厳密で明確な境界線…

  4. spot(スポット)

    spot(スポット)の意味と使い方

    スポットライトやツーリストスポットのようにカタカナでも聞かれるspotは、英語ではかなり幅の広い意味があります。特に名詞だけではなく、動詞で「発見する、…

  5. putとplace

    placeの意味と使い方、putとの違い

    動詞で使った場合にはどちらも「置く」で一緒ですが、placeのほうが注意深い、丁寧な扱いを意味します。基本的な違いは丁寧さの度合いと考えても良いと思いま…

  6. フィールド

    field(フィールド)の意味と使い方

    カタカナでもよくフィールドが使われますが、文脈を丁寧に見ると個々には別のものを指していることが多いです。なんとなく日本語、カタカナで考えた場合にも想像が…

  7. オランダ

    オランダとthe Netherlandsの英語表記

    日本人の英語学習者にとって「オランダ」は、他の国と違ってさまざまなイレギュラーな要素があるため非常に混乱する存在だといえるかもしれません。これは江戸時代…

  8. jail

    jail(ジェイル)とprison(プリズン)の違い

    jail、prisonともに「牢屋、刑務所」などと訳されて犯罪をして捕まった際に入ることになる施設を意味します。この2つの言葉の違いをネットで調べてみる…

  9. local / rural / regionalの違い

    local / rural / regionalの違い

    local(ローカル)がカタカナで頻繁に使われていますが英語では「田舎」の意味は特になく、「地元の、その土地の」といった意味で使われています。東京の港区であって…

  10. America(アメリカ)とUSAの違い

    America(アメリカ)とUSAの違い

    カタカナで「アメリカ(America)」といえばアメリカ合衆国を指すケースが多いですが、世界にはそれを嫌う人がいることも覚えておいて損はないかもしれません。…

  11. イギリス / イングランド / UK / ブリティッシュの違い

    イギリス / イングランド / UK / ブリティッシュの違い

    この記事では日本で「イギリス」や「英国」と呼ばれるものが何を指しているのかを整理してみました。英語で「イギリス」とそのまま言っても通じないからです。…




カテゴリー

おすすめ記事

  1. 英語での「髭(ひげ)」の種類と言い方
  2. 「stay at home」と「stay home」の違い
  3. 「CAN YOU CELEBRATE?」の英語の問題点を考える
  4. 「I’m fine, thank you. And you?」と教科書で本当に習うのか? ネイティブは言わないのか?
  5. sit inとsit onの違い、椅子に座るはどちらか?

最近の記事

  1. mob(モブ)の意味と使い方
  2. striking / strikinglyの意味と使い方
  3. single(シングル・独身・ひとつ)の意味と使い方
  4. take offense / no offenseの意味と使い方
  5. review(レビュー・批評・復習)の意味と使い方
PAGE TOP