band(バンド)の意味と使い方

band(バンド)の意味と使い方
 

公開日: 最終更新日:2020.12.10

カタカナで「バンド」といえば2種類のものを思い浮かべますが、そのどちらも英語で存在しています。1つはロックバンドのような「楽団・一隊、グループ」の意味と、もう1つはリストバンドのような「帯、帯状のもの」です。

bandは動詞でも使うことができ「団結する、集団を作る」の意味になります。反対はdisbandで「解散する、解散させる」となります。それぞれの使い方を例文に整理しています。

band(バンド)の意味

band(バンド)の意味

band(バンド)には語源が違う2つの言葉が同じ文字・スペルになっているので、たまたま文字が同じになってしまったと考えてもいいと思います。

1つは「楽団、一隊、群れ」みたいな意味があります。ロックバンドのバンドはこちらです。group(グループ)と同じような意味です。

例文

I joined a funk band in college.

大学時代にファンクバンドに参加していた。

例文

The Spice Girls were one of the most popular pop bands of the 90s.

スパイスガールズは90年代にもっとも人気があったポップバンドの1つだった。

例文

Marco Polo confronted a band thieves on the Silk Road.

マルコ・ポーロはシルクロードで盗賊団にあった。

例文

A band of thieves stole the money.

盗賊団がお金を盗んだ。

pop bandはポップスの集団です。その中でも男性で楽器を弾かないグループは「boy band(ボーイバンド)」と呼ばれたりします。日本だと嵐やSMAPなどです。

また流行に乗るような人、にわかファンを「jump on the bandwagon(バンドワゴンに飛び乗る)」といった表現がされます。

帯状のもの

帯状のもの

1つは「帯、バンド」です。これもけっこう広い範囲を指し、インターネットの広い回線のブロードバンドなどにもつながっています。

例文

You can only enter if you have a special wrist band.

この特別のリストバンドをしていれば、入ることができます。

例文

She wore a headband to exercise in.

彼女はエクササイズをしているときにヘアバンドをつけていた。

Band-Aid(バンドエイド)はジョンソン・エンド・ジョンソンの登録商標ですが世界的に名前が通っています。いちおうガーゼ付き絆創膏を英語では「adhesive bandage」といった言葉で説明することは可能です。

動詞でのbandの使い方

動詞では「団結する、集団を作る」といった意味で使われることが多いです。

例文

The people banded together and overthrew the king.

人々は団結して、王を屈服させた。

例文

My kids banded together and asked for a Nintendo Switch.

子どもたちは団結して、任天堂スイッチを求めた。

例文

We must band together to fight climate change.

私たちは気候変動と戦うために共に団結しないといけない。

disbandの使い方

disbandはグループのメンバーがバラバラになることで動詞で「解散する」ことです。

例文

After their leader was killed, the terrorist group disbanded.

彼らのリーダーが殺されたあとで、テロリストのグループは解散した。

例文

Our table tennis club disbanded because there wasn’t enough money.

私たちの卓球部は十分な資金がなかったために解散した。

うしろに解散するグループなど(目的語)を伴って「~を解散する」としても使えます。

例文

The terrorists disbanded their group after their leader was killed.

テロリストたちは彼らのリーダーが殺されたあとでグループを解散した。

例文

We disbanded our table tennis club because there wasn’t enough money.

私たちは十分な資金がなかったために卓球部を解散した。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちのアプリもよろしくお願いします。

新作アプリをリリースしました!

YouTubeのチャンネルはじめました!

リスニングと英語教材のペラペ

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. 英語での「髭(ひげ)」の種類と言い方
  2. select
  3. America(アメリカ)とUSAの違い
  4. 「I’m fine, thank you. And you?」と教科書で本当に習うのか? ネイティブは言わないのか?
  5. cultural appropriation

最近の記事

  1. troop(部隊)とtrooperの意味と使い方
  2. realize(リアライズ )の意味と使い方、noticeとの違い
  3. stationの動詞・名詞での意味と使い方
  4. glamor(グラマー)とglamorousの意味と使い方
  5. godfather(ゴッドファーザー)の意味と使い方について
  6. staple(ホッチキスでとめる / 食糧 主食)の意味と使い方
  7. manner(マナー)とmannersの意味と使い方
  8. revenge(リベンジ)とavenge(アベンジ)の意味と使い方の違い
PAGE TOP